Now Loading...

浅野内匠頭終焉之地

アサノタクミノカミシュウエンノチ
寺社仏閣・歴史

一関藩主・田村右京太夫の江戸屋敷

内匠頭は幕命により、一関(現在の岩手県)藩主・田村右京太夫の江戸屋敷の庭で切腹。「風さそう花よりなほ我はまた春の名残をいかにやとせん」と無念の思いを詠んでいる。

インフォメーション

名称 浅野内匠頭終焉之地
(アサノタクミノカミシュウエンノチ)
住所 東京都港区新橋4丁目31
アクセス JR山手線新橋駅から徒歩5分
営業期間 通年
営業時間 情報なし
※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。