Now Loading...
マツログ

「京王百草園紅葉まつり」、来園者が自らライトアップ作業を行った後、暗闇に浮かぶ紅葉を鑑賞

「京王百草園紅葉まつり」、来園者が自らライトアップ作業を行った後、暗闇に浮かぶ紅葉を鑑賞

和の情緒が漂う庭園での「京王百草園紅葉まつり」

京王百草園は多摩丘陵の一画、東京都日野市に位置する日本庭園です。江戸時代に松連寺の庭園として造園され、侘び寂びの情緒が漲るため、数多くの文人墨客が訪れました。約26,000平方メートルの園内には、イチョウ、モミジ、ドウダンツツジなどが育ち、例年11中旬から12月上旬には、赤や黄色の紅葉を楽しむことができます。紅葉のシーズンには「京王百草園紅葉まつり」が開催され、2019年は11月9日(土)~12月1日(日)に実施されます。今まさに見頃です。特に土日の夜間にライトアップされた紅葉には圧倒されることでしょう。

2019年の「京王百草園紅葉まつり」のチラシ

2019年の「京王百草園紅葉まつり」のチラシ

多くの文人墨客に愛された京王百草園

京王百草園は、京王線の百草園駅から徒歩約10分のアクセスです。園内には茅葺屋根の松連庵やあずまやが、和の情緒を漂わせています。若山牧水の歌碑、松尾芭蕉の句碑などが設けられ、多くの文人に愛されたことが裏づけられています。庭園中央の「寿昌梅」は、江戸時代に第2代小田原藩主を務めた大久保忠増の正室、寿昌院が植樹したと伝えられています。

京王百草園の正門

京王百草園のマップ

京王百草園の正門に続く階段

松連庵

松連庵前に設置された歴史解説のパネル

園内のあずまや

若山牧水の歌碑

松尾芭蕉の句碑

樹齢約300年の寿昌梅

一年を通して季節の彩りに包まれる庭園

園内には多種の草木が植樹され、早春にはロウバイや梅、福寿草、ツバキ、4月にはツツジやカタクリ、5月にはフジや牡丹、6月はアジサイ、7、8月にはスイレンや百日紅と、一年を通して季節の花々が彩りをつけます。秋にはイチョウ、モミジ、ドウダンツツジが秋色の化粧をつけます。

見晴台からの眺望

階段を彩る紅葉

あずまやを覆う紅葉

庭園中央の心字池を彩る紅葉

庭園中央の心字池を彩る紅葉

三檪庵を彩る紅葉

三檪庵を彩る紅葉

売店の傍らの紅葉

来園者が点灯作業を行ってライトアップされた紅葉を鑑賞

京王百草園の園内は様々な植物がまばらに育っているので、紅葉樹も群生しているわけではないので、紅葉スポットを見つけながら散策することになります。このため日中は、物足りなさを感じる人が少なくありません。京王百草園の紅葉の魅力は、土日の夜間にライトアップされたときに凝縮しているようです。点灯作業は来園者が行うのです。電池式の蝋燭の灯りを燈して竹筒に入れていきます。明るさが増すにつれてワクワク感が大きくなります。全ての竹筒から蝋燭の光がこぼれる頃には、紅葉がファンタジックな姿を見せてくれます。

来園者が行うライトアップ作業

竹筒の中に入れられた電池式の蝋燭

点灯作業完了

ライトアップされた心字池の前の紅葉

ライトアップされた心字池の前の紅葉

ライトアップされた園内の遊歩道

ライトアップされたあずまやを覆う紅葉

ライトアップされたあずまやを覆う紅葉

ライトアップされた三檪庵を彩る紅葉

ライトアップされた三檪庵を彩る紅葉

ライトアップされた売店の傍らの紅葉

「京王百草園紅葉まつり」の期間中には、生け花展示会や演歌歌謡ショーなどのイベントが行われます。また園内の売店では、多摩地域最古のビール、豊田ビールの他、炭火焼きのだんごが販売されています。

まつり期間中に行われる松連庵での生け花展示会

まつり期間中に行われる演歌歌謡ショー

園内の売店

多摩地域最古のビール、豊田ビール

炭火焼きのだんご

京王百草園では見渡す限りの紅葉を見ることはできませんが、「京王百草園紅葉まつり」の期間中には夜間のライトアップが行われるため、スポットごとに表情の異なる紅葉を楽しむことができます。

インフォメーション

名称 京王百草園紅葉まつり
開催場所 東京都日野市百草560
京王百草園
開催日 2019年11月9日(土)~2019年12月1日(日)
アクセス 【電車】
京王線百草園駅下車徒歩10分、または聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅からタクシー10分。
関連サイト http://www.keio-mogusaen.jp/news/10228
written by
obaq

obaq

2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい