Now Loading...
マツログ

こどもの日に「ちまき」を食べる理由は?ちまきに関連したお祭りやちまきの作り方を紹介!

こどもの日に「ちまき」を食べる理由は?ちまきに関連したお祭りやちまきの作り方を紹介!

笹の葉の匂い、もち米のふんわりとした食感、中華街を歩いているとついつい食べたくなるちまき。実は中国発祥で、関西の「白くて味気ない餅」が入ったちまきが主流だった!?

本稿では、普段何気なく食べているちまきのルーツ、こどもの日にちまきを食べる理由を徹底解説!さらに、日本独自のちまきに関連する神事・お祭り、自宅で作れる関西風簡単ちまき調理法をご紹介!厄除けちまきが子供の命運を握る?

ちまきとは

ちまきは中国から伝来したもので、「茅(ちがや)」の葉で包んでいたことから「茅巻き(ちがやまき)」と呼ばれていました。「茅」は「ち」とも読むことから、「ちまき」と呼ばれるようになったとされています。それでは、ちまきのルーツとこどもの日にちまきを食べるようになったある出来事について解説していきます!

関西で食べられることが多い?ちまきのルーツ

近年、国内の流通の発達によって全国で食べることができるちまきですが、主に関西で食べられているということはご存知ですか?関東では中華おこわと言われ、もち米・タケノコ・味噌肉・シイタケを竹の皮に包んで蒸し上げます。

しかし、関西のちまきは笹の葉にもちもちした食感の白くて甘いお団子を包むのが一般的です。ちまきは平安時代から存在していたという説があります。元々は、中国の風習が日本に伝来したことから始まりました。当時、日本の都であった近畿地方で盛んに食されていたことから、ちまきのルーツは関西であるとされています。

こどもの日にちまきを食べるワケ

こどもの日にちまきを食べ始めるようになったのは、中国のある行事が由来しています。およそ2,300年前の中国に、正義感と愛国心を持った屈原(くつげん)という人物がいました。有能な政治家として国王に仕えていましたが、暗躍する陰謀により国を追われます。そして屈源は国を憂いながら5月5日、河に身を投じました。

中国文学「離騒(りそう)」によると、屈原の死を多くの国民が悲しんだそうです。屈源が身を投じた河に供物を投げて供養しようとしましたが、悪い龍が途中で食べてしまいました。そこで、龍が苦手な楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包み、邪気を払うとされる赤・白・黒・青・黄の5色の糸で縛り河へ投げたところ、無事に屈源の元に届いたそうです。

中国で起こった慣習が日本の奈良時代に伝来し、ちまきには厄除け効果があるとことが主に西日本で広まります。そして5月の節句であるこどもの日に、ちまきを食べて無病息災を願う大切な日本伝統の行事へと発展しました。また、東日本では、江戸時代の武家社会が大きく影響したことから、こどもの日には柏餅を食べて子供の健やかな成長を願うようです。

『関東は「柏餅」、関西は「ちまき」?』こどもの日に柏餅を食べる理由とは?

ちまきを使った神事、お祭りを紹介!

ちまきのルーツ、こどもの日にちまきを食べる理由を解説してきました。ここからは、ちまきとの結び付きの強い神事・お祭りをご紹介します。ちまきのルーツを色濃く残しているお祭りに触れることで、こどもの日に食べるちまきの重要性を再確認することができるでしょう。記事の最後には、ご自宅で作れる簡単ちまき調理法をご紹介します!

【滋賀県】大津祭:ちまきが宙を舞う?!全国でも珍しい厄除けちまき撒き

琵琶湖の西南に位置する滋賀県大津市では、国の指定重要無形民俗文化財の「大津祭」が行われています。江戸時代に制作された「曳山(ひきやま)」と呼ばれる豪華に装飾された祭屋台が大津市内を闊歩!

大津祭では、天孫神社の宮司さんのお祓いを受けた厄除けちまきを撒くイベントが行われます。数に限りがある厄除けちまきを求め、曳山の周囲には家族の安泰を祈願したい親御さんたちで溢れる光景は圧巻です。多い時には10万もの人が訪れるちまき撒きの会場は、神事とは思えない盛り上がりを見せます。

大津祭で戦利品として受け取ったちまきは、玄関先や軒下に吊るしておくと災いが起きないと言われています。古くなったちまきは、お正月の期間に近くの神社の古札納所に納めて供養し、子供のより一層の健やかな成長を願います。

【京都府】祇園祭:ご利益抜群!個性的なちまきが大集合

京都の祇園際は、平安京から1000年以上続く長い歴史と由緒正しいお祭りです。当時、祟りや疫病の恐怖に怯えていた平安京では、平安令制国の数である66本の鉾を立てて悪霊を集めて退散させることを目的に神幸祭(しんこうさい)や田楽、花笠踊り、山鉾(やまぼこ)を出して市内を練り歩いていました。

鎮祭という意味合いが色濃く残る祇園祭では、個性的なちまきが山や鉾で販売されています。本来の厄除け効果に加えて、交通安全・安産・家内安全・金運向上・縁結びなど、各山鉾で異なるオリジナルちまきは興味深いですね。お祭り期間中には、数十基の山や鉾が京都市内に現れます。本格的なちまき以外にも携帯できるストラップ型ちまきや、「弁慶の力縄」など変わり者グッズも購入することが可能です。

ちまきを作って厄除けしよう!

スーパーなどで気軽に手に入れることができるちまきですが、愛情と厄除けの気持ちを込めた美味しい厄除けちまきを作ってみませんか?ちまきと言えば、もっちりとしたもち米ですよね。なんだか時間や手間がかかりそうで作るのが億劫と感じるかもしれません。そこで、とってもシンプルな「関西風簡単ちまき」の調理法を伝授します!

「材料5個分」

①もち米を包むいぐさを水で洗う。
②耐熱容器にもち粉(100g)、上新粉(30g)、砂糖(50g)、熱湯(60cc)を入れてゴムベラで混ぜる。
(注:しっかりとこねないと笹の葉にくっつきやすくなるで、耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねる)
③まとめたもち米を5等分に切り分け、5~6cmの円錐状になるように形を整える。
④笹の葉で巻き、いぐさで結ぶ。
⑤蒸し器にお湯を沸かし、10~12分程度、葉の色が変わるまで蒸す。

調理時間は30分程度です。お好みできな粉やしょうゆで味付けするなどアレンジするのも良いですね。端午の節句に手作りちまきを食べて無病息災を祈願、もしくは玄関先に飾って厄除けしましょう!

まとめ

中国から伝来した端午の節句が日本独自の伝統的な神事となり、お子さんを災いから守るためちまきを食す習慣が西日本に根付きました。ちまきの歴史や意味について、意外と知らないこともあったのではないでしょうか。ちまきを食べる重要性を認識するだけでも、特別な端午の節句になるかもしれません。こどもの日には、自家製ちまきを作って厄除けしましょう!

『こどもの日の意味や由来とは?食べる物は?こどもの日にやることを解説!』

『端午の節句には別の呼び方がある?地域ごとのこどもの日の祝い方』

『初節句とは?いつ?男の子・女の子のお祝いの食べ物や内祝いまで徹底解説!』

インフォメーション

名称 大津祭【2020年大津祭曳山巡行ならびに宵宮の曳山行事は中止※要HP確認】
開催場所 滋賀県大津市京町3丁目3-36
開催日 2020年10月10日(土)、2020年10月11日(日)
アクセス JR大津駅から徒歩3分
関連サイト http://www.otsu-matsuri.jp/festival/
https://www.mapple.net/spot/25000318/
written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい