Now Loading...
マツログ

碇ヶ関ふるさとフェスティバル!存続の危機にあった祭りを蘇らせた方法とは?

碇ヶ関ふるさとフェスティバル!存続の危機にあった祭りを蘇らせた方法とは?

碇ヶ関ふるさとフェスティバルとは?

青森県は平川市碇ヶ関(いかりがせき)地域で行われるイベント。2018年より、規模が縮小されつつあった地元のお祭り「碇ヶ関御関所祭り」の要素を取り入れたり灯篭流しや盆踊りなど同時期のイベントを集約して盛大に開催されました。

平川市の「駅前通りにぎわい創出事業」を活用したイベントであり、行政と民間団体が一体となって運営される、地元民による地元民のための手作りのイベント!

2019年度のスケジュールは以下の通りです!

8月17日 19:30~ 灯篭流し

場所:平川河川敷 ”ふれあい広場”

(青森県平川市碇ヶ関三笠山78 碇ヶ関公民館裏手)

◆8月18日 11:00~ メインイベント(物販は10:00~)

場所:道の駅いかりがせき(青森県平川市碇ヶ関碇石13-1)

  • 10:00 物販コーナー&抽選開始
  • 11:00 開会式
  • 11:10 各種ステージイベント開始
  • 13:40 スペシャルゲストコンサート
  • 14:30 関所行列~神輿運行~
  • 15:00 ゆるキャラショー
  • 15:30 AOMORI花嵐桜組演舞
  • 18:30 飛び入り大歓迎!皆で盆踊り

※12:00より神輿担ぎレクチャーあり
ステージイベント詳細→画像

※お問い合わせ:道の駅碇ヶ関 0172-49-5020

 

 

「碇ヶ関御関所祭り」のエッセンスを受け継ぐ

碇ヶ関地域(旧碇ヶ関村)には、津軽為信により設置された羽州街道の治安維持のための重要な関所があり、その関所にまつわる歴史を描いた「碇ヶ関御(おん)関所祭り」が毎年夏に開催されていました。

大名行列と”奴(やっこ)”大名行列と”奴(やっこ)”

 

華やかな衣装の女性の姿も。華やかな衣装の女性の姿も。

昨年度は祭りの会場となる公民館が改修工事に入ったことで、残念ながら祭は中止。それに加えて少子高齢化の影響をうけ、人員が足りず…それ以降の開催も難しい状況に。

そんな中、青森県内外で活躍するダンスチーム「AOMORI花嵐桜組」の皆さんがよさこい演舞の振り付けのテーマに碇ヶ関を選んでくださり、イベントへ参加して貰えることに!彼らは「踊る『ふるさと応援隊』」として県内のそれぞれの地域性や文化を捉えた独自のよさこい演舞で人々を魅了しています。

花嵐桜組と平川市碇ヶ関総合支所の職員の皆さんとの打ち合わせ(筆者は手前のオデコの人)花嵐桜組と平川市碇ヶ関総合支所の職員の皆さんとの打ち合わせ(筆者は手前のオデコの人)

彼らの碇ヶ関への熱い想いと碇ヶ関総合支所の職員さんの協力のおかげで、かつて指導を担当していた地元消防団が応えてくださり、御関所祭りで行われていた大名行列から名物の「奴踊り」が復活することに。

地元消防団と花嵐桜組メンバーの奴踊り練習風景地元消防団と花嵐桜組メンバーの奴踊り練習風景

奴踊りとは、かつての碇ヶ関御関所を行き来する大名から藩主津軽為信へ献上する大切な物資等を運ぶ「奴」と呼ばれる人たちの働きを表現した踊りで、御関所祭りにおいて最も特徴的な演舞のひとつ。

(参考:https://tabi-mag.jp/ikarigaseki-sekisyofes/

イベントで提供する、碇ヶ関名物のたけのこご飯づくり。あっという間に婦人会の皆さんと打ち解ける大学生たちイベントで提供する、碇ヶ関名物のたけのこご飯づくり。あっという間に婦人会の皆さんと打ち解ける大学生たち

昨年は同時期開催の「碇ヶ関地域づくりインターンシップ」に参加の大学生の皆さんもイベントの準備を手伝ってくれました。すぐに地元の皆さんと仲良くなり、地元名物のたけのこご飯づくりでも終始笑顔でいっぱい!筆者も、地元の皆さん持ち前のやさしさに日々助けられています。

 

昨年度の碇ヶ関ふるさとフェスティバル

一日目、灯篭流し。一日目、灯篭流し。

元々は別の日程だった灯篭流しも、夏休みの終わりに合わせてふるさとフェスティバルの日程のひとつとして行われました。

現世を訪れた魂が無事に帰れるよう、ご詠歌を捧げる。現世を訪れた魂が無事に帰れるよう、ご詠歌を捧げる。

毎年恒例のミニ花火で1日目は終わり。毎年恒例のミニ花火で1日目は終わり。

小さな花火だけれど、元々山間の村の碇ヶ関ではこの花火がみんなの楽しみ。この時ばかりは全員が手を止めて空を見上げます。

 

みんなウェルカム、あたたかい交流も

二日目の会場は道の駅いかりがせきへ。
筆者は得意のコスプレで参戦。こどもたちへのサービス担当。

市長とも、もはや仲良し。市長とも、もはや仲良し。

碇ヶ関ふるさとフェスティバル

碇ヶ関ふるさとフェスティバル

インターン生の皆さんは各々の課題をこなしつつも、いつの間にか地元民の輪の中に。碇ヶ関の人たちの大らかさが伝わってきます。

子どもたちも手伝ってくれました♪子どもたちも手伝ってくれました♪

 

道の駅いかりがせきでのメインイベント!

AOMORI花嵐桜組のメンバーが加わった奴踊りチームの見物のために多くのかたが来場。関所を訪れる奴衣装を着た男衆の行列が入場してくると、その厳かな様子に息を呑んでいました。

碇ヶ関ふるさとフェスティバル

一度は途絶えかけてしまったこの奴踊りが再びこうして人前で披露出来たのは、心から地域を大切にしようとする花嵐桜組の皆さんの熱い思いと消防団の皆さん、平川市職員の皆さんのほか数多くの人の協力のおかげ。

花嵐桜組の演舞が始まると会場はファンでいっぱい!花嵐桜組の演舞が始まると会場はファンでいっぱい!

碇ヶ関を表現した衣装も碇ヶ関を表現した衣装も

花嵐桜組のリーダー・きゃさりん先生花嵐桜組のリーダー・きゃさりん先生

 

最後はみんなで盆踊り!この日のために花嵐桜組のきゃさりん先生が考えてくれたオリジナルの振り付けで、お客さんも地元の方も次から次へと輪の中へ!盆踊りが初めてのかたでも入りやすい空気を魔法のように作ってくれるのはこの人しかいませんね。

ユニークな仮装の人たちの姿も!ユニークな仮装の人たちの姿も!

自由すぎるコスチュームも注目の的!会場はものすごい熱気に。

 

今年の碇ヶ関ふるさとフェスティバルは…

今回もまた、引き続き「碇ヶ関御関所祭り」の要素を受け継ぎ、復活します!

それは… お神輿!

碇ヶ関ふるさとフェスティバル

今回のふるさとフェスティバルは、再び花嵐桜組さんと碇ヶ関商工会の皆さんのご協力で、御関所祭りで運行していたお神輿が復活することになりました!

もちろん、当日の飛び入り大歓迎!8/18日(日)12:00より神輿担ぎのレクチャーがありますので、道の駅いかりがせきまでお越しください!

その他、2名の青森県出身アーティストによるコンサートも開催されちゃう豪華っぷり!ますますパワーアップした碇ヶ関ふるさとフェスティバルに是非遊びに来てくださいね!

 

written by
かわしぃ

かわしぃ

青森に移住したねぷた大好きマン。時々コスプレもする変な人。津軽の祭りを届けたい!
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい