Now Loading...

飴細工にもチャレンジできる!小江戸川越の菓子屋横丁で飴めぐり

更新日:2021/9/5 obaq
飴細工にもチャレンジできる!小江戸川越の菓子屋横丁で飴めぐり

明治維新後に和菓子職人が集まった川越の菓子屋横丁

9月6日は飴の日です。長野県松本市の3つの老舗飴屋が結成した松本飴プロジェクトによって2019年に制定されました。

日本の飴の始まりは「日本書紀」の神武天皇記に水無飴の記述がみられるようですが、その後、平安時代には米もやしを原料とする素朴な水飴を主流として国内に広まりました。室町時代になると砂糖の輸入が始まり、飴の材料にも加えられ味わいを発展させました。

江戸時代には固形の飴を作る飴細工の職人が現れ、伝統の和菓子として定着していきます。明治維新後には小江戸の別称をもつ埼玉県川越市の養寿院の門前町に和菓子職人が集まるようになりました。菓子屋横丁には昭和初期には約70軒の菓子店がひしめき合っていたようです。現在では約20の店舗が軒を連ね、江戸っ子好みの気取らない菓子が販売されています。

小江戸川越の菓子屋横丁のマップ

小江戸川越の菓子屋横丁のメインストリートの入口

小江戸川越の菓子屋横丁のメインストリート

1914年に創業した老舗飴店「玉力製菓」

菓子屋横丁のメインストリートには、1914年に創業した老舗飴店の「玉力製菓」が店舗を構えています。手づくり飴の伝統を4代にわたって受け継ぎながら、昔ながらの味わいを今に伝えています。店の奥に作業場が設けられているので、ガラス越しに匠の技を見ることができます。

菓子屋横丁のメインストリートに店舗を構える「玉力製菓」

菓子屋横丁のメインストリートに店舗を構える「玉力製菓」の店先

「玉力製菓」の店先に並ぶ手づくり飴

歴史を感じさせる「玉力製菓」の店内

「玉力製菓」の奥の手づくり飴の作業場

店先には鮮やかな彩りの季節の花があしらわれた組飴をはじめ、ベッコウ、ニッキ、ゴマ飴などバラエティー豊かな飴が、笊に詰められて並んでいます。

「玉力製菓」の店先に並ぶ季節の花があしらわれた手作り飴

「玉力製菓」の店先に並ぶ季節の花があしらわれた手作り飴やしょうが飴

「玉力製菓」の店先に並ぶカラフルな手作り飴

「玉力製菓」の店先に並ぶ棒ベッコウやくるくる飴

「玉力製菓」の店先に並ぶ形や色の異なる手作り飴

「玉力製菓」の店先に並ぶバラエティー豊かな手作り飴

誰でもチャレンジできる「あめ細工」

「玉力製菓」の西に漬物店の「三代目彩香」を挟んで隣り合うのは「あめ細工」の店です。熱くて柔らかい飴にストローで空気を吹き込んで膨らませます。球状の風船のような形にするには熟練の技が必要ですが、中には初体験で大きな風船飴を完成させる人もいるようです。

菓子屋横丁の「あめ細工」の店

あめのフウセンにチャレンジできる「あめ細工」の店

「あめ細工」の案内

あめフウセンにチャレンジする人

きれいな球状に膨らんだあめフウセン

1796年に創業した老舗和菓子店「松陸製菓」

「あめ細工」店の正面の「松陸製菓」でもユニークな飴を販売しています。松陸製菓は江戸時代の寛政年間1796年に創業した老舗和菓子店で、「味は人なり」の言葉が代々受け継がれ、8代にわたって伝統の製法を守っています。添加物は一切使わず自然な素材で和菓子を作り続け、15種類前後の自家製飴の他に、ふ菓子や芋菓子も店先に並んでいます。

菓子屋横丁のメインストリートに店舗を構える「松陸製菓」

菓子屋横丁のメインストリートで飴の暖簾を吊り下げる「松陸製菓」

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作り生いちご飴

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作り菓子屋横丁飴

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作り細工あめ

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作りフラワー飴

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作りの小江戸太郎飴やたんきり飴

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作りのニッキ飴、七福神飴、べっ甲飴

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作り塩飴

「松陸製菓」の店先に並ぶ手作りの蜂蜜玉や水晶ハッカ

「松陸製菓」のふ菓子

「松陸製菓」の店内

飴の品揃えが豊富な「小江戸茶屋」

菓子屋横丁では老舗の飴店がレトロな存在感を放っていますが、各種の駄菓子を販売する店舗でも、飴の品揃えは豊富です。「小江戸茶屋」に並ぶ飴の種類は老舗店に引けを取らないでしょう。

菓子屋横丁のメインストリートに店舗を構える「小江戸茶屋」

「小江戸茶屋」の店内

「小江戸茶屋」で販売されるうずまき模様の手作り飴

「小江戸茶屋」で販売される手作り飴の粒ぞろえ

「小江戸茶屋」で販売される手作りの細工あめ、しお飴、コーヒー糖

「小江戸茶屋」で販売される手作りのあんこ飴やはっか飴

「小江戸茶屋」で販売される薄めの彩りの手作り飴

「小江戸茶屋」で販売される鮮やかな彩りの手作り飴

埼玉県川越市の菓子屋横丁には、メインストリートに老舗の手作り飴店が軒を連ね、レトロな存在感を放っています。伝統の製法で作られた飴を味わえるばかりでなく、あめ細工にチャレンジすることができます。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事