オマツリジャパンは、人と自然を繋げることをミッションとし、登山アプリ・Webサービス「YAMAP」の運営と自然観光のコンテンツ開発事業を手がける株式会社ヤマップ(代表取締役:春山慶彦、本社:福岡県福岡市、以下ヤマップ)と2020年12月14日より業務提携を開始いたしました。

祭り・伝統文化に強みを持つオマツリジャパンと、自然・アウトドア分野に強みを持つヤマップの二社が連携をすることで、観光庁がポストコロナ観光政策の注力分野に位置づけている「アドベンチャーツーリズム」を推進し、国内外の観光客を惹きつける地方エリアの滞在型コンテンツの企画・造成、およびプロモーションを実施してまいります。

連携後、第一弾の取り組みを北海道釧路市阿寒町、第二弾を埼玉県横瀬町で実施いたしますので、お知らせを致します。

アドベンチャーツーリズムとは?

アドベンチャーツーリズムとは、北米を中心とした欧米圏で発達したツーリズムの一つで、アクティビティ、自然、文化体験の3要素のうち、二つ以上で構成される旅行スタイルを指します。旅行者の特徴として、平均で14日間と長期の滞在を好み、経済波及効果が高いことから市場規模は70兆円を超えるといわれています。
「アドベンチャー」という言葉から、ダイナミックな旅行形態が連想されやすいですが、その地域ならではの自然体験や文化体験が主流となっています。
観光におけるソフトコンテンツとして、自然の魅力、文化の魅力をアクティビティを通して引き出し、磨き上げることで、その地域独自のアドベンチャーツーリズムを創り出すことがポイントです。

二社連携の背景・概要

オマツリジャパンは創業以来、「祭り」に留まらず、獅子舞や和太鼓、神楽等の日本全国の伝統文化の観光活用を行ってまいりました。また、ヤマップは「登山」に留まらず「多様なアウトドア」や「自然と共に生きる暮らし」 の普及促進に注力しております。
祭り・伝統文化に強みをもつオマツリジャパンと、自然・アウトドア分野に強みをもつヤマップとが連携をすることで、観光庁がポストコロナ観光政策の注力分野に位置づけている「アドベンチャーツーリズム」を推進し、来たるインバウンド需要回復期に向けて、国内のみならず海外の観光客を惹きつける高付加価値かつ長期滞在型の観光コンテンツを提供いたします。
また、新たな地域誘客のきっかけを創出し、現地での消費機会を拡大してまいります。

第一弾:北海道釧路市阿寒町

連携後、第一弾となる取り組みを、北海道釧路市阿寒町にて実施致します。
オマツリジャパンはアイヌ文化が参加体験できるコンテンツを造成する他、ヤマップはトレッキングやカヤックとサイクリングを掛け合わせた参加体験が出来るコンテンツを造成いたします。

※写真はイメージです


事業名:サイクルアドベンチャー・あかん〜withコロナ時代の新しいアドベンチャーツーリズム〜
オマツリジャパン実施内容:古式舞踊等のアイヌ文化のオンライン/オフラインの体験コンテンツ地域の造成、モニターツアー実施
ヤマップ実施内容:BIKE&HIIKE、BIKE&PADDLEの参加体験コンテンツ造成、モニターツアー実施

第二弾:埼玉県横瀬町

第二弾となる取り組みを埼玉県横瀬町にて実施いたします。
オマツリジャパンは地域の伝統文化団体のコンテンツ造成を行うほか、ヤマップはマインドフルネス・トレッキングの参加体験を企画し、伝統文化体験と自然体験が楽しめるコンテンツを提供いたします。

※写真はイメージです


事業名:自然×伝統×デジタルが織りなす「アドベンチャーよこぜ」〜テクノロジーで3密を回避する〜
オマツリジャパン実施内容:横瀬地域の伝統文化(神楽、御囃子、太鼓、獅子舞)による参加体験コンテンツ造成、特別イベント運営等
ヤマップ実施内容:禅宗と修験道をルーツとするマインドフルネス・トレッキングの参加体験コンテンツ造成、モニターツアー実施

今後の展望

2021年、体験型観光の世界会議「アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(以下ATWS)」が、北海道で開催されることが決定しています。
アジアで初めての開催となるATWSが日本で開催されるにあたり、世界的なアドベンチャーツーリズムのデスティネーションとなるよう、2社がそれぞれの強みを活かして国内での活性化に取り組んでまいります。

株式会社オマツリジャパン

この記事を書いた人

株式会社オマツリジャパン