Now Loading...

<猫の日>「猫の舌」チョコって?デメルの可愛すぎるチョコを実食!-2022年版

更新日:2022/2/21 大塚 史織
<猫の日>「猫の舌」チョコって?デメルの可愛すぎるチョコを実食!-2022年版

\2月22日は、猫の日!/
猫の記念日といえば、2月22日。この日は数字の並びが「にゃんにゃんにゃん(2・2・2)」となることから「猫の日」とされ、特に今年は20”22”年ということで一層の盛り上がりを見せているんです◎

こちらの記事では、猫の日にチェックしたいDEMEL(デメル)の「ソリッドチョコレート」をご紹介します!

猫好きには超有名!「DEMEL」のチョコが可愛すぎ♡

今回ご紹介するのは、オーストリア生まれのお菓子ブランド「DEMEL」(デメル)のソリッドチョコレート。デメルは1786年創業、1799年にはウィーン王宮の御用達菓子司に指定されるほどの品質の確かさがあり、現在でもその品質、繊細な味と高級感は健在。世界中で愛されているお菓子ブランドです。

「ソリッドチョコレート」はそんなデメルを代表する一品。薄くて繊細なネコの舌をイメージした形状のおもしろさと可愛すぎるパッケージで、猫好きの間でも愛されているチョコレートです。

味は ミルク・スイート・ヘーゼルナッツの3種が展開されています。価格は1箱税込1944円。プレゼントや、自分へのご褒美におすすめです。

まるで宝石箱!かわいいパッケージデザイン

今回筆者は「スイート」を購入。鮮やかな黄色の箱が素敵です。文字や猫の舌、箱の側面はゴールドの箔押しで高級感もあり、箱のつくりもかなりしっかりしています。チョコレートを食べ終わったあとはアクセサリーを入れたり、カード類を整理したりと何かと活躍しそう♡

パッケージの猫ちゃんたちは3匹とも舌を出しています。

実食!デメルの「ソリッドチョコレート」

いよいよ実食!チョコレートは確かに、両端に丸みのある個性的な形をしていて、確かに猫の舌のように繊細な形なのですが、さすがに表面はツルっとしていて、滑らかな食感のチョコレートです。長さは8㎝ほど。

1枚1枚が薄くて繊細です。

「スイート」という味ということもあり、甘みもしっかりあるのですが、カカオのビターな風味も感じられる上、本当においしいチョコレートにあるとされる、酸味に近いフルーティーな香りもしっかりと感じられ、とても豊かな味わい。パッケージの可愛さだけではない、確かなおいしさでした◎

愛猫家なら、日本の猫祭りも必見!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mami(@mino0226)がシェアした投稿

日本には数多くの「猫」に関連するお祭りがありますが、中でも大分県臼杵市で開催される「うすき赤猫まつり」は要チェック。この地域には赤色が幸運の色として伝わっていることから、お祭りの日は地域の子どもたちが赤いまねき猫に変装し、かわいい「赤猫おどり」を披露しながら会場の福良天満宮付近の商店街をパレードし、地域に幸せを招きます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

taka wari(@tw0811)がシェアした投稿

 

福良天満宮「うすき赤猫まつり」ページ:http://fukuragu.jp/wp/event/event05

歴史あるデメルのチョコで、リッチな猫の日を◎

こちらの記事では、猫の日にオススメのデメル「ソリッドチョコレート」の実食レポートと、猫好きの皆様にオススメの日本のお祭り「うすき赤猫まつり」をご紹介しました。猫の日のお祝いや自分へのご褒美に!ウィーン王室御用達、歴史あるブランドチョコレート「デメル」、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

デメル公式ページ:https://demel.co.jp/

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

あわせて読みたい記事