Now Loading...

武射祭

次回開催日未定
2022年1月7日(金)  【次回開催予測:2023年1月上旬頃】
鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2

鹿児島の伝統行事「七草参り」の行われる正月7日、新田神社においては古式ゆかしく武射祭が執り行われる。

本祭典の起源は定かではないが、新しい年の天下泰平、五穀豊穣、悪疫退散、開運招福を祈念する特殊神事で、宮中の射礼の流れをくみ、史料の中に鎌倉時代、流鏑馬を行っていたことが記載されており、一説には600年以上の歴史があるとされている。

祭典の流れは本殿での神事のあと勅使殿前にうつり、宮司、神人(じにん)1名、武人2名、みくに幼稚園の園児数十名が弓矢を持って祗候、次に先祓、本殿外陣より取出した伝世の神鉾捧持者左右2名、直径1メートル50センチにおよぶ大的「七日的」捧持者左右2名の順で列をなし社殿の周囲を巡り、勅使殿前を通過する際には特に鐘と太鼓を打ち鳴らす。
その間楽を奏し同じように3回巡ったあとは鐘と太鼓の合図で今度は先祓、太鼓、笛、鐘、鉾、的、宮司、神人、武人、みくに幼稚園の順に行列を組み立てて表参道322段の石段を降りる。
この間も笛、太鼓による道中楽がある。進行途中境内中段にて古儀により止立、鐘、太鼓を鳴らし再び祭列を進め石段両脇の門守神社に留まり宮司以下祗候する。候する間、先祓、鉾持、的持は表参道蘭桂馬場(八幡馬場ともいう)の射場に向かい、予め竹を左右の柱にして、薦をかけて設けてある射場に鉾を立て、的を備付け整え、武射の儀がはじまります。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

みんなの投稿

祭りの思い出を投稿しよう

このお祭りはまだ投稿はありません。
お祭りの感想や写真、応援メッセージなど、投稿してみませんか?

このお祭りの写真

このお祭りの写真はまだ投稿されていません。
このお祭りの写真をお持ちでしたら、投稿してみませんか?

インフォメーション

名称 武射祭
開催場所 鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2
開催日 2022年1月7日(金)
※毎年1月7日 9:00~
【次回開催予測:2023年1月上旬頃】
アクセス 肥薩おれんじ鉄道 上川内駅から徒歩15分
JR鹿児島本線 川内駅から車約10分
関連サイト https://www.kagojinjacho.or.jp/tanbou...
最終更新日:2022年1月3日(月)13時53分
※ 最新の情報ではない可能性があります。お祭りへ行かれる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等が変更や誤記などにより実際と異なる場合がありますのでご留意ください。

こちらもオススメ

このお祭りの特徴