Now Loading...
上山市民俗行事奇習 「加勢鳥」
上山市民俗行事奇習 「加勢鳥」
Posted by オマツリジャパン
このページはオマツリジャパンが編集しました。 このお祭りの主催者で編集をご希望の方は「オマツリジャパンリーダーズ」にログインしてください。(登録無料)
上山市民俗行事奇習 「加勢鳥」

上山市民俗行事奇習 「加勢鳥」

2021年2月11日(木)
山形県上山市

どんな祭り

江戸時代初期から伝わる、ケンダイという蓑をかぶった若者に手桶から祝の水をかけ、五穀豊穣や商売繁盛などを祈る上山伝統の民俗行事です。上山城をスタートし、市内を練り歩きます。是非ご覧いただき、勢いよく水をかけてみませんか。

みんなの投稿

奇祭ハンター Macさん
奇祭ハンター Macさん
行ってきました。

このお祭りの写真

みどころ

町の各商店・旅館では、商売繁盛・家内安全・火の用心を願って加勢鳥に水をかけます。また、神の化身である加勢鳥のケンダイから抜け落ちた藁は縁起物です。加勢鳥の藁で女児の髪を結うと、黒髪の豊かな美人になると言われています。どうぞお持ち帰りください。

これを食べずに帰れない

当日は、祈願式の会場(上山城)で観光ボランティアガイドの皆さんがあったかい甘酒を振る舞います。数量限定です。お早目にどうぞ。

歴史・由来

加勢鳥は、五穀豊穣・家運隆盛をもたらす歳神様の来訪行事で「小正月に遠い土地からやってくる神の声によって一年の豊かさを祝う」という信仰から生まれたと考えられ、「御前加勢」と「町方加勢」が行われていました。
御前加勢は、寛永年間に始まり、毎年旧正月の十三日、上山城に昇殿を許された高野村の若衆三人が、御前で加勢鳥を披露。御殿では新しい手桶と柄杓で加勢鳥に水をかけ、酒と銭一貫文でねぎらいました。
一方の町方加勢は、十五日、周辺部の各村から集まった若衆が、商家の連なる町中の門々を歩き回り、出迎える町の若衆は裸になって手桶の水を争うようにかけ、町人たちは火伏せや商売繁盛を祈願してご祝儀を出し、酒や切り餅を振る舞いました。

明治時代、加勢鳥は旧藩時代に重要視された行事として廃止されますが、昭和三十四年に有志が集い、復活させます。昭和六十一年には上山市民俗行事「加勢鳥」保存会が結成され、上山に伝わる貴重な民俗行事が継承されています。

インフォメーション

名称 上山市民俗行事奇習 「加勢鳥」
開催場所 山形県上山市元城内3-7
上山城前広場~市内
開催日 2021年2月11日(木)
※10:00~15:30
主催 上山市民俗行事「加勢鳥」保存会
アクセス JR山形新幹線かみのやま温泉駅から徒歩11分(上山城前広場)
関連サイト https://yamagatakanko.com/eventdetail...
https://www.mapple.net/spot/6000749/
最終更新日:2020年11月11日(水)15時08分
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等が変更や誤記などにより実際と異なる場合がありますのでご留意ください。

このお祭りのブログ記事