Now Loading...
マツログ

愛知県西尾市にて奇祭「てんてこ祭」が開催!厄男が太鼓に合わせて振る腰に付けた「大根」は…

愛知県西尾市にて奇祭「てんてこ祭」が開催!厄男が太鼓に合わせて振る腰に付けた「大根」は…

「奇祭」には目がない私たちオマツリジャパン、2019年も日本中の奇祭をターゲットにしておりますが、1月3日に早くも「天下の奇祭」がおこなわたとのニュースが…

その名も「てんてこ祭」。愛知県西尾市にて毎年1月3日に開催されるこのお祭りでは、赤装束に身をまとった6人の厄男が腰に「大根」を付け、太鼓に合わせてそれを振るわけですが、その形がアレと言いますか、要するに男性器を形どっているのです。

この神事は五穀豊穣を願って行われるとのことで、子孫繁栄は特に関係が無いとのこと。神社の境内にて厄男が藁の灰を竹ほうきで撒き散らし、この灰をかぶると厄除けになるそうです。

太鼓に合わせて「クイッ」と腰を動かすのが厄男の見せ場とのことですので、ご注目を!

かなまら祭りなど、男性器をモチーフにしたお祭り・神事は全国にありますが、子孫繁栄と全く関係が無いパターンは珍しい気がします。

View this post on Instagram

#てんてこ祭 #奇祭

勇介さん(@yusk15)がシェアした投稿 –

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

あわせて読みたい