Now Loading...
マツログ

御霊祭をご紹介!京都最古のオマツリ!古都の中心でエライヤッチャ!

御霊祭をご紹介!京都最古のオマツリ!古都の中心でエライヤッチャ!

京都の中心。それは京都御所といって異論は無いと思います。

だって歴代の天皇陛下がいらっしゃった場所ですから!(東京でいうところの皇居の様な厳格さがあります)

そんな格調高い場所で、500人以上の漢たちが神輿を担ぎ、砂埃を上げ、声高らかに叫ぶ京都最古のオマツリと言われる「御霊祭」の見どころを紹介します。

見どころ①御所ではねよ!そして差せよ神輿をォォ!

なんと言ってもこのオマツリの魅力は、100人以上で担ぐ神輿3基が、京都御所の中(朔平門前)へ入った後のシーン。

集合した神輿を担いできた漢たちは、ここで一度しゃがみます。

ここから外に出ていく時は必見!

ホイット、ホイット!と勇ましい掛け声と共に、周回し砂埃をあげ、大通りに出ていきます。

「差せーー!」の一言で天空に神輿を上げる場面では、会場は一瞬静まり返り鳥肌が立ちました。

 

見どころ②エライヤッチャ!エライヤッチャ!

3基の神輿の中で最後に出ていくのが、末廣町の神輿。

この町内のみ、掛け声がエライヤッチャ!と変わっているんです(町内の人達もヤンチャな人が多かった様な・・・)

 

京都のオマツリはどちらかというと「静」なタイプが多い中で、特に「動」を感じる瞬間です。

開催地は「静」。目の前で行われている光景は「動」。このコントラストも盛り上がるポイントです。

砂利の上で神輿を担ぐので砂埃がスゴイ・・・

商店街の中や・・・

交差点のど真ん中でも・・・

見どころ③パーティーはキャラクター豊富

1000年の歴史があると言われているこのオマツリ。

行列に加わっているキャラクターも実にバラエティに富んでいます。

獅子舞。

牛。

馬。

 

お囃子。

たくさんの漢達。

このパーティなら魔王を倒しにも行けそう。と密かに思う著者であった。

八乙女・稚児・若武者など氏子地域を練り歩き、「ザ・京都」の雅を感じるパレードです。

まとめ

京都御所の静。お神輿の動。どちらも楽しめるこのオマツリ。

京都最古のお祭りと言われるだけあり、神輿が御所へ入ることを許されている唯一無二のオマツリです。

関西にお住まいの方は、京都のオマツリイメージが変わる事間違い無しの御霊祭に、是非足を運んでみて下さい。

written by
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい