Now Loading...

チョコバナナの作り方は?子供と一緒にキャラデコレーション!

チョコバナナの作り方は?子供と一緒にキャラデコレーション!

夏のスイーツや、お祭りの屋台フードの代名詞と言えば、「チョコバナナ」ではないでしょうか?クレープやパフェ、パンケーキなどに添えられていて、チョコバナナは日頃から馴染みのある組み合わせです。しかし、よく考えてみれば、果物の王様「バナナ」と、お菓子の王様「チョコレート」がタッグを組んだ、なかなかの最強スイーツですよね。

また、バナナは食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールにアミノ酸まで含まれた、栄養価の高いフルーツです。美容や健康が気になる人でも、チョコバナナなら罪悪感なく食べられますよね。チョコとバナナの組み合わせは、なぜこんなにも相性がいいのでしょうか?今回は、チョコバナナのルーツやその歴史、進化を遂げるさまざまなチョコバナナの種類、世界のチョコバナナ事情まで、徹底的に紹介します!

チョコバナナNathapon Triratanachat / Shutterstock.com

チョコバナナのルーツとは

チョコもバナナも、日本人の生活に馴染んだ食品ですが、バナナの生産地は、中国、フィリピン、ブラジル、エクアドルなどの熱帯地域です。初めて日本に上陸したのは、なんと明治時代の頃でした。一方、チョコの原料であるカカオ豆も熱帯植物で、生産量が多いのは、ガーナ、ブラジル、エクアドルなどです。どちらも似たような気候のなかで育つため、味も絶妙にマッチするのかもしれません。そんなチョコとバナナは、一体いつから出会い「チョコバナナ」としてタッグを組むようになったのでしょうか?実は、チョコバナナの起源は、日本のとある和菓子屋さんにあったのです。

日本発祥のスイーツ

バナナをまるごと一本、チョコレートで包み込んだチョコバナナ。その大胆な発想と見た目から、なんとなく「海外発祥のスイーツ」といった印象ではないでしょうか?実は、チョコバナナは日本で生まれたスイーツだったのです。

栃木県にある和菓子メーカー「榊屋」の社長・小林文雄さんは「縁日グルメ界のエジソン」と呼ばれています。そう呼ばれるきっかけとなったのが、紛れもない「チョコバナナ」なのです。昭和40年代、当時は高級フルーツであったバナナに、みんなの大好物・チョコレートをコーティングし、縁日の露店で並べてみたところ、たちまち大ヒット!それからというもの、チョコバナナは縁日の屋台で定番のスイーツとなりました。小林さんは現在も、和菓子屋の社長でありながらそのノウハウを活かし、縁日グルメの開発に取り組んでいます。

縁日や文化祭の屋台に欠かせないスイーツになる

昭和の時代から、お祭り屋台のメニューとなったチョコバナナ。令和になった現在も、屋台スイーツの定番商品として君臨しています。基本となる「バナナの外側にチョコレートをコーティング」した姿はそのままに、さまざまな進化を遂げています。たとえば、コーティングに使うチョコレートの色はホワイトやピンク、最近ではミントグリーンやショッキングピンク色まで登場し、どんどんカラフルになっています。トッピングにも、コアラのマーチやポイフルをのせたものや、ペコちゃんのペロペロキャンディーを添えたものまで登場し、他のお菓子との異色のコラボレーションを実現させています。

チョコバナナの種類

長年愛されてきたチョコバナナも、時の流れと共に進化を遂げています。食べやすさを重視したチョコバナナや新食感のチョコバナナなど、知ればきっと食べたくなるラインナップをご紹介します。

オーソドックスな「チョコバナナスティック」

みなさんがチョコバナナと聞いて真っ先に思い浮かべるのが、屋台で売られている一般的な「チョコバナナスティック」だと思います。皮を向いたバナナまるごと一本に、縦方向に割り箸を刺し、溶かしたチョコレートを絡めて、トッピングをふりかけて冷やし固めたものです。チョコバナナの材料は簡単に入手できるので、ご家庭でも気軽に作ることができます。チョコレートのパリパリ感と、バナナのねっとりした食感が、絶妙なコントラストですよね。色とりどりのチョコスプレーでトッピングしたり、ホワイトチョコやピンク色のストロベリーチョコでコーティングしたりすれば、より一層カラフルになり目で見ても楽しめるスイーツになります。

手軽に楽しめる「カップチョコバナナ」

屋台でおなじみなのが、バナナをまるごと一本、割り箸で刺した「チョコバナナスティック」です。しかし、これが意外と重くて持ちづらいし、お祭りで持ち歩く時も「邪魔だなあ…」なんて感じたことはありませんか?そんなあなたに朗報です。最近では、チョコバナナを食べやすい大きさにカットし、紙カップに入れて持ちやすくした「カップチョコバナナ」もあります。消費者に寄り添い、どんな些細なことでもニーズに応え続けるのが日本の「おもてなし精神」です。そんな日本で生まれたチョコバナナも、日々涙ぐましい努力で進化を遂げています。

新食感!「フリーズドライチョコバナナ」

お菓子をはじめ、お味噌汁やスープなどで、今やすっかりお馴染みとなったのが「フリーズドライ製法」です。ついに、チョコバナナにもフリーズドライの製品が登場しました!そもそもフリーズドライとは、食品の美味しさや栄養はそのままに、不要な添加物を使用せず、常温での長期保存を可能にした技術のことです。フリーズドライしたバナナにチョコを染み込ませた「フリーズドライチョコバナナ」は、バナナ特有の濃い甘さと、天然のビタミン・ミネラルなど豊富な栄養はそのままに、長期保存までできるチョコバナナの進化系です。

自宅が屋台の熱気で包まれる!自家製チョコバナナ

チョコバナナの作り方は、いたってシンプルです。溶かしたチョコレートを、バナナに塗って固めるだけです。チョコレートは電子レンジや湯煎で溶かせますし、冷蔵庫に15分程度入れておけば固まります。材料も全てスーパーで購入できるので、自宅でも簡単に作ることができます。

チョコバナナを上手に作るポイントは「チョコレートの溶かし方」にあります。チョコレートは、温度が32度を超えると分離し、コーティング後に固まりにくくなってしまいます。溶かす際は高温になりすぎないよう気をつけ、一定の温度を保ちましょう。もうひとつ、美味しく作るポイントは「団扇や小型扇風機で1~2分あおいでから、自然に固まらせること」です。屋台で売られているような、ある程度のやわらかさを保ったチョコバナナに仕上がります。

トッピングには、ココナッツフィリングやハート型のスプリンクルをまぶしてお洒落にしたり、卵ボーロを目玉に見立てて、ポテチでアヒル口を付けたりすれば、キャラ弁ならぬ「キャラチョコバナナ」の出来上がりです!あなたもぜひ、お家でフォトジェニックなチョコバナナを楽しんでみては?

この投稿をInstagramで見る

#おうち縁日 昨日はおうちでお祭りごっこ*° . お祭りも中止が相次いでるから ママがんばって準備したよ٩(ํ∇ํ) . . りきたん大喜びではしゃぎまくり チョコバナナは美味しくペロリと食べて スーパーボールすくいに夢中になりました . 輪投げ屋さんになったりきたんは たくさんサービスしてくれたよ( *ˊᗜˋ* ) . . . . ――――――――――――― レモン甚平/オフホワイト 3歳5ヶ月★96㎝×14㎏★ @babychuboys @babychu2014 (#makeyourday ) 着用サイズ100 ――――――――――――― #babychu #babychuboys #べびちゅモデル #べびちゅボーイズ #babychuモデル #甚平 #レモン柄 #夏コーデ #お祭りコーデ #3歳 #男の子 #お祭りごっこ #お祭り #縁日 #チョコバナナ #おうち時間 #おうちでの過ごし方 #コドモノ

mika∪・ω・∪(@chochomika)がシェアした投稿 –

驚き!世界のチョコバナナ

日本に来る外国人観光客の間で、人気の屋台スイーツNo.1は、なんとチョコバナナだそうです!日本で生まれたチョコバナナですが、その美味しさは万国共通のようですね。世界中で、その土地ならではのアレンジレシピも存在しています。中でも、ひときわ目立っているのが、ドイツの「BBQチョコバナナ」と、アイルランドの「焼きチョコバナナの生クリーム掛け」です。

ドイツでは、BBQのデザートにチョコバナナが食されるそうです。日本では、バナナの外側をチョコでコーティングしたものが主流ですが、ドイツでは、バナナの中にチョコを入れて食べます。皮付きのバナナにナイフで切り込みを入れ、中にチョコを詰めて、火で炙ります。温めることでバナナの甘味が増し、中のチョコがとろける絶品スイーツです。

この投稿をInstagramで見る

やっちゃいました✨ チョコバナナ ・ 子供たちよりもテンション上がる大人たちすごく甘くて口の中でとろける〜 またやろうっと ・ ・ #チョコバナナ #焼きチョコバナナ ・ #バーベキュー #バーベキューデザート #バーベキューの人気レシピ #バナナ #チョコ #チョコレート #ばなな #バナナチョコ #ユニフレーム #ユニフレームファイアグリル #炭火焼き #炭火焼バナナ #ホットバナナ #ホットチョコバナナ #子供と楽しむ #子供のいる生活 #庭キャンプ #家キャンプ #キャンプ #キャンプギア #キャンプ飯 #スイーツ #焼きバナナ #スイーツ男子 #znjiicamp

初心者キャンパーznjii(ずんじぃ)(@znjiicamp)がシェアした投稿 –

名前を聞いただけでも美味しそうな「焼きチョコバナナの生クリーム掛け」も、「バナナの中にチョコ」タイプのチョコバナナです。バナナに切込みを入れ、中にチョコを詰め、オーブンで焼いて生クリームをかけて食します。気候が涼しく、あったか料理が得意なアイルランドならではのチョコバナナです。

まとめ

今回は、チョコバナナのルーツから、進化した様々なチョコバナナ、お家で屋台の味を再現するポイントまでご紹介しました。あなたもご自分のアイデアで、オリジナルのチョコバナナを開発してみてはいかがでしょうか?

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事