Now Loading...

【ジャンボこいのぼり】クレーン車につられ利根川の上空で風に舞う日本一大きなこいのぼり

更新日:2020/6/9 obaq
【ジャンボこいのぼり】クレーン車につられ利根川の上空で風に舞う日本一大きなこいのぼり

こいのぼりの生産量が日本一の加須の上空に舞うジャンボこいのぼり

端午の節句が近づくと各地で空になびくこいのぼりの姿をよく見かけます。こいのぼりの生産量が日本で最も多いのは、埼玉県北東部の加須市です。提灯や傘を作っていた加須市の職人が、明治時代初期になって副業でこいのぼり作りを始めたのが、地域の名産品に発展したのです。毎年5月3日には日本一大きなジャンボこいのぼりが加須の上空に舞います。加須では子どもはもちろん大人も一緒に、こいのぼりを楽しむことができるのです。

毎年5月3日に加須市の上空に舞う日本一大きなジャンボこいのぼり

ジャンボこいのぼりは、1988年に加須市民平和祭のメインイベントとして開催されるようになりました。こいのぼり生産量日本一を全国にアピールしようと企画されたのです。2000年には「21世紀に残したい埼玉ふるさと自慢100選」に選出されました。こいのぼりが揚げられるのは、加須市の北東部の利根川河川敷緑地公園です。

加須市の北東部の利根川河川敷緑地公園

全長約100メートル、約330キロの巨体

5月3日には利根川の河川敷には巨大なジャンボこいのぼりが登場します。頭から尻尾までの長さは約100メートルです。河原に敷かれると巨大な絨毯のようにも見えます。

利根川河川敷緑地公園に敷かれるジャンボこいのぼり

利根川河川敷緑地公園に敷かれるジャンボこいのぼり

ジャンボこいのぼりを上空に運ぶのはクレーン車です。約330キロの巨体を持ち上げるのですから強力なパワーの持ち主の手を借りなければならないのです。

ジャンボこいのぼりを上空に運ぶクレーン車

ジャンボこいのぼりを上空に運ぶクレーン車

クレーン車で引き揚げられ上空で遊泳するジャンボこいのぼり

ジャンボこいのぼりが青空に舞うのは、当日の11:30及び13:30から各30分前後です。遊泳開始時間前には大勢の人がこいのぼりを囲み、クレーン車のロープに装着します。直径約10メートルの口に、何本ものロープが繋がれていきます。

クレーン車のロープに装着されるジャンボこいのぼり

クレーン車のロープに装着されるジャンボこいのぼり

クレーン車のロープに装着されるジャンボこいのぼり

ジャンボこいのぼりが、クレーン車のロープに繋がれると、ゆっくりと上空に向かって引き揚げられていきます。口が地面から離れるに従って、こいは体内に空気を吸い込みます。

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

クレーン車に引き揚げられ呼吸を始めたジャンボこいのぼり

尾の先が地面から離れるとジャンボこいのぼりの空中遊泳が始まります。

空中遊泳を始めたジャンボこいのぼり

空中遊泳を始めたジャンボこいのぼり

空中遊泳を始めたジャンボこいのぼり

体一杯に空気を吸って適度な強さの風が吹けば、安定感たっぷりの水平遊泳です。風向きや強さによって自由自在に姿勢を変えていきます。

安定感たっぷりのジャンボこいのぼりの水平遊泳

風向きや強さによって自由自在に姿勢を変えるジャンボこいのぼり

風向きや強さによって自由自在に姿勢を変えるジャンボこいのぼり

ジャンボこいのぼり開催日には、利根川河川敷緑地公園は大勢の人々で埋め尽くされます。土手や土手下を移動すれば、角度を変えてジャンボこいのぼりの姿を楽しむことができます。

利根川河川敷緑地公園の入口

利根川河川敷緑地公園の入口

利根川河川敷緑地公園の土手

利根川河川敷緑地公園の土手

利根川河川敷緑地公園の土手

利根川河川敷緑地公園の河川敷

緑地公園のジャンボこいのぼり遊泳エリアに隣接する河川敷には観客席も準備され、和太鼓演奏などの数々のイベントが催されます。

利根川河川敷緑地公園に設けられた観客席

特設ステージでのイベント

加須市内の各所から眺めるジャンボこいのぼり

利根川河川敷緑地公園では、実寸のジャンボこいのぼりを見ることができますが、全長約10メートルの巨体が空に舞う姿は市内の各所から眺めることができます。

渡良瀬遊水地から眺めるジャンボこいのぼり

埼玉、栃木、群馬、茨城の4県にまたがる日本最大の遊水池、渡良瀬遊水地

埼玉、栃木、群馬、茨城の4県にまたがる日本最大の遊水池、渡良瀬遊水地

道の駅「童謡のふる里おおとね」から微かに見えるジャンボこいのぼり

加須市の北東部で利根川に架かる埼玉大橋の袂に建つ道の駅「童謡のふる里おおとね」

利根川河川敷緑地公園に隣接する加須未来館は、プラネタリウムを備えており夜空を照らす星座がリアルに映し出されます。売店ではジャンボこいのぼり煎餅を販売しています。また、加須駅の中にはこいのぼり焼の店があります。

利根川河川敷緑地公園に隣接する加須未来館

利根川河川敷緑地公園に隣接する加須未来館

利根川河川敷緑地公園に隣接する加須未来館の売店で販売されるジャンボこいのぼり煎餅

加須駅の中のこいのぼり焼の店

ジャンボこいのぼりは、毎年5月3日に埼玉県加須市の利根川河川敷緑地公園の上空で風に舞います。加須市はこいのぼりの生産量日本一なのです。全長約100メートル、約330キロのジャンボこいのぼりが、クレーン車で引き揚げられ、青空で力強く泳ぎます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事