Now Loading...

大阪三大夏祭り 愛染まつり2020は「オンライン愛染まつり」として開催!

大阪三大夏祭り 愛染まつり2020は「オンライン愛染まつり」として開催!

本尊ご開帳、大法要、演芸大会、全てオンライン夏祭りで、負けへんで!

大阪市天王寺区にある聖徳太子創建(推古元年(593年)創建)、和宗総本山四天王寺の支院・愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん、通称 愛染さん) では、この度、新型コロナウイルス感染症の対策として、STAY HOME(家にいよう)を徹底しながらも夏祭りを楽しんでもらう為に、今年は伝統行事の愛染まつりをライブ配信する「オンライン愛染まつり」の開催を決定した。
—————————————————
日程:令和2年6月30日(火)、7月1日(水)、7月2日(木) オンライン参拝:10:00~17:00
—————————————————

愛染まつりについて

「愛染まつり」は、古来より天神祭、住吉夏祭りと並んで大阪三大夏祭りのひとつといわれ、大阪市の無形民俗文化財にも指定されている夏祭りだ。毎年6月30日・ 7月1日・7月2日の3日間、縁結びと商売繁盛のご利益に篤い本尊・(秘仏)愛染 明王の特別ご開帳(お披露目)がなされる。初日には四天王寺僧侶による疫病退散を祈願する「夏越しの祓え大法要」が勤修されることと、なにより時期的に一番初めの夏祭りということで、待ってましたとばかりに、毎年大勢の人々が参拝する。また、愛染まつりでその年の浴衣をおろして着始めるので、「浴衣まつり」とも呼ばれ、芸妓さん(現在では愛染娘)がお揃いの浴衣姿でお祭り期間中に出迎えて盛り上げている。

愛染まつりの歴史
確かな資料として残るものには、江戸時代初期には既に現在のスタイルが確立されていたようだが、起源は定かではなく、四天王寺僧侶らで営む夏越しの行事であったことから、いつの頃からか「日本最古の夏祭り」「聖徳太子のご請願で始まった 夏祭り」とも言われている。

オンライン愛染まつり(オンライン夏祭り)への想い

今年初めての企画
新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、今年はできるだけ3密を避けるように、外出自粛、STAY HOMEを心がけるようにと、日本中の神社仏閣で恒例行事や夏祭りの中止が取り沙汰されている。しかし、こういう時だからこそ神仏のご加護を願う人々も多いのではと思い、今回のインターネット上でのライブ配信(収録動画の配信も含む)を使った「オンライン夏祭り」の実施を決定した。誰でも自由にウェブ上で参拝(視聴)できる。当寺の金堂ご本尊愛染明王と、重要文化財多宝塔の大日大勝金剛尊(どちらも秘 仏)のご開帳、四天王寺僧侶による疫病退散・厄除開運を祈る夏越しの大祓え大法要、真言宗青年僧侶による大護摩法要など、毎年恒例の仏事は全てインターネットを通じてライブ配信をする。
また、境内の演芸舞台で「チキドンドン、チキチキドン」と鳴り響く太鼓のまつりばやしと龍踊りといったお馴染みの演芸大会も、別場所収録した映像を使用し、あたかも愛染堂で見ている気分で視聴できるよう考えている。

例年と違う点 愛染娘2020
毎年お祭りを盛り上げる愛染娘も今年はオンライン愛染娘として、天王寺区のマスコットキャラクター「ももてんちゃん」、2人組アイドルユニット「963(くるみ)」、イラストレーター「よねはらうさこさん」というバラエティ豊かな4名が選ばれた。全員、オンライン上で愛染まつりに参加し、それぞれのSNSなどで盛り上げる。

ももてんちゃん

https://www.city.osaka.lg.jp/tennoji/page/0000084015.html

963(くるみ)

https://9x6x3.com/
https://www.instagram.com/9x6x3/
https://twitter.com/9x6x3
https://www.youtube.com/user/9x6x3channel

よねはらうさこ

https://yoneharausako.work/
https://www.instagram.com/yoneharausako/
https://twitter.com/yoneharausako

今年はじめての企画
ハッシュタグ祭り #愛染娘2020  期間7/2まで
盛り上げ要素の企画として、ハッシュタグ祭り「#愛染娘2020」を開催する。
愛染まつりは「浴衣まつり」とも呼ばれ、この時期に浴衣を着るのを楽しみにしている人も多くいる。そこで浴衣姿の写真をインスタグラムに#愛染娘2020をつけて投稿してもらうことで、日本中、世界中のどこからでも、愛染まつりの企画で繋がって楽しめるように企画を行っている。このように例年とは違い、オンライン夏祭りだからこそ出来る「みんなで繋がる」要素の楽しめる企画も用意している。コロナ禍で大変な状況の中、夏祭りの1番手でもある愛染まつりで、少しでも多くの人々に元気を届け、全員で一緒に夏を越えることができればと思っている。

クラウドファンディングへの取り組み
今回の「愛染まつり」オンライン開催は、様々な実験的要素(今後の神社仏閣のインターネットを駆使する付き合い方)を考え、クラウドファンディング「CAMPFIRE」にも挑戦し、支援を募っているところだ。神社仏閣への「お布施」や「ご寄進」の集め方も今後の課題だ。今年は支援者を集めるという意味で、手探りではあるが取り組んでいる。
クラウドファンディングのプロジェクトページ:
https://camp-fire.jp/projects/view/280948

オンライン信者という考え方
インターネットを使ったライブ配信は神社仏閣の世界ではタブーと捉えられることが多いのが現状だ。しかし、子供の頃は毎年愛染まつりに来ていたが、今は仕事や結婚を機に海外や大阪以外に住んでいるといった信者たちとも、オンラインであれば距離を越えて、再び繋がる事ができる、誰でも自由に立ち寄り、参加することができる良さがあると考えている。今回の取り組みは、単なるコロナ対策の応急処置ということではなく、今回の我々の活動を知っていただく事で、現状を受け入れつつ無形文化財・伝統行事の今後の在り方に一石を投じる事ができればと思っている。

開催概要

開催日時:2020年6月30日(火)・7月1日(水)・7月2日(木)10:00~17:00
開催場所:オンライン愛染まつり特設会場
http://aizenmatsuri.osaka/
※誰でも視聴できる。
主  催:愛染堂勝鬘院
後  援:公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
協  力:オモローオオサカ / 一般社団法人 全国寺社観光協会 / 寺社NOW / 大阪市天王寺区役所
協  賛:京都小泉株式会社 / 株式会社インターリンク / 株式会社Linx / 株式会社MRI
内  容:
●6月30日(火)10時~17時
・秘仏 愛染明王のご開帳、大日大勝金剛尊のご開帳
・四天王寺僧侶による病気平癒・疫病退散・厄除開運を祈る「夏越しの祓え大法 要」15時~
・オンライン護摩祈祷
・摂州地車囃子かずら「だんじり囃子 龍踊り」
・オンライン境内散策
●7月1日(水)10時~17時
・秘仏 愛染明王のご開帳、大日大勝金剛尊のご開帳
・オンライン護摩祈祷
・摂州地車囃子かずら「だんじり囃子 龍踊り」
・オンライン境内散策
●7月2日(木)10時~17時
・秘仏 愛染明王のご開帳、大日大勝金剛尊のご開帳
・真言宗青年僧侶による太平無事祈願「大護摩法要」15時~
・オンライン護摩祈祷
・摂州地車囃子かずら「だんじり囃子 龍踊り」
・オンライン境内散策

その他、仲囲巣連「堺すずめ踊り」、愛染娘による盛り上げライブ配信など。

祭り開催情報

名称 愛染まつり【2020年オンライン開催※要HP確認】
開催場所 大阪府大阪市天王寺区夕陽ヶ丘町5-36
開催日 2020年6月30日(火)~2020年7月2日(木)
主催者 愛染堂
アクセス 地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」5番出口から徒歩2分
関連サイト http://www.aizendo.com/festival.htm
オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事