本州最北端にある青森県の津軽平野に位置する平川市。東に八甲田山や十和田湖、西に白神山地や岩木山に囲まれ、リンゴや桃、米や高原野菜など、さまざまな農作物が生産される豊かな自然に恵まれています。

この地には平安時代初期に坂上田村麿が蝦夷征伐のために建立したと伝えられる猿賀神社や、ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」のモデルにもなった和洋折衷の洋式建物「盛美園」といった古い歴史や深い文化があります。そして、そこに住む人たちも「また行きたい」「また会いたい」と思わせられる魅力にあふれています。

新型コロナウイルスの影響で、現地へ実際に足を運び、観光を楽しむことができにくくなっている昨今。「モノ」消費から、体験を共有する「コト」消費へ、そして自宅からSNSなどのオンラインツールを通じて遠隔地の人々と関わり、「トキ」を共有するサービスが注目を集め始めています。

平川市観光協会ではオンラインでも楽しめ、リモート体験ができるコンテンツづくりに力を入れています。平川は早くから農家民泊を積極的に受け入れてきた地域で、修学旅行生から外国人観光客まで毎年多くの人が農作業を体験できるファームステイに参加してきました。それらを通じ「ありのままの暮らし」がひとつのコンテンツとして、平川ではすでに発信されています。

りんご

今回、企画する「#みてみて平川」で提供するコンテンツは、そんな平川の地元の「ヒト」たちと参加者をリモートで結び、その魅力を発見するようなオンラインツアーです。平川のグルメや名所、リンゴ、ねぷた。地元の人しか知りえないようなディープな魅力に、リモートだけでは満足できず、きっと「ヒト」に会いたくなるような旅となることでしょう。

#みてみて平川 公式サイトはコチラ! https://mitemite-hirakawa.com/

続きは地方移住・関係人口創出のプラットフォーム「Nativ.media」で

オマツリジャパン編集部

この記事を書いた人

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます