Now Loading...

【小松川千本桜まつり】桜のラインとリングが楽しめる荒川沿いの公園

更新日:2021/4/9 obaq
【小松川千本桜まつり】桜のラインとリングが楽しめる荒川沿いの公園

東京都の東部を流れる荒川沿いの「小松川千本桜」

全国各地に「千本桜」と呼ばれる桜の名所が点在していますが、東京都の東部を流れる荒川沿いには「小松川千本桜」がラインを作っています。例年3月下旬から4月上旬には薄紅色の花を一斉に咲かせ、河原を季節の彩りで染め上げます。「小松川千本桜」が接する大島小松川公園では、桜の見頃時期に合わせて「小松川千本桜まつり」が開催されています。ところが、2021年は新型コロナウイルス感染防止のため、4月4日(日)に予定されていたイベントは全て中止となってしまいました。

「小松川千本桜」の案内板

約2キロにわたって繋がる「小松川千本桜」

「小松川千本桜」は、東京都江戸川区を南北に流れる荒川に沿って約2キロにわたって繋がっています。ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど10種約1,000本の桜が植栽され、早春には河原は薄紅色一色となります。

「小松川千本桜」の北端

「小松川千本桜」の北端

小松川千本桜

小松川千本桜

小松川千本桜

土手下から眺める「小松川千本桜」

土手下から眺める「小松川千本桜」

「小松川千本桜」に接する大島小松川公園

「小松川千本桜」に接して、大島小松川公園が整備されています。「小松川千本桜まつり」が開催されれば園内は露店で溢れ、ステージイベントやポニーの乗馬体験、出張動物園など多彩な催し物が企画されています。

「小松川千本桜」と大島小松川公園を繋ぐ広場

「小松川千本桜」と大島小松川公園を繋ぐ広場

「小松川千本桜」と大島小松川公園を繋ぐ広場

リング状の桜を楽しむことができる大島小松川公園の「自由の広場」

大島小松川公園の中央は一面、芝生で覆われる「自由の広場」です。解放感が溢れる広場は、360度のパノラマで桜の花が取り囲みます。桜の花の下では、テントを張る人やレジャーシートを敷く人を見かけます。桜の並木に沿って園路が整備されているので、ライン状の「小松川千本桜」に加えて、リング状の桜を楽しむことができます。

大島小松川公園の園内マップ

芝生で覆われる「自由の広場」

芝生で覆われる「自由の広場」

北西に東京スカイツリーの姿を見ることができる「自由の広場」

「自由の広場」でテントを張る人々

「自由の広場」でレジャーシートを敷く人々

「自由の広場」を一周する園路

「自由の広場」の北側には花壇が設けられ、チューリップやネモフィラが桜の花の色にアクセントをつけています。

「自由の広場」の北側に設けられた花壇で咲くチューリップ

「自由の広場」の北側に設けられた花壇で咲くネモフィラ

園内には、アスレチック広場やバーベキュー広場などの施設が設けられていますが、いずれも桜の花が季節の彩りで覆っています。

アスレチック広場

アスレチック広場

バーベキュー広場

大島小松川公園に公共交通機関を利用して訪れる場合は、都営地下鉄新宿線の東大島駅が最寄りの駅です。駅から北東に向かい旧中川に架かるさくら大橋を渡れば、公園の「自由の広場」の南西入口となります。

都営地下鉄新宿線の東大島駅

さくら大橋から眺める旧中川沿いの桜並木

旧中川に架かるさくら大橋

東京都江戸川区を流れる荒川沿いに約2キロにわたって「小松川千本桜」が繋がります。河原に接して整備された大島小松川公園でも、中央の「自由の広場」から360度のパノラマで桜の花を見ることができます。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事