Now Loading...

なぜ大きい!?「三河一色大提灯まつり」の幻想的世界〜夜空に浮かぶ12の巨大提灯〜

なぜ大きい!?「三河一色大提灯まつり」の幻想的世界〜夜空に浮かぶ12の巨大提灯〜

450年以上もの歴史を誇る「三河一色大提灯まつり」が8月27日、28日、三河一色諏訪神社にて3年ぶりに開催されました。
境内に揚げられる12張の大提灯は、最大でなんと高さ10メートル!村人に災難をもたらす海の魔物を鎮めるために焚かれた篝火(かがりび)に由来するというこの祭。古くから変わらない工程、そして夜空に浮かび上がる大提灯の幻想的なその様を、歴史が息づく成り立ちとともにレポートします。

“篝火”が、だんだん大きくなり江戸の頃には“大提灯”に

例年8月に三河一色諏訪神社(愛知県西尾市)で行われる「三河一色大提灯まつり(みかわいっしきおおぢょうちんまつり)」。2022年は、3年ぶりに8月27、28日の2日間にわたり開催されました。

この祭の見所は、地域ごとの氏子6組が掲げる全12張の大提灯が出揃う様もさることながら、これら巨大提灯を伝承の方法で氏子の男たちが力を合わせて吊り揚げるその勇姿!一番大きな提灯は高さ10メートル、直径5.6メートルにも及ぶというのだから、その作業が一筋縄では行かないことは想像に難くないでしょう。

そもそも、なぜこのような大提灯を掲げるようになったのでしょう。一色大提灯保存会によれば、夏から秋にかけて現れ、人畜農産物を荒らす“海魔(かいま)”を恐れた村人たちが行った祈祷が起源なのだそう。

450年程前、海魔の退散を願い長野県の諏訪大社より勧請した諏訪大明神を祀り、魔鎮剣(ましずめのつるぎ)供えて大篝火(おおかがりび)を焚いたところ、被害がなくなった—。以降毎年夏、神事として大篝火を焚くようになったと言います。

三河一色大提灯まつりドローン三河一色諏訪神社の鳥瞰写真(祭当日)。450年程前まで、三河湾にほど近い神社の前面は渚に茂る真菰(まこも:沼地に群生するイネ科の植物)で埋め尽くされていたそう。

やがて大篝火が提灯に置き換わると段々と大きくなっていき、さらに経済的な余裕も生まれた江戸中期頃には提灯の上に屋根=覆(おおい)がかけられ、提灯に鮮やかな絵が描かれるなど、現在のような姿になったそうです。

ちなみに、この12張の大提灯並びに柱組一式は、昭和44年に愛知県の民俗資料(有形民俗)文化財に指定されています。

三河一色大提灯まつり大柱各組ごと、あらかじめ設える20メートル近い3本の柱と屋根型覆の骨組み。18本の大柱境内にそびえ立つ姿もまた壮観。ここまでの「柱立て」「覆仕込み」の工程は祭の前日までに行われ、祭当日この覆を人力で柱のてっぺんまで引き上げます。

三河一色大提灯まつり覆覆の両脇には、各組異なる鬼瓦に見立てた木製の彫刻物が取り付けられます。各木材に相番が書かれているものの「組み方の説明書がないのでやりながら覚えて伝えていくしかないよね」とは氏子の声。文化継承のためにも説明書の作成を計画中だそう。

現在、柱立ての工程のみクレーンで行うそうですが、昭和49年(1974年)までは人力で立てられていました。なお、地中には柱を支える基礎となる「地輪」が埋設されており、ここに柱を立てていきます(かつては木製でしたが現在は鉄筋コンクリート製)。

ちなみに、元文(1736年~)、寛保(1741年~)時代に2本だった柱は、提灯の大型化や屋根型覆が付くようになったあたり、文化(1804年~)、文政(1818年~)の頃には重さに耐えられるよう3本の柱で支えるようになったそうです。

設計図も仕様書もなし!伝統の工程で大提灯を吊り上げる様は圧巻

祭当日の朝、氏子たちは神前でお祓いを受け、各組(全6組、ひと組30〜50名)に分かれ8時頃から作業を開始します。吊り揚げる提灯の数は6組12張(各2張)で、「柱立て」「覆仕込み」以降の当日の工程は「屋根形覆揚げ」→「大提灯運び出し」→「大提灯吊り揚げ」という流れ。大提灯が揚がるまでのこの壮大な様を、順を追って写真で紹介していきましょう。

・屋根形覆揚げ

準備された屋根形覆に10枚の障子をはめ込んだら、拍子木の合図とともに「カグラサン」(万力)を使って覆を柱の上に引き上げていきます。組全員でお互いの空気を読みながらバランスを調整して揚げていくのですが、覆の平行を保ちつつてっぺんまで上げるのが難しい!覆い揚げは、一色大提灯まつりの見所の1つとなっています。

三河一色大提灯まつり覆揚げ渾身の力を込めてカグラサンを押し、覆を引き上げる!怒号も飛び交う緊迫した作業。

三河一色大提灯まつり覆地上7〜8メートルの高さで作業!

・「大提灯運び出し」

境内にある各組の収蔵庫から、提灯2張を搬出。大きい物で直径5メートルを超える大提灯に「どの組でもいいから、手の空いている人は助けに入って!」と、それぞれの氏子たちが助け合うのが習わしだそう。これ、物理的なヘルプ要請の意味合いに加え、「仲良くやっていこうぜ、という町同士のアピールでもあるんだよ」と地元の人が教えてくれました。

三河一色大提灯まつり大提灯運び出し覆が揚がったら、いよいよ大提灯のお出まし!畳まれている大提灯を収蔵庫から屋根型覆の下まで注意深く搬出。

・「大提灯吊り揚げ」

大提灯が引き上げられていくにつれ鮮やかな絵巻が現れ、見守る人々から「おぉ〜」と歓声が。覆の横木と両脇の大柱に付けた滑車に通した太い綱を、男達が力を合わせて引っ張りあげる様が壮観です。11時頃には12張の大提灯すべてが揚がり、一気に祭の雰囲気が高まります。

三河一色大提灯まつり吊り揚げ提灯が広がるにつれ艶やかに描かれた“歴史絵巻”が現れ、境内の見学者からは拍手が。

三河一色大提灯まつり吊り揚げ所定の高さまで提灯が上がったら綱を大柱に巻き付けて留め、提灯上部に柱をわたす梁をはめ込み、提灯下部の大房紐を結びます。これで提灯の揺れを抑えることができます。

艶やかな巨大提灯で埋め尽くされた境内は、壮観!

すべての大提灯が境内を彩ると見物客も増え、一層賑やかになってきます。実はこの大提灯、江戸時代中期には氏子達の“大きさ合戦”がヒートアップし、遂には西尾藩から質素倹約を旨とし寸法制限令が出される事態に。

このあたりから“だいたい現在のサイズに落ち着いた”ということですが、江戸後期にはこの制限に不満を持った氏子達が規則を破った大提灯を掲げ、牢に入れられる騒ぎがあったそう。うーん!祭にかける男の意地、心意気は昔も今も熱い!

三河一色大提灯まつり夕方出揃った艶やかな大提灯に、境内は一気にお祭ムードに。

三河一色大提灯まつり絵巻大提灯に描かれた、歴史や神話を題材にした鮮やかな絵柄にも注目。例えば「中組」の提灯は知る人も多い“天岩戸”がテーマ。天照大神が天岩戸に隠れ八百万の神が困っている様子などが描かれています。組ごとに題材が異なるので、是非チェックしてみてください。

三河一色大提灯まつり提灯の中準備が一段落し氏子さん達の手が空いていれば、提灯の中に入って記念撮影も!

これら大提灯は長い歴史の中、約20年ごとに遷座祭などの機会に修繕を重ねてきたそうですが、近年の傷みはひどく大きな修復を余儀なくされました。平成6年から13年にかけてようやくすべての提灯の修復を終え、揃って献灯できるようになったそうです。

艶やかな大提灯の下で、「修復できる職人も京都にわずかしかおらず、また染料や和紙など同じ材料を手に入れるのも難しくなってきていて今後が心配ですよね」と、出揃った大提灯を前に、歴史ある神事を継承していく難しさを語っていました。

三河一色大提灯まつり神楽午後3時頃と8時頃、各組から選ばれた巫女たちにより、三河一色諏訪神社の神楽殿で神楽が奉納されます。

三河一色大提灯まつり夕日西日に照らされた大提灯がとても美しい。当時の人々も同じ景色を目にしていたのかと思うと感慨深いですね。

御神火の灯りだけ。漆黒の夜空に“ぼんやり浮かぶ大提灯”は神秘的

夜の帳が下りる午後7時から、祭のクライマックスである宵宮の献灯祭「火入れ式」が始まります。拝殿では各組の代表が神職のお祓い、祝詞奏上ののち、組名の入った提灯に御神火を受けます。

各大提灯の下まで運ばれた御神火は大蝋燭にうつされ、大提灯の中程まで吊り上げ、献灯。大提灯の底部を開き、最大で80㎏もある巨大蝋燭を若者たちが一気に引き上げる荒々しくも生命感みなぎる姿は、迫力満点です。

三河一色大提灯まつり大蝋燭01

三河一色大提灯まつり大蝋燭02拝殿前に並ぶ大蝋燭。人と比べるとその大きさが伺えます。

三河一色大提灯まつり境内提灯薄暮の境内には、祭のクライマックス「火入れ式」を見ようと多くの人々が集まってきました。浴衣姿が夏祭りを盛り上げてくれます。

三河一色大提灯まつり御神火拝殿から運ばれた御神火を灯した大蝋燭を、大提灯の底部から一気に中に引き上げる!

三河一色大提灯まつり中の蝋燭大提灯の真ん中あたりに吊された大蝋燭。大きさによって異なりますが、4〜5時間は燃え続けるそう。

御神火が大提灯に灯ると、薄暗い境内にぼんやりと大提灯が浮かび上がり、一種独特の雰囲気に包まれます。電飾や電球を使わない、蝋燭だけの灯りが導く幻想的な世界は必見。当時と同じ情景の中にいる—まるでタイムスリップしたかのようなこの不思議な感覚を味わえることが、この祭の醍醐味ではないでしょうか。

三河一色大提灯まつり夜01

三河一色大提灯まつり夜02電飾、電球は使わないからこその幻想的な世界。BGMがそこにいる人々の話し声や笑い声だけなのも、この空間に似合っています。

ちなみに現在、大提灯の蝋燭は夜11時頃には消灯(火を灯すのは1日目のみ)。2日目の午後5時、大提灯は最後の神楽を合図に降ろされ、祭は終わります。

コロナ禍により3年ぶりとなった三河一色大提灯まつり。「伝統をつなぐことが町同士をつないでいるからね、開催することが大事なことなんだよね」と語ってくれた保存会の方の言葉が印象に残りました。

参考資料:三河一色諏訪神社−参拝のしおり−(発行:諏訪神社社務所)

行ってよかった!祭の前に訪れたい「西尾市立一色学びの館」

初めてこの祭を訪れた筆者。祭についていろいろお話を伺っていると、地元の方が“ぜひ行くといいよ!”と教えてくれたのが「西尾市立一色学びの館」。西尾に暮らしてきた人々のアイデンティティや祭礼、芸能、習俗が工夫を凝らして紹介されています。

祭の日の諏訪神社のジオラマや大提灯の原寸大レプリカの展示のほか、ビデオによる解説など、祭の前に知っておくとより楽しめる情報がもりだくさん。諏訪神社から徒歩10分ほどの距離にあり、無料で入館できるので、ぜひ訪れてみてください!

三河一色大提灯まつり西尾市立一色学びの館館内に展示されている諏訪神社境内のジオラマ。祭当日には見ることができないいろいろな角度からチェックできます!

西尾市立一色学びの館 公式サイト

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 三河一色大提灯まつり
開催場所 愛知県西尾市一色町一色宮添129
三河一色諏訪神社
開催日 2022年8月27日(土)、2022年8月28日(日)
アクセス 名鉄西尾線西尾駅から名鉄バス東部三河一色行きまたは一色さかな広場・佐久島行船のりば行きで18分、一色大宝橋下車、徒歩10分
関連サイト http://nishiokanko.com/list/special/l...
https://www.mapple.net/spot/23000748/
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
東京生まれの東京育ち。卒論テーマは「吉原遊郭」。のち、出版社&WEBメディアの編集者/デジモノライターとして20余年。そして今、日本文化の原点を探るべくキャンピングカーでの“祭追っかけ”がライフワークに。“お香”の愉しみを伝える香司、和精油セラピストとしても活動中。推し社は「愛宕神社」。

あわせて読みたい記事