事例紹介(法人)

飲料業界のマーケター必見!地域を活用した共感型プロモーション

作成日:2021/6/1
更新日:2021/6/1
飲料業界のマーケター必見!地域を活用した共感型プロモーション

「インフルエンサーを起用した、プロモーションにイマイチ手ごたえを感じていない……。」

飲料・食品メーカーのマーケティングご担当者さまのなかには、こんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インフルエンサーを起用したプロモーションは、いまや業界を超えて運用される代表的な手法。しかし現在、インフルエンサーの起用は、競合相手が非常に多くなかなか成功させるのが難しいプロモーション手法となってしまっています。またインフルエンサーの存在自体も増えたことから、一人一人が持つ影響力も減衰してきているといえるでしょう。

そこでオマツリジャパンがおすすめするのが、地域とタイアップした販促キャンペーンです。企画のインパクトを保ちつつ、オリジナリティの向上や競合相手を減らせるため、手ごたえのあるプロモーションが可能となるのです。

地域とタイアップしたキャンペーン魅力や具体的な事例についてお話していきます。

 

共感の好循環 地域とタイアップした販促キャンペーン

地域とタイアップした販促キャンペーンとは、日本全国各地の食材と自社の商品をコラボレーションさせるといったものです。また地域食材とのコラボレーションの過程で、ミスご当地・ミスターご当地などの地域に縁のある人物をPR人材として起用できるため、インフルエンサーを活用したプロモーション手法の技術を応用でき、より質の高い次元での商品アピールが可能となります。

なぜ地域とのコラボレーションが効果を挙げるのか?秘密は地域とそこに住む人々の関係性にあります。

プロモーションで重要なのは、消費者の間に共感を芽生えさせること。共感は消費者から消費者へと伝わり、やがて予想を超えた広告効果を生み出します。

地域を舞台としたプロモーションは、その土地で生活している人々からの共感を得られやすいのが特徴。有名人などを起用したプロモーションと比べると、スタート地点から共感の度合いが違うのです。

特定の地域で活発化した話題は、SNSなどを通じて離れた地域の消費者に伝わり、ブランド・商品の持つメッセージを伝えます。またメッセ―ジ受け取った消費者の間でにも「私の地域だったらどんなことが起こるだろう」といった気持ちから話題が発生。連鎖的に共感の輪が広まっていきます。地域の文化を存続・発展させていく側面も存在するため、CSRの向上も見込めます。

この共感の輪がやがて、セールスの向上や認知度の情報といった大きな効果を生み出していくのです。

 

総PV45万超!地域とタイアップした、永谷園「お茶づけのり」の事例

具体的な事例としてご紹介するのは、2021年3月に行った、永谷園と平塚市、水戸市、北九州市のコラボレーション企画「永谷園で楽しめる ひなまつり特集」。

永谷園の看板商品「お茶づけ海苔」をテーマとし、平塚市の「湘南こっこからあげ」、水戸市の「そぼろ納豆」、北九州市の「カナッペ」といった各地のご当地食材とコラボレーションした「特別お茶づけ」を考案。また、それぞれのご当地ガールズを起用し、話題性を高めました。

3月中旬まで行われたこの企画、総PV数は45万を超え、アンケート付きのプレゼントへも多数の応募がありました。またミスご当地を起用した、ご当地の「特別お茶漬け」のキャンペーン動画のSNS内の再生回数は、約3.4万回以上!700件を超えるコメントをいただくこともできました。同時にFacebook・Instagram広告をかけ、5万人以上にリーチ、インプレッションでは9.3万人以上と、非常に良い結果を上げることができました。

特に注目したいのは、キャンペーン動画に700件を超えるコメントをいただけたこと。コメントでは、十人十色のお茶漬け海苔の楽しみ方が寄せられており、共感が消費者から消費者へ伝わっていった、好事例といえるでしょう。

 

コラボレーション先の選定、企画のコーディネートもお任せください! 日本全国のお祭りと繋がりのあるオマツリジャパンだからこそできること

ご当地とコラボレーションした商品プロモーションに欠かせないのは、ご当地とのつながりを持つこと。しかし急に、ご当地のと繋がり、なんて言われても難しいですよね。そんなときはぜひ、オマツリジャパンにご相談を!

オマツリジャパンでは、日本全国のお祭り5000件との交流を活かし、貴社の商品のあったコラボレーション先をご提案いたします。また全体の企画のコーディネートもお任せください。専門の知識を持ったライターやカメラマンが企画を盛り上げていきます。

もちろん、コラボレーションしたい地域をお選びいただくことも可能。まずはお気軽にご連絡してみてください!!

 

お問い合わせはこちらから

タカハシコウキ

この記事を書いた人

タカハシコウキ

地域のお祭りやインタビュー、由来を調べるのが好き。いろんなお祭りを知りたいと思っています。

資料請求 お問合せ