Now Loading...

新潟総鎮守 白山神社の「七夕風鈴まつり」が6月30日に開催 クラウドファンディングの支援を呼びかけも

新潟総鎮守 白山神社の「七夕風鈴まつり」が6月30日に開催 クラウドファンディングの支援を呼びかけも

新潟総鎮守白山神社の「七夕風鈴まつり」が6月30日(木)~7月18日(月)に開催される。あわせてより多くの子どもたちに短冊を用意するためにクラウドファンディングも実施している。

白山神社は新潟の総鎮守と呼ばれている。「総鎮守」とは、国やその土地を守る神や神社のことを指す。白山神社の建立は、醍醐天皇の延喜年間(901~)とされており(寛治年間(1087年~)との説も)、地元住民からは「おはらいといえば新潟でははくさんさま」と言われている。家内安全、商売繁昌、交通安全、厄除子宝、縁結びなどの神様として知られる。

「七夕風鈴まつり」は、霊峰白山の開山1300年を記念して始まった祭事。古くから鈴の音は、邪気を払い、心身を清める力があるとされ、七夕風鈴祭り期間中は境内に1000個以上の風鈴を吊している。地域の人々に、それぞれの思いを短冊に書いてもらい祈願することも行っている。

「夢や希望が描かれた短冊が風に揺られ風鈴を鳴らし、境内を彩る『七夕風鈴まつり』は、なくてはならない風物詩」

(引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/505546)

「七夕風鈴まつり」の継続のため、昨年のクラウドファンディングを実施。「祭りに参加する良い機会になった」「役に立ててうれしかった」などの反響があり、今年もさらに「七夕風鈴祭り」の価値を広め、継続させるために2回目のクラウドファンディンに挑戦することに。

リターンは、「『出来るだけ多くの人と一緒につくる』ということを大切にするため、”人の温もり”を感じられるリターンを用意しました」という。「七夕御朱印 限定50」(5000円)や新潟・弥彦村にあるガラス工房「TAKU GLASS」で作られた風鈴と箸置きのセットの「かめ風鈴・箸置きセット 限定50」(8000円)、支援者の名前や企業名を記載した短冊に墨書きし、境内入口の門の手前にある「花手水」上の風鈴に飾る「花手水 奉名短冊 限定40」(30,000円)などを用意する。

白山神社からのコメント

七夕風鈴まつり開催に際してご支援を賜り心より御礼申し上げます。昨年の七夕まつり開催・継続の実現を受け、皆様より喜びのお声をたくさん頂戴いたしました。このたびも巫女をはじめ、多くの方の思いにより、クラウドファンディング挑戦という支援の輪を広めるに至ったことに感謝しております。七夕風鈴まつりを通して、子供たちだけでなく、地域、ひいては日本文化の継続につながっていけるよう神社からもお願い申し上げます。
「白山神社七夕風鈴まつり」開催の節には、実際に神社にお越しいただければ幸いでございます。
併せて皆様の健康と家内安全、無病息災をお祈り申し上げます。

(引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/505546)

「七夕風鈴祭り」概要

実施日時:6月30日(木)~7月18日(月)
会場:新潟総鎮守 白山神社
ホームページ:https://www.niigatahakusanjinja.or.jp/
参加費用:無料

クラウドファンディング概要

▶プロジェクト名:新潟総鎮守 白山神社の「七夕風鈴まつり」を通して、みんな一緒に笑顔になりたい。
▶期間:6月30日23:59まで 目標金額:250万円
▶リターン:3,000円~30,000円

▶URL:https://camp-fire.jp/projects/view/505546

 

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事