Now Loading...

日本一美しいあじさいの丘!「かざはやの里」の魅惑のマジックアワーとは?

更新日:2022/7/5 細山 麻実
日本一美しいあじさいの丘!「かざはやの里」の魅惑のマジックアワーとは?

毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?早いもので、2022年の後半が始まりましたね!
7月となり、あじさいの花の見ごろも後半。今回は、三重県のあじさいスポット「かざはやの里~かっぱのふるさと~」のあじさいまつりの様子を現地からリポートいたします。

かざはやの里とは?

「かざはやの里~かっぱのふるさと~」は、三重県津市久居にある花園で、風早池のほとりの丘陵地の「伊勢温泉ゴルフクラブ」の中にあります。

梅500本、藤1,800本、あじさい75,000株を育てている全国で初めての「福祉と環境を融合した花園」で、障がいを持つ方と施設利用者と職員が毎日、運営管理をされています。近年では「日本一のあじさいの丘陵地」として人気を集めています。

丘一面に広がる見事なあじさいの群生

こちらでは、あじさいまつりを2022年5月20日(金)~7月10日(日)まで開催中です。

入場には、協賛費として大学生以上800円(高校生以下・福祉施設利用者は無料)がかかります。

広大な敷地には、あじさいの絶景スポットが盛りだくさん!受付にはイラストマップもありましたので、ぜひ手に取って散策してみてくださいね。

残念なことに今年は、6月中に史上最も早い梅雨明けを迎え、さらに連日の猛暑であじさいの花が例年よりも早く見ごろを過ぎてしまったそうです。

それでも、丘陵地に広がるあじさいの群生は見事でした。「この時期の、てまりあじさいは、アンティーク調のくすんだ色合いがとても風情があって素敵なんですよ!」と施設の方が教えてくださったので、てまりあじさいの色の変化もポジティブに楽しむことができました。

日陰に咲くあじさいは、鮮やかな青を保っていてとても妖艶でした。

開花期が長い白いあじさい「アナベル」もまだまだ見ごろ。

丘陵地一面の白いモコモコが、とても美しい景色で、多くの方が写真を撮っていました。

一度は見てみたい!マジックアワーとあじさいのコラボ

かざはやの里の入園締切は何と18:30で、しかも退園時間は自由なんだそうです。現在の日の入は19:00前後。閉園直後は「夕焼けに染まるあじさい」が見られるとのことで、連日多くの方がその美しい景色を見ようと来園されているのだとか。

あまりの美しさに言葉が出なくなる、そんな景色が広がるそうです。毎日出会えるとは限らないので、その光景を目の当たりにできたらラッキーですね!

愛犬とのお散歩にもオススメ!

筆者が訪れた日は35度を超える猛暑で、あいにくワンちゃん連れの方は暑すぎていらっしゃらなかったのですが、かざはやの里では愛犬とのあじさい散策が可能です!

ワンちゃんにも入園料(協賛費)がかかりますが、園内には、撮影スポットやワンちゃんが安心して遊べる天然芝のドッグランも完備されていました。ぜひ、愛犬と一緒に素敵な写真を撮りに行ってみてはいかがでしょうか?

かざはやの里へのアクセス

伊勢自動車道久居ICより5分。自動車300台、大型バス20台が駐車できる無料駐車場を完備しています。
近鉄久居駅からは、三重交通バス「榊原温泉行」または「榊原温泉車庫前行」に乗車し、「戸木神社前」下車。伊勢温泉ゴルフクラブ方面へ徒歩15分です。

日本一のあじさいの丘陵地「かざはやの里~かっぱのふるさと~」のあじさいまつりは7月10日(日)まで開催しています。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?公式サイトはこちらです。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
神奈川県横須賀市在住のライター細山です!
地元横須賀が大好き!お祭りやイベントも大好きです!
全国のお祭りレポートをしながら旅に行くのが夢です!

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事