オマツリジャパンではこの度オフィスを移転し、2020年10月1日より下記住所に変更となりました。
また、この度のオフィス移転を機に、リモートワークとオフィス出社を掛け合わせたハイブリッド出勤を全社員、アルバイトを対象に行うことと致しましたので、合わせてお知らせを致します。

【新住所】

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-8-5 新宿南口ビル302 ※新宿駅南口 徒歩2分 ※大黒屋さんの隣です。

オフィス移転、およびハイブリッド出勤に関するプレスリリースはコチラ

ハイブリッド出勤 実施背景

新オフィスでの集合写真。オフィス出社メンバーと、PG画面ごしにリモートワークメンバーが参加

2020年4月に政府が発令した緊急事態宣言を受け、外出自粛期間中は全社員が完全リモートワークを実施しておりました。この経験から、リモートワークによる効率化のメリットはありつつも、情報共有や新人育成、とりとめもないコミュニケーションが難しいことがあり、デメリットと感じる部分もありました。
2020年10月にオフィスが移転したことを機に、リモートワークとオフィス出社、双方の良いところを掛け合わせた、ハイブリッド出勤を実施する運びとなりました。

ハイブリッド出勤の詳細

下記の考え方に基づき、リモートワークとオフィス出社とのハイブリッド出勤を進めて参ります。

【コロナ感染対策】

感染拡大しそうな状況を作らない(密を避ける、手洗い、消毒、マスク着用等)
通勤による「密」な状況を避ける

【リモートワーク】

リモートワークにより効率が上がった部分は今後も活かしていく。
とりとめのないコミュニケーション、チームワーク、偶発的コラボが減ること、情報共有や新人育成が難しいことがあるため、勤務日の内50&程度以上はオフィス出社をする。

オマツリジャパン代表 加藤優子コメント


新型コロナウイルスの影響で働く環境、意識は一変しました。
オマツリジャパンでも緊急事態宣言後は全社リモートワークを行い、解除後からは普段の半分程度の出社人数に制限して密を避けてまいりました。
この度の引越しを機に社内ヒアリングを行ったところ「リモートワークは集中できる時時間を有効に活用できるなどメリットは大きいので引き続き行いたい。しかし完全にリモートだけになってしまうのも、情報共有や偶発的コラボレーション、コミュニケーションの面で不足していってしまうので、両方のいいとこ取りをしたい」という声が多く、今回の決定をいたしました。
オマツリジャパンにとっても、社員にとってもより良い環境にするべく、邁進してまいります。

株式会社オマツリジャパン

この記事を書いた人

株式会社オマツリジャパン