マツログ

見るなよ!絶対に見るなよ!ランチタイムに会社で絶対に見るなよ! 天下の奇祭・珍祭かなまら祭り

Mac Mac

ヤーーーーーーーー!
どうも。お祭りハンターのMacです。
今回は毎年、4月の第一日曜日に行われる
川崎が世界に誇る奇祭・珍祭「かなまら祭」の模様をレポート!

世界が注目する「かなまら祭」とは?


桜が満開の時の金山神社

「かなまら祭」とは毎年、川崎にある金山神社で行われる春の大祭。ここの御神体は、金属製の男根、「かなまら様」。

商売繁盛、子孫繁栄、安産、夫婦の夜の営みだけでなく、
下半身のあらゆる病気にご利益があるありがたい神様で、
どうもこれが「エイズ除けにも効く」ってところから、
日本人だけでなく、外国人にも人気が出るようになったそうな。

12932970_1001970726549138_6352345970544792916_n

え?その仮装は何だって?
そりゃ男性のシンボルをリスペクトする祭にふさわしい仮装と言えば、長い立派な鼻をもった、日本の最強妖怪「天狗」以外にないじゃないか!

ちなみに、かなまら祭りは英語でPenis Festivalとも呼ばれているとか(そのまんまですね)。
海外からの観光客も多いのが、このオマツリの特徴。この日も多くの外国人観光客が駅に集まっていました。


電車の中で出会ったベトナム人男性に日本が世界に誇る「壁ドン」、いや「鼻ドン」を提供中。
「近い近い近い」ってベトナム語で言っています(適当)

さて、海外の方へのおもてなしを終えて、
京急大師線「川崎大師」駅で下車。
駅前から歩いて3分でお目当ての「金山神社」に到着。


境内はこの通り、異様に混んでいます。

20150407010104
記念撮影をパシャリ。国際交流を深めましょう。

金山神社ではこの日限定の名物「子宝飴」(※どういうものかはお察しください)をぜひとも手に入れましょう。


境内にはご神体を象徴するオブジェが多数!


ここは「グラビアポーズ」をしっかりキメておこう。

え? 長蛇の列でちん、いや「子宝飴」が売り切れ?!(どんな珍事だよ!)。そんな時は、近所の川崎大師に隣接する商店街(仲見世通り)で手に入れることができます。

 

12321438_1002039133208964_8064046144714252452_n
子宝飴をむんづとつかまえるおばちゃん。年季がちがいます。


アダルトショップ然とした店先(珍事かよ!)


商店街ではミント味やパイン味のちん…、いや子宝飴も買えるぞ!


商店街ではこんなコラボ商品も販売されていました。


おっと、「あげまんぢう」も忘れてもらっては困る。


コラボ商品の極めつけはこの「珍宝 子宝そば・うどん」。
そば屋の張り紙にR指定って……(大珍事だよ!)
お昼休憩にぜひともお試しください。

最後は、大通りを闊歩する神輿を見学すれば「かなまら祭」の締めはバッチリ!
12923340_1002039903208887_126067414199879555_n
特に三体ある神輿のうちのかなまら祭りの象徴とも言える「エリザベス神輿」は必見です。

20150407012320
奇祭でみんながひとつに!

(「かなまら祭」Data)

独特の「かけ声」に注目です。「かなまら、でっかい〇〇!」

【住所】神奈川県川崎市川崎区大師町4-47
【アクセス】京急大師線「川崎大師」駅 下車
徒歩で10分(仲見世通り)/ 7分(川崎大師西門より)

〈PR〉
便利アプリ「アニマルフェイス」

撮った写真に動物の顔を重ねることができます。
「顔出しNG」というときもこの通りバッチリ顔を保護。奇祭の強い味方です。