Now Loading...
マツログ

精霊馬ってなに?読み方・作り方は?キュウリとナスの由来も解説!!

精霊馬ってなに?読み方・作り方は?キュウリとナスの由来も解説!!

 毎年夏休みのシーズンにやってくるお盆。帰省ラッシュや、お墓参りなど日本において馴染み深い行事です。

お盆のお供えとして思い浮かぶのは“精霊馬”。読み方は「しょうりょううま」です。名前でわからなくても“キュウリとナスで製作されたお供え物”といえば思い浮かぶかもしれません。

ところでなぜ“精霊馬”としてキュウリとナスをお供えするのでしょう?イメージが浸透しているため違和感を感じませんが、考えてみればキュウリとナスに棒を差し込み、お供えするのはかなり異様な光景。



本記事では冷静にみると奇妙とも思える“精霊馬”について、キュウリとナスを用いる理由や、作り方、お供えの方法を調べていこうと思います。

 

少しでも長く過ごしてほしい。「精霊馬」の言い伝え。

“精霊馬“とはお盆の時期に飾られる、ご先祖様を迎えたり、送るったりするための乗り物のことです。“馬”という名称が用いられていますが、キュウリは馬、ナスは牛をそれぞれ表現。

「馬は、ご先祖様の霊が帰ってくるときは早く家に帰ってきてもらうため。牛は、帰るときにはお供え物をもって、ゆっくりと景色を楽しみつつ帰ってほしいため」という願いが込められています。地方によっては、逆に「ナスの牛でゆっくり丁寧にお迎えし、キュウリの馬で早く休んでほしい」という意味もあるようですが、馬と牛を備える手法に変わりはありません。

亡くなってしまったご先祖様と少しでも同じ時間を過ごしたいという想いが、馬と牛をお供えする風習を生んだのです。また地域によっては七夕の時期に、藁で製作した馬をお供えする“七夕馬”という風習もあり、精霊馬の起源とされています。

キュウリとナスの理由は?ご先祖様への報告でもあった。

ではなぜ馬と牛を、キュウリとナスで表現するようになったのでしょうか?

精霊馬は、お盆の期間にお供えされるもの。もともと仏教の“盂蘭盆会“・“盂蘭盆”を起源とし、「餓鬼道という厳しい死後の世界に行ってしまった母親を助ける」という言い伝えを発祥とされています。

日本では平安時代周辺、貴族の間で行われるようになり、麦わらや瓢を用いて馬と牛を製作していました。一般庶民に広まったのは江戸時代の頃。江戸を中心に一気に大勢に広がったため、それぞれが入手しやすいものを使って牛と馬を作るようになりました。結果。ほとんどが農家だった江戸時代の夏には、夏野菜であるキュウリ・ナスを用いるようになったのです。やがてそれらは、「夏野菜を収穫した報告も兼ねて」という意味を持つようになりました。

精霊馬は江戸を中心にひろまったため、それ以外の地域では、精霊馬とは違う、それぞれ独自の風習が存在。それらは地域の住民の間で代々受け継がれ、いくつかの風習は現在まで形を残しています。例えば、北海道などではお供えする時期が遅くという特徴があり、西日本では“精霊馬”の風習が存在せず、代わりに“精霊流し”や“精霊船”という風習が盛ん。特に京都の“五山送り火”は世界的にも有名で、毎年国内外から数多くの観光客が見物に訪れます。また沖縄ではサトウキビを杖に見立ててお供えする独特の文化があり、お盆と地域との強い結びつきを伺い知ることができます。

意外と知らない精霊馬の作法。作る時期や作り方、処分は?

一般的に“精霊馬”をお供えするのは、8月13日から始まるお盆の期間。しかし地域によってお盆の期間は変わるため、それぞれの地域に合わせた期間にお供えするのが良いでしょう。

“精霊馬”の作り方はとっても簡単で、まずキュウリとナスを用意。次に爪楊枝なら8本、割りばしなら2膳を準備します。割りばしの場合は割ってそれぞれを半分に折ることで、合計8本の棒にしておきましょう。最後にキュウリ・ナス、それぞれを4本ずつ、自立するようバランスよく差し込み、完成です。

精霊馬の飾り方は?

ご先祖様をお迎えするため、お盆の前半・迎え盆の期間は内向きに、お帰りいただくために後半・送り盆の期間は外向きに備えるのが一般的。また東からご先祖様が帰ってくるとされているため、キュウリの馬を西向き、ナスの牛を東向きに配置する地域もあるようです。

迎え盆の際は、ご先祖様の目印として“迎え火”・送り盆の際は、ご先祖様をあの世へ送り返す“送り火”をたくのが伝統的。しかし現代ではなかなか難しいため多くの場合、盆提灯で代用されています。

盆提灯

役目を終えた「精霊馬」はどう処分する?

役目を終えた「精霊馬」は、決して食べてはいけません。食材的に腐っている恐れがありますし、なによりご先祖様の魂が用いた乗り物なので、しかるべき処置をして処分するのが望ましいでしょう。歴史的には川に流す、盆飾りと共に燃やす、といった処分と同時にお清めする方法が多くとられてきました。しかし送り火・迎え火同様、こちらも現代ではなかなか難しい方法。そのため現代では塩で清めたのちに半紙で包み、可燃ごみとして処理する、という方法が多く用いられています。またお寺に持ち込んで処分してもらうといった方法も存在。ご先祖様への感謝の気持ちを込めて、できる限り処置をしてあげたいところです。

まとめ

一見不思議に見える、“精霊馬”の伝統。しかし、お盆にご先祖様の魂をお迎えするために必要不可欠なものでした。今年のお盆は“精霊馬”を準備して、ご先祖様を暖かくお迎えし、楽しく懐かしいひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか??

 

精霊馬の最新モデルはこちら!

アイツの先祖に差をつけろ!俺たちだけの精霊馬

written by
タカハシコウキ

タカハシコウキ

地域のお祭りやインタビュー、由来を調べるのが好き。いろんなお祭りを知りたいと思っています。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい