Now Loading...

【2020年開催中止】第58回山形花笠まつり

次回開催日未定
2020年8月5日(水)~2020年8月7日(金)  【次回開催予測:2021年8月上旬頃】
山形県山形市十日町・本町・七日町通り~文翔館

「ヤッショ、マカショ。」の威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色が高らかに真夏の夜に響き渡り、華やかに彩られた山車を先頭にあでやかな衣装と山形の花である『紅花』をあしらった笠を手にした一万人を超える踊り手が、躍動感あふれるダイナミックな群舞を繰り広げます。現在では東北四大まつりの一つとして全国に知られるようになった華麗なお祭りです。

みどころ

以前は一糸乱れぬ集団美が『山形花笠まつり』の醍醐味でしたが、今は華麗な〝正調女踊り【薫風(くんぷう)最上川】〟〝勇壮な正調男踊り【蔵王(ざおう)暁光(ぎょうこう)】〟の他、花笠踊り発祥の地・尾花沢地方のダイナミックな〝笠回し〟や、趣向を凝らした〝創作踊り〟など、多彩な踊りが観客を魅了します。

これを食べずに帰れない

「やまがた花笠食フェスタin文翔館」
8月5日~7日 17:00~21:30(7日は21:00まで)
ゴール地点の文翔館噴水広場前にて、山形の美味しいものが食べられる出店ブース

祭りに参加するには

~どなたでも参加できる1日2回の飛び入りチャンス~
①『輪踊りコーナー』18:00~約30分間
ゴール付近市役所前にて自由参加の『輪踊り』を開催。花笠ファン(紙花笠)を無料配布します!踊りの先生もいます!!身振り手振りで真似ながら楽しく参加できます!!!

②『飛び入りコーナー』20:30頃からパレード終了まで
パレード団体最後尾の『飛び入りコーナー』のプラカードが目印。パレードコースのどこからでも参加OK!服装自由!!気軽に参加でき、山形花笠まつりパレードをご体感ください!!!

歴史・由来

昭和38年(1963)、山形県・山形市・山形新聞社・山形商工会議所などが中心となり、蔵王の観光開発とPRを目的に「蔵王夏まつり」が開催されました。
『山形花笠まつり』は「花笠音頭パレード」として、この「蔵王夏まつり」のイベントの一つでしたが、昭和40年(1965)からは単独の『山形花笠まつり』として行う現在の形となりました。 
8月5・6・7日、山形市内のメインストリートで山形の夏を彩る、また東北を代表する夏まつりの一つとして全国的に親しまれ、今では3日間の人出も100万人超、踊り手も1万人を超える大きなお祭りとなりました。

豆知識

「山形花笠まつり」で唄われている花笠音頭の歌詞は、昭和38年にパレード用に一般公募し、従来からあった2歌詞に13歌詞を加え完成しました。歌詞を選出するにあたり、山形県を流れる最上川の上流から下流の流れに沿って、山形県内の名所名物を唄い込んだものになっております。是非、花笠音頭の歌詞にも注目して山形の魅力を感じてください。

みんなの投稿

加藤 匠
加藤 匠さん
2019年8月10日(土)16時22分
違反報告
3日間で1万人を超える踊り手が通りを埋め尽くす、山形花笠まつり。団体によって、ダンスサークルがヒップホップ調にアレンジした花笠踊りや、殺陣の団体が殺陣の動きを取り入れた花笠踊りを披露したり、参加者が楽しんで花笠踊りを踊っていました。
食べ物は山形発祥と言われる冷やしラーメンや、山形のソウルフードどんどん焼きの屋台などが出ていました!
0

このお祭りの写真

このお祭りの記事

インフォメーション

名称 【2020年開催中止】第58回山形花笠まつり
開催場所 山形県山形市十日町・本町・七日町通り~文翔館
山形市中心市街地約1.2km直線コース
開催日 2020年8月5日(水)~2020年8月7日(金)
※雨天決行(ただし内容変更あり)
【次回開催予測:2021年8月上旬頃】
主催 山形県花笠協議会
アクセス 【車】
山形自動車道山形蔵王I.Cから山形駅方面へ15分

【電車】
JR山形駅から徒歩15分

※無料駐車場がないため、近隣有料駐車場をご利用ください。
関連サイト http://www.hanagasa.jp/
最終更新日:2020年5月27日(水)17時03分
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等は、天候等により変更になる場合がありますのでご了承ください。

こちらもオススメ

このお祭りの特徴