Now Loading...

2023年・シャトレーゼの父の日スイーツはあの「じゃがいも」のお菓子に似ているぞ!

2023年・シャトレーゼの父の日スイーツはあの「じゃがいも」のお菓子に似ているぞ!

6月第3日曜日は「父の日」。文字通り父に感謝を表す日であるが、「母の日」に比べるとメジャーではない。カレンダーには「父の日」と書いてあっても、路傍の石のようにスルーされてしまう父さんも多いだろう。無論、筆者も例外ではない。寂しい気持ちでシャトレーゼに立ち寄ったところ、嬉しいことに父の日限定スイーツを見つけた。どんよりとした空に、虹が架かったような気分だ。この記事では、数ある父の日スイーツのなかから『父の日 パパケーキ』を紹介しよう。

父の日は自分へのご褒美もあり?

父の日ギフト(AdobeStock #260636017)

筆者は始めて聞くが「セルフ父の日」という言葉があるらしい。父の日に合わせてお父さんが自分にプレゼントを買う、バレンタインでいう「自分チョコ」のようなものだろうか。世の中にどの程度浸透しているのかは疑問だが、その波に乗らない手はない。「よーし、父ちゃん大好きなスイーツを買っちゃうぞ」とか心の中でつぶやきながら、『父の日 パパケーキ』をゲットした。「もう見てらんない」と石が飛んできそうだか許して欲しい。これが、世の中のお父さんの現状だろう。

「父の日 パパケーキ」を実食

シャトレーゼ(2023・父の日)● 父の日 パパケーキ:410円(税込)

おしゃれな帽子をかぶったダンディーなお父さんといったところか。いくら甘いも好きでも、デコレーションを一人で完食するのはキツいが、このカップケーキなら丁度いい大きさだ。「セルフ父の日」のために生まれてケーキと言ってもいいだろう。

シャトレーゼ(2023・父の日)

それにしても、何かににている。そうだ、あれだ……。“卵と牛乳でできたスイーツ”と“半固体状態の潤滑油”を合体させたかのような名前のポテ(以下自粛)。

シャトレーゼ(2023・父の日)

では、実食してみよう。安心して欲しい。もちろん「サワークリーム&オニオン味」でも、「うましお味」でもない。面白みに欠けるが、正真正銘のスイーツである。

シャトレーゼ(2023・父の日)

痛々しい写真であるが、軽やかな甘さのクリームである。中から“ラズベリーのモンブラン”や“イチゴのソース”が出てこなくてよかった。かなりグロテスクな写真になっていたところだ。

シャトレーゼ(2023・父の日)

食べ進めると、ちょっぴりビターなチョコクリームやスポンジ、バナナソース、マシュマロと色々出てきて賑やかで楽しい。シリアル入りチョコも食感のアクセントとなっており、まるで口の中でホームパーティーをやっているような気分になれる。少々、子ども向けの味であるが、甘党の諸兄もきっと満足できるだろう。

父の日は御朱印巡りに行こう!

昭和の時代『亭主元気で留守が良い』という言葉が流行した。実用日本語表現辞典によれば『夫は家にお金を入れるだけで良く、常から家にいない方が妻にとって都合が良い』という意味らしい。休みの日は、ゴルフなり散歩なりに出かけてくれということだろう。特に予定がなければ、御朱印巡りに出かけるのもおすすめだ。

牛天神北野神社

最初に紹介するのは、文京区春日に鎮座する牛天神北野神社。青を基調とした父の日限定御朱印が涼しげで美しい。また、境内にある「ねがい牛」を撫でると、ねがいが叶うと言われている。筆者も「ねがい牛」のご利益が得られるよう精進するぞ!

小石川大神宮

次に紹介するのは、文京区小石川に鎮座する小石川大神宮。あじさいの花をモチーフとした御朱印が季節を表している。近隣には、小石川後楽園や東京ドームもある。コーヒー好きな諸兄なら、参拝の帰路に小石川後楽園へ立ち寄り徳川将軍珈琲を嗜むのもよかろう。また、6月18日の父の日には、東京ドームで巨人・楽天戦のデーゲームが行われる。プロ野球ファンには嬉しいロケーションである。

白山神社

三つ目は文京区白山に鎮座する白山神社。6月10日(土)から18日(日)まで「文京あじさいまつり」が開催中だ。聞く話によると、模擬店やお買い物スタンプラリーなどの催し物もあるらしい。「文京あじさいまつり」については、やた香歩里記者が詳しく紹介している。興味があれば、そちらを検索してみるのもいいだろう。

まとめ

シャトレーゼ(2023・父の日)

この記事では、シャトレーゼの『父の日 パパケーキ』と、父の日や紫陽花をモチーフにした御朱印を拝受できる神社を紹介した。今年は「セルフ父の日」として、自分のために時間を使ってみるのはどうだろうか。

祭り開催情報

名称 第39回文京あじさいまつり
開催場所 東京都文京区白山5-31-26
白山神社
開催日 2023年6月10日(土)~2023年6月18日(日)
期間中は、富士塚が午前9時から午後5時まで特別に公開されます。
主催者 文京あじさいまつり実行委員会/文京区観光協会
アクセス 【電車】
都営地下鉄三田線「白山」駅から徒歩3分
東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩5分
関連サイト https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/k...
https://b-kanko.jp/festival
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1969年,東京生まれ。ライター。写真家。美術家。masART STUDIO主宰。東京の郊外を拠点に活動。Webメディアで執筆の傍ら,人工構造物をモチーフとしたフォトモンタージュ作品を制作する。目標は,ダイエットと,ITリテラシーを高めること。

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事