Now Loading...

亀戸天神社藤まつりが開催中!東京一の藤の名所では期間限定御朱印も

更新日:2021/4/23 obaq
亀戸天神社藤まつりが開催中!東京一の藤の名所では期間限定御朱印も

江戸時代には盛んに浮世絵に描かれた亀戸天神社の藤

現在の東京は高層ビルが林立し、情緒的とは言うことはできないでしょう。時を遡り江戸時代には豊かな自然に包まれていたのでしょうか。江戸を中心に活躍した浮世絵師たちは、江戸の街並みを魅力的に描いています。歌川広重の『名所江戸百景』では『亀戸天神境内』などで亀戸天神社の藤の花が描かれています。「亀戸の五尺藤」や「亀戸の藤浪」という呼称をもつ亀戸天神社の藤は、例年4月中旬から5月上旬にかけて、薄紫色の花を咲かせ境内を彩り、「亀戸天神社藤まつり」が開催されています。2021年は、4月17日~5月5日の期間で行われています。

「亀戸天神社藤まつり」の幟が並ぶ蔵前橋通り

蔵前橋通り沿いの神社と「藤まつり」の案内

蔵前橋通りから鳥居に向かう参道沿いに並ぶ「亀戸天神社藤まつり」の幟

鳥居と拝殿を繋ぐ3つの橋を覆い尽くす薄紅色の藤の花

亀戸天神社は亀戸駅から北西に1キロ足らずのところに社殿を構えています。鳥居を潜ると拝殿に向かって朱色の太鼓橋男橋、平橋、太鼓橋女橋が拝殿に導いています。

亀戸天神社の鳥居と太鼓橋男橋

鳥居から拝殿に向かう参道

平橋から眺める太鼓橋男橋越しの鳥居

亀戸天神社の拝殿

鳥居と拝殿を繋ぐ3つの橋の左右を結ぶのが藤棚です。数十メートルの参道は薄紫色の藤の花で覆い尽くされます。江戸時代には第5代将軍の徳川綱吉や第8代将軍の徳川吉宗が訪れたという記録が残っています。「東京一の藤の名所」という高い呼び声に誰もが頷くことでしょう。

藤の花で彩られる太鼓橋男橋

藤の花で彩られる平橋

藤の花で彩られる太鼓橋女橋

亀戸天神社での藤の植栽は1661年の創建当時に始まっていたと伝えられ、現在では15の藤棚が設けられ、50株を超える藤が育てられています。3つの橋の下で穏やかな水面を湛える心字池にも藤の薄紫色の花が映り込みます。

1661年の創建当時に始まった亀戸天神社での藤の植栽

15の藤棚が設けられる境内

藤の薄紫色の花が映り込む心字池

藤の薄紫色の花が映り込む心字池

藤の花房

藤の花房

藤の花房

太鼓橋から上下に見る藤棚

藤の花は地面から見上げるばかりでなく、太鼓の胴のようにアーチを描く太鼓橋男橋や太鼓橋女橋からは藤棚全体を見下ろすことができます。

太鼓橋男橋から見下ろす藤棚

太鼓橋男橋から見下ろす藤棚

太鼓橋男橋から見下ろす藤棚

太鼓橋男橋で視線を上にあげると藤棚越しに東京スカイツリーの姿が見え、現代版の浮世絵を描くことができるかもしれません。

太鼓橋男橋から藤棚越しに眺める東京スカイツリー

「亀戸天神社藤まつり」の期間限定の御朱印や授与品

「亀戸天神社藤まつり」の開催日には境内の東には露店が軒を連ねます。

「亀戸天神社藤まつり」の開催前日に出店準備を整えた露店

露店が並ぶ通りの北には、御朱印所や授与所が設けられています。「亀戸天神社藤まつり」の開催日には期間限定の御朱印や、お守りなどのバラエティーが広がり、様々な形で思い出を残すことができます。

「亀戸天神社藤まつり」の期間限定で頒布される御朱印

「亀戸天神社藤まつり」の期間中に御朱印と一緒に頂ける絵葉書

「亀戸天神社藤まつり」の期間限定の藤の花鈴守

「亀戸天神社藤まつり」の期間限定のふじみ守

東京都江東区に社殿を構える亀戸天神社では創建当初から藤が植栽され、「東京一の藤の名所」と高く評価されています。江戸時代には数多くの浮世絵に描かれ、徳川将軍も訪れたと伝わります。15の藤棚に50株を超える藤が、例年4月中旬から5月上旬には薄紫色の花を咲かせ境内を彩ります。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事