Now Loading...
マツログ

糸満ハーレーで沖縄の本格的な海開き!?航海安全と大漁を祈る伝統を堪能しよう!

糸満ハーレーで沖縄の本格的な海開き!?航海安全と大漁を祈る伝統を堪能しよう!

今回は、毎年旧暦5月4日に沖縄県糸満市字糸満の糸満漁港中地区で行われており500年以上の歴史を持つといわれる「糸満ハーレー」の魅力を余すところなくお伝えします!

沖縄県が誇る海の男たちによる熱い戦いを目にし、初夏の波に乗りましょう!

「糸満ハーレー」の内容は?

沖縄で「海人(うみんちゅ)」と言えば漁師のことですが、糸満ハーレーは古くから「海人のまち」といわれる、糸満の一大イベントです!

飾り付けられた爬竜船(はりゅうせん)に12名(御願バーレーは旗振りを含め13名)の船員が乗り込み、西村、中村、新島の3つの村が名誉のために火花を散らす競漕です。


画像引用元:http://medialibrary.okinawastory.jp/

主な内容は、御願バーレー、青年バーレー、クンヌカセー(転覆競漕)、アガイスーブ、アヒル取り、職域ハーレー、中学・高校・教員それぞれの対抗の競争、門中ハーレーなどがあります。

そこで今回は!特に注目したい「御願バーレー」と「クンヌカセー(転覆競漕)」について詳しく掘り下げていきます!


画像引用元:http://medialibrary.okinawastory.jp/

現役海人(うみんちゅ)による御願(うがん)バーレー!

この御願(うがん)バーレーは、糸満の現役海人(うみんちゅ)による競漕です!
海人(うみんちゅ)と言えば沖縄では漁師のこと。まさに海の男たちによる、海の男たちのための戦いです…。

https://www.instagram.com/p/BkZRHyKHy6D/?utm_source=ig_web_copy_link

サンティモーと呼ばれる小高いお丘での御願が終わると、現役うみんちゅたちによる855メートルのレースが幕を開けます。

海への感謝、大漁祈願、村への誇り、各自がそれぞれの思いを胸に一心に船を漕ぐ姿は迫力満点!
…そう、うみんちゅ達は決して勝敗のためだけにボートを漕いでいるわけではないのです!!
レース後は、勝った順に字糸満の氏神である白銀堂に結果を報告しに行く…という、祈りに始まり、祈りに終わるレースです。

技術の見せ所、クンヌカセー!(転覆競漕)

クンヌカセーとは、レースの途中でわざと船員が一斉に飛び降船を転覆させ、もう一度乗り込み競漕するというもの。

なぜわざわざ転覆させるのか…それは、
技術、団結力、勢い、あらゆるものを試すため。

最大の見せ場でもあり、難易度が高いレースでもあるため、各村とても気合が入ります!

糸満ハーレーの基本情報

・開催日時:2019年6月6日(木)9:00~16:00
・開催場所:〒901-0316 沖縄県糸満市字糸満 糸満漁港中地区
・アクセス:那覇バスターミナルからバスで45分 バス停「糸満ロータリー」から徒歩5分
・駐車場:あり(無料)
・料金:観覧無料(有料観覧席あり)

まとめ


画像引用元:http://medialibrary.okinawastory.jp/

今回は、沖縄県糸満で行われる「糸満ハーレー」についてご紹介しました!
沖縄の美しい海で、各村が気合を入れてボートを漕ぐ様子は迫力満点!
伝統装束に身をつつんだ漕ぎ手と、独特の装飾が施された船の様子は、まさに沖縄ならではです。

写真ではなく、是非現地に足を運んでみてはいかがでしょうか~!

トップ画像引用元:http://medialibrary.okinawastory.jp/

お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい