Now Loading...

【かわぐち光のファンタジー】キューポラの町を彩るイルミネーション

更新日:2020/12/24 obaq
【かわぐち光のファンタジー】キューポラの町を彩るイルミネーション

かつてはキューポラが並んでいた川口市

東京都北区に接する埼玉県川口市は、都心に通勤する人々のベッドタウンとなっていますが、かつてはキューポラが並ぶ町でした。鋳物工場の屋根から突き出す溶解炉のキューポラは、伝統のモノづくりのシンボルとなっていたのです。川口駅に接して建つ商業施設はキュポ・ラと名づけられ、鋳物の町を偲んでいるようです。駅舎を囲む東口と西口の広場は例年、年末年始にイルミネーションで彩られます。2020年12月4日~2021年2月14日には、「かわぐち光のファンタジー」が開催されています。

JR京浜東北線の川口駅

川口駅前のロータリー

川口駅前の商業施設キュポ・ラ

イルミネーションで彩られる川口駅の東口

川口駅の東口から市街地に向かう歩道橋の中央には、イルミネーションで輝くクリスマスツリーが列を作っています。黄色と青色のLEDで輝くツリーには温かみを感じることでしょう。

川口駅の東口の歩道橋

歩道橋中央のクリスマスツリー

クリスマスツリーを彩るLED

川口駅東口のロータリーの中央

LEDの光で囲まれるキュポ・ラ広場

東口広場を取り囲む商業施設もイルミネーションで装飾され、キュポ・ラ広場はLEDの光で囲まれます。

川口駅東口広場に接するSOGO

川口駅東口のキュポ・ラ広場

川口駅東口のキュポ・ラ広場

イルミネーションで彩られる川口駅の西口

西口も東口に負けず劣らず、イルミネーションで鮮やかに彩られます。歩道橋の左右は温かに彩られ、広場に育つ樹々は落ち着いた雰囲気を漂わせます。

イルミネーションで鮮やかに彩られる川口駅の西口

イルミネーションで鮮やかに彩られる川口駅の西口

左右が温かに彩られる歩道橋

左右が温かに彩られる歩道橋

落ち着いた雰囲気を漂わせる樹々

落ち着いた雰囲気を漂わせる樹々

落ち着いた雰囲気を漂わせる樹々

樹々を彩るLED

西口の駅舎前に設置される愛らしいオブジェ

西口の駅舎前には愛らしいオブジェが設置され、歩道橋を下りる園路も温かく輝き、家路につく人々の足取りは軽くなることでしょう。

西口の駅舎前の愛らしいオブジェ

西口の駅舎前の愛らしいオブジェ

歩道橋から下る園路

埼玉県川口市はベッドタウンとなっていますが、かつては鋳物工場のキューポラが並ぶモノづくりの町でした。都心に通勤する人々が行き交う川口駅の東口、西口は例年、年末年始にはイルミネーションで鮮やかに彩られます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

日本の行事・風習

あわせて読みたい記事