Now Loading...
お酒好き必見!埼玉県初のどぶろく特区で食農体験&試飲会♪(春・秋・冬、日帰り全3回)

お酒好き必見!埼玉県初のどぶろく特区で食農体験&試飲会♪(春・秋・冬、日帰り全3回)

  • イベント名

    お酒好き必見!埼玉県初のどぶろく特区で食農体験&試飲会♪(春・秋・冬、日帰り全3回)

  • 開催日

    申し込みページをご確認ください

  • ジャンル

    食べる

  • 開催地

    埼玉県 横瀬町

  • 概要

    池袋から最短73分、日本一歩きたくなる町・横瀬。

    そんな横瀬町、随一の絶景スポットである寺坂棚田で、横瀬の名産品・どぶろくを原料からつくりあげる【米の田植え・収穫体験・どぶろくの試飲会】をおこないます。 

    農業を通し食への学びが深まるだけでなく、都会にはない豊かな体験も味わえます。

    丹生込めて造ったどぶろくと横瀬の魅力的な食事とのマリアージュも、ぜひ楽しんでくださいね。

    本イベントは埼玉県横瀬町の地域活性化を行う、株式会社ENgaWAが主催するもので、全3回を予定しております。
    体験やセミナーを通して、フードロス問題、地産地消、地域活性化などの知識を深めていきます。

    第1回の今回行うのは、お米の田植え。
    この時期の寺坂棚田だからこそ体感できるエネルギッシュな自然を肌で感じながら、横瀬町ならではの田植えを体験してみてください。
    秋には、彼岸花の咲き誇るなか、黄金に輝く棚田でお米の収穫体験を予定しています。

    そうして冬に行うのは、もちろん収穫したお米を使ったどぶろくの試飲。同時にどぶろくセミナーも開催予定です。

    すべての回で、お昼ご飯には横瀬町の魅力がぎゅっと詰まったお弁当をご用意しています。一仕事終わった後は、みんなで雄大な自然を眺めがら、感想を話し合っちゃいましょう!

    また第3回ではお土産として、どぶろく2本差し上げます。お家で1年間の思い出を振り返りながら、横瀬のどぶろくの味わいに浸ってみてくださいね。
    (チケット代金は全三回分となります)
    (分割での販売はしておりませんので、ご了承ください)
    ※本イベントは全三回を予定しています。

    第一回・お米の苗を植えよう!
        令和4年5月22日(日) 10時30分〜14時00分
        内容:のどかな棚田で田植え体験、地元食材を使ったお弁当
        開催場所:寺坂棚田(西武秩父鉄道横瀬駅より徒歩役15分)

    第二回・お米を収穫しよう!
        令和4年9月25日(日) 10時30分〜14時00分
        内容:黄金稲穂の稲刈り体験、地元食材を使ったお弁当
        開催場所:寺坂棚田(西武秩父鉄道横瀬駅より徒歩役15分)

    第三回・どぶろく試飲会・語ろう!
        令和4年11月27日(日) 11時30分〜15時30分
        内容:どぶろくセミナー、収穫したお米のどぶろく試飲と食事会
        開催場所:横瀬町内飲食店・お食事処 伸平(しんべい)(西武 秩父線横瀬駅より徒歩20分)

    こんな方におすすめです
    ・地産地消や、フードロス問題に関心のある方
    ・食の大切さを実感できるイベントに参加されてみたい方
    ・開放的な自然を体で感じてみたい方
    ・どぶろくを始めとしたお酒が大好きな方

    参加するメリット
    ・フードロス問題、地産地消、地域活性化に携わることができます。
    ・喧騒から解放された大自然で、心豊かな体験ができます。
    ・なかなか体験できない、田植え、収穫、どぶろくの試飲ができます。
    ・一緒に体験をする仲間と出会えます。
    ・自身が育てたお米で造ったどぶろくが味わえます。

    主催者情報
     主催 株式会社ENgaWA コメント 
    株式会社ENgaWAは、コロナ禍によって、流通が停まってしまい売れ残った食物をなんとかしたいという想いから、立ち上がりました。
    横瀬のお米を使った商品であるどぶろく、そして花咲山をより深く知ってもらう、今回のツアーを通して、横瀬の食物の素晴らしさや、横瀬地域の温かみを伝えられればな、と考えています。

  • 主催者

    株式会社ENgaWA

  • 参加費

    19800円(税込)

  • 受付方法

    本ページに記載のGoogleformにて、必要情報を入力後、現金または口座振込にて、料金をお支払いください

イベントの詳細

  • POINT1

    【横瀬のどぶろく】

    【横瀬のどぶろく】

    どぶろくとは米と米こうじと水のみを発酵させてつくる酒です。簡単にいうと、漉(こ)していない日本酒で、うまみ成分も多く、コクのある味が特徴。
    横瀬では、町内で遊休農地を用いそばやお米を育てている、そば生産者の団体「横瀬そばの会」が製造しています。
    無農薬のコシヒカリを使ったどぶろくは、味もよく香りも素晴らしい、横瀬名産品となっています。

  • POINT2

    【横瀬の魅力いっぱい!!お弁当】

    さまざまある横瀬町の魅力的な食材を少量ずつ詰め込みました。食べていて飽きのこない、横瀬町ならではの楽しいお弁当です。

集合日時

申込サイトをご確認ください。

解散日時

申込サイトをご確認ください。

集合場所名

集合は寺坂棚田になりますので、ご注意ください。
( 〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1846)
(西武秩父鉄線 横瀬駅下車 徒歩15分、秩父鉄道 御花畑駅下車 徒歩40分)

スケジュール

・第一回・お米の苗を植えよう!
 令和4年5月22日(日) 10時30分〜14時00分
 当日のスケジュールについて
 10:30 現地(寺坂棚田)集合
     (西武秩父鉄線 横瀬駅下車 徒歩15分
      秩父鉄道 御花畑駅下車 徒歩40分)
 10:30~今回のツアーについて
 10:35~寺坂棚田について
  ・つなぐ棚田遺産認定 https://chichibu.keizai.biz/headline/232/
  ・歴史と今までの取り組み など
 10:40~どぶろく花咲山について
 10:50~作業スタート
  ・レクチャー
  ・田植え(休憩挟み12:30くらいまで)
 12:40~片付け
 13:00~地元食材を使ったお弁当
  ※お弁当を食べながら…「花咲山」の由来や質疑応答など。
 14:00終了
  ※第二回・第三回の詳細なスケジュールは現在調整中です。 

準備物

(服装)
・田植え用の足袋や長靴(普通の長靴やクロックスは不可)
 または汚れてもいいハイソックス(そのまま田んぼに入ります)
・ズボン(汚れてもいい膝上の半ズボンやまくれるものが適しています)
・日差しが強いと思われるので、帽子及び日焼け対策
・タオル、着替えなど
・濡れた衣服を持ち帰るためのビニール袋(30L以上あると、心配なくお持ち帰りできます。)
(その他)
・お水などの水筒
・レジャーシート
・(天気によっては)カッパなど

問い合わせ先

横瀬町観光協会(横瀬町ブコーさん観光案内所内)8:30~17:00(休館日:水曜日)
TEL: 0494-25-0450

キャンセル料規定/返金規定

※お申込み後、自己都合での欠席の際は返金をいたしかねます。
※天候により、日程を変更する場合がございます。
※荒天・コロナ感染状況等により中止する場合がございます。(実費相当返金)

こちらもおすすめ

日本三大修験山のひとつ、霊峰英彦山(福岡県)で「約120年続く椎茸狩り体験」と「英彦山神宮特別観光」

日本三大修験山のひとつ、霊峰英彦山(福岡県)で「約120年続く椎茸狩り体験」と「英彦山神宮特別観光」
  • 開催日

    申し込みページをご確認ください

  • 開催地

    福岡県 添田町

  • 概要

    【地域の歴史・伝統・文化を楽しむ特別コース】
    福岡県添田町にある「英彦山」は、羽黒山、熊野大峰山とともに日本三大修験山のひとつです。
    このコースでは、この神秘の山で、約120年、5代に渡り営まれている「しいたけ作り」をテーマに、「しいたけ狩り」と、生産者である「藤川椎茸園」の方々とのふれあいをお楽しみいただけます。

    幽玄な英彦山の森で作られる「しいたけ」の姿を見て、自身の手で採集する体験、地域の産業を守る「藤川椎茸園」のスタッフによる詳しい案内と工場見学は一生、忘れられないものとなるで...

詳しくみる >