Now Loading...
オススメのお祭り

クレージー・ジャーニー必見! 奇祭列島ニッポン ゴールデン・ウィークに行ける奇祭5選

クレージー・ジャーニー必見! 奇祭列島ニッポン ゴールデン・ウィークに行ける奇祭5選

GW目前! 日本全国クレージー・ジャーニーのみなさん、並びに奇祭ファンのみなさんお待たせしました。
「ああ、今年は海外行けなかった~」という方にもちょっと、待った。
クレージー・ジャーニーは日本でもできる!
春の五穀豊穣を個性的に寿ぐ、ゴールデン・ウィークで行ける「日本の奇祭」をキュレーションしてみました。

 

➀鍋冠祭【滋賀】

写真:鍋冠保存会

数え年8つの少女8人が、狩衣姿に張子の鍋をかぶって、約300名の行列とともに渡御する筑摩神社の春の例祭。
その由来は諸説あり。筑摩神社の祭神が食物の神であったから、神前に作物、魚介類とともに特産物であった鍋を供えたから、
中には、土地の女性が男性の経験人数の分だけ頭に鍋を被って歩かされたからという説も。
「伊勢物語」にも詠まれた由緒正しき筑摩の祭りで、日本三奇祭のひとつとも言われます。

■日時:5月3日
■場所:筑摩神社
■交通:JR琵琶湖線「米原」より徒歩40分(車5分)
http://www.ex.biwa.ne.jp/~nabekama/

 

つがわ狐の嫁入り行列【新潟】


写真:阿川町役場HP

狐火で有名な津川に伝わる、江戸時代の嫁入りを再現した結婚の儀式「狐の嫁入り」。白無垢姿の花嫁が狐のマネをしながら夜の街道を練り歩き、108匹(人)のお供を連れて披露宴会場となる麒麟山公園まで行列する。町では灯りを消して松明や提灯で照らし出す幻想的な祭です。
狐の体験メイクもできるほか、嫁入り行列は17時~20時半まで行われます(※行列の運行状況により時間は多少前後します。)

■日時:5月3日
■場所:阿賀町津川
■交通:JR磐越西線「津川駅」よりバスで10分、または徒歩で35分
https://www.niigata-kankou.or.jp/

 

ヤンサンマ祭り(加茂祭)【富山】


Copyright ©  下村加茂神社

五穀豊穣を祈って、走馬・神幸式・神馬式・牛乗式・九遍式、流鏑馬式などの一連の神事(まさに神事の宝石箱や!)が厳かに行われる下村賀茂神社の春祭(加茂祭)。中でも、田の神が牛をひざまずかせることでこの地に留まり五穀豊穣をもたらすという意味を持つ「牛乗式」は、日本に残る唯一の奇祭とされています。もちろん、神事のラストを飾る、参道を疾走する馬上から的をめがけて矢を放つ「流鏑馬式」も必見です。

■日時:5月4日
■場所:加茂神社(富山県射水市加茂中部630)
■交通:あいの風とやま鉄道「小杉駅」から車で15分
http://www.shimomura-kamojinja.com/

 

凧祭り(浜松祭り)【静岡】


写真:静岡観光協会

地域によっては、男の子の成長を「鯉のぼり」ではなく「凧」で祝う地域もあります。浜松の「浜祭り」では5月3~5日の間、170以上の町が参加しての勇壮で疾風迅雷の「凧揚げ合戦」や80台以上の屋台が夜の街を彩る豪華絢爛な「御殿屋台の引き回し」が行われます。凧揚げ合戦は、初子の誕生を祝う「初凧」(3日)のほか、迫力満点の「糸切り合戦」(4日・5日)は要注目です。

■日時:5月3~5日
■場所:中田島会場(凧あげ会場)/市中心部会場
■交通:JR「浜松駅」(※中田島会場へのシャトルバスあり)
http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/

 

間々田のジャガマイタ【栃木】


© 2018. 間々田八幡宮 All Rights Reserved.

田植えの時期を前に五穀豊穣と疫病退散を祈願する、間々田八幡宮のオマツリ。地域の子供たちが、長さ15mを越える龍頭蛇体の巨大な蛇(ジャ)を担ぎ、「ジャーガマイタ、ジャガマイタ」のかけ声とともに町中を練り歩きます。儀式は、蛇よせ→水飲み→練り歩き→蛇もみの順に行われます。その由来は、釈迦誕生の際に、八代龍王(難陀、跋難陀、娑羯羅、和修吉、徴叉迦、阿那婆達多、摩那斯、優鉢羅の8匹の龍)が龍水を降らせたという故事にちなんだ八大龍王信仰から来ているとも。それにしても、藤井●雲の名において思わず召喚したくなる、この蛇(ジャ)のデザイン。水属性で口から水を吐きます、きっと。

■日時:5月5日
■場所:間々田八幡宮(栃木県小山市間々田2330)
■交通:JR宇都宮線「間々田駅」より徒歩30分(車で約5分)
https://www.mamada-hachiman.jp/jyagamaita

 

あわせて読みたい