Now Loading...

思い出のお祭り写真をアプリで加工して投稿!楽しい記憶を呼び戻そう!

更新日:2020/4/22 カワグチマサト
思い出のお祭り写真をアプリで加工して投稿!楽しい記憶を呼び戻そう!

新緑の美しい季節になりましたが,皆様いかがお過ごしでしょうか。さて,新型コロナウイルスの感染拡大リスクを回避するため,外出もままならない読者諸兄姉も多いかと思います。筆者も,3月上旬よりお客様先に出向くことなくテレワークを中心とした業務体形に移行しました。仕事上のコミュニケーションに関しましては,ビデオ会議やチャットがあればさほど困ることはありません。しかし,私生活におきましては,巣ごもり生活で喪失感を抱えた日々を送っています。

思い出の写真,スマホの肥やしになっていませんか?

昨今の事情により,皆様がお住まいの地域でも多くのイベントが中止となっているかと思います。毎年,参加していたお祭りも中止となり,お家でカウチポテトという方もいらっしゃるのではないでしょうか。動画や音楽配信サービスをたしなむのも良いのですが,スマホやタブレットに保管されている写真を振り返るのも楽しいですよ。写真アプリのアルバムを開いてみましょう。眠っていた写真が思い出とともによみがえること間違いなし。ちょっとした空き時間,思い出の写真を素晴らしい作品に生まれ変わらせてみませんか?

無料で使える「写真加工アプリ」をダウンロードしよう

お気に入りのアプリを探すポイント

モバイル向けの写真加工アプリというと,若い女の子に人気の「盛り系アプリ」やプリクラのようにスタンプや落書き機能で遊ぶモノが多く見られますが,無料で使える本格的な写真加工アプリも存在します。数あるアプリからお気に入りを探すのも大変ですね。筆者は以下の3つのポイントに注目してアプリを選んでいます。

1.使いやすさ

モバイル向けのアプリの場合,機能が豊富でも直感的に操作できないと本末転倒です。操作画面はシンプルでわかりやすいものがいいでしょう。使っていて楽しいことも重要です。

2.基本的な機能

明度や彩度の調整,色温度の設定など基本的な設定機能は必須です。コントラストや露光量,ホワイトバランスなどの自働補正機能があると便利です。

3.利用者の多さ

使用法に困ったとき,情報に辿り付けることも大切です。利用者が多いアプリは,他の利用者によるレビューやチップス(Tips)などが重宝します。

無料で使える主な「写真加工アプリ」

本稿では特定のアプリをオススメするものではありませんが,無料で使える写真加工アプリを2つピックアップします。皆様もApp StoreやGoogle Playからお好みアプリを探してみてください。複数のアプリを組みあせて使うことで表現の幅を広げることも出来ますよ。なお,ここに記載されているアプリの情報は執筆時のものです。将来,無料で使える条件や機能が大きく変更される場合があります。予めご了承ください。

Adobe Lightroom – 写真加工・編集アプリ

Adobe Lightroom - 写真加工・編集アプリ画像引用元 https://apps.apple.com/jp/app/id878783582

Adobe社のPCソフト「Lightroom」のモバイル版。基本的な機能は無料で使用できます。有料プランへアップグレードすることで,修復ブラシ。部分補正,ジオメトリ(遠近法の調整,水平垂直方向に歪みのない画像に編集),オンラインストレージ,AIの活用などの強力なツールや機能をご利用いただけます。

Snapseed

Snapseed画像引用元 https://apps.apple.com/jp/app/id439438619

Google社が開発した本格的で多機能な写真加工アプリです。シミ除去,ブラシ,ストラクチャ,HDR,射影変換などの29種類のツールとフィルタご利用いただけます。チュートリアル機能でSnapseedや写真全般に関するテクニックを確認可能。「本当に無料でいいの?」って思うほど機能が豊富です。

「明るさ」や「色の鮮やかさ」を調整してみよう

黒く潰れた画像。諦めないで!

スマホの中に真っ暗な写真ありませんか。黒く潰れて見える画像でも,画像データは生きているかもしれません。諦めないで,写真加工アプリの自働編集機能を使ってみましょう。

池上本門寺の御会式(2014年)オリジナル画像。露出不足で画面の大部分が黒くつぶれています。(平成26年 池上本門寺 御会式)

池上本門寺の御会式(2014年)Lightroomの自動補正機能を使用。黒くつぶれていた部分が良い感じに復活しています。

曇天でパッとしない写真は…

曇りの日に撮影したのっぺり写真は,「明るさ」と「コントラスト」で画面全体を調整。さらに明るさを強調したい部分をトーンカーブで持ち上げよう。

御霊入れの義(2019年)オリジナル画像。曇天のため立体感がなくパッとしません。気分もどんよりとします。(令和元年 東中公園 御霊入れの義)

御霊入れの義(2019年)修正後。Snapseedの画像調整で全体的に明るくして,コントラストを気持ちアップ。カーブにて御仮宮(テント)の部分を微調整。スッキリした写真になりました。

青空をもっと青く! 夕焼けをもっと赤く!

コントラストおよび彩度を上げるとドラマチックな写真に変身するかも…

小池祭礼大人神輿町内渡御 (2019年)オリジナル画像。悪くはありませんが,ややインパクトに欠けます。(令和元年 大人神輿町内渡御 環七)

小池祭礼大人神輿町内渡御 (2019年)修正後。Lightroomには様々なプリセットが用意されています。標準プリセットの「高コントラストとディテール」を適用。その後「自然な彩度」を破綻ギリギリまで上げてみました。

写真の色味を変えると印象も変わるよ

以下の5点は全て同じ写真です。色温度を変えたりフィルターを掛けると印象も変わります。皆様も色々遊んでみてください。

酉の市(2016年)オリジナル画像。(平成28年 酉の市 大森鷲神社)

酉の市(2016年)Lightroomのスポイトツールを使用して,提灯の光源でホワイトバランスを取った画像。教科書的には正しいのかもしれませんが,もう少し遊びが欲しいですね。

酉の市(2016年)色温度を6500Kに設定。デーライトタイプのフィルムで撮影するとこのような感じになりそうです。筆者は好きです。

酉の市(2016年)Snapseedのレトロラックス(10番)を適用。ノスタルジックな気分を感じる写真になりました。Snapseedは楽しいフィルターがいっぱい入っています。

酉の市(2016年)Snapseedのモノクロ(フィルム)を適用。コントラストが高めのモノクロ写真にするとインパクトありますね。

気に入った写真に仕上がったら皆に見てもらおう

多くの時間を自宅で過ごすようになり,不安に満ちあふれる今日。こんなときだからこそ,InstagramやTwitterなどのSNSで思い出の写真を共有しませんか。

オマツリジャパンでは,「祭りで日本を元気に!」プロジェクトを始めました。
お祭りが大好きな皆さんと一緒にオンライン上で祭り・日本を元気にしましょう!

ルールはとっても簡単!
Twitterで祭りについて何でも良いので投稿してください!
②「#好きな祭りの話をしよう」をつけてください
③オマツリジャパンがどんどんリツイートしていきます!

投稿する内容は「過去の写真・動画」「家で出来るおもしろ動画」「お祭りについて今思うこと」なんでもOKです!

そして,皆様も「いいね!」と思う投稿を見つけたら「#好きな祭りの話をしよう」でリツイートしましょう♪

カワグチマサト
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事