Now Loading...
マツログ

【水戸の桜まつり】夜間にライトアップされる千波湖を一周する遊歩道の桜並木

【水戸の桜まつり】夜間にライトアップされる千波湖を一周する遊歩道の桜並木

偕楽園の梅に続いて季節の移り変わりを知らせる千波公園の桜

日本三名園の一つに数えられる水戸市の偕楽園は、国内屈指の梅の名所となっていますが、季節の花が桜に変わる時期に主役となるのが、偕楽園の南に接する千波公園です。一周約3キロの千波湖を桜が取り囲み、例年3月下旬から4月中旬には湖畔を薄紅色に彩ります。2020年には3月22日~4月5日の期間で「水戸の桜まつり」が予定されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため規模を縮小して実施されました。

国内屈指の梅の名所、水戸市の偕楽園

西湖畔から眺める千波湖

千波湖の西湖畔

水戸の歴史が感じられる千波湖の西湖畔から広がる桜並木

偕楽園の東から偕楽橋を渡れば千波湖の西湖畔です。湖の西岸には黄門像広場が整備され、徳川光圀公、徳川斉昭公・七郎麻呂(慶喜公)など、水戸に暮らしながら日本史を築いた偉人の像が見られ歴史感が漂います。

偕楽園と千波公園を繋ぐ偕楽橋

黄門像広場の徳川光圀公像

黄門像広場の徳川斉昭公・七郎麻呂(慶喜公)像

千波湖の西湖畔には親水デッキが設けられているので、ここから周囲を見渡すと湖面から湖を取り囲む桜を眺めているような気分となります。

千波湖の西湖畔に設けられた親水デッキ

西湖畔の親水デッキから眺める千波湖

西湖畔の親水デッキから眺める千波湖の西岸

ボートで湖に漕ぎ出し白鳥と同じ目線で楽しむ桜

西岸からボートに乗って千波湖に漕ぎ出せば、360度のパノラマで桜に囲まれます。

千波湖西岸のボート乗場

ボートで漕ぎ出して湖面から眺める桜

ボートで漕ぎ出して湖面から眺める桜

ボートで漕ぎ出して湖面から眺める桜

千波湖には、白鳥、黒鳥、カモなど数多くの水鳥が暮らしています。白鳥のボートから桜を眺めると、湖を泳ぐ水鳥に親近感が産まれてくることでしょう。

千波湖で暮らす白鳥やカモ

千波湖で暮らす黒鳥

千波湖の西には花壇や、遊具広場、SL広場の他に和風茶屋や洋風カフェなどが設けられ、桜の花見の他にも様々な楽しみが溢れています。

千波湖の西岸に設けられた花壇

千波湖の西岸の遊具広場

千波湖の西岸のSL広場

千波湖の西岸の好文茶屋

千波湖の西岸の好文茶屋

千波湖の西岸の好文カフェ

千波湖の西岸の好文カフェ

千波湖の遊歩道から水戸駅まで続く桜並木

千波湖の全周には約3キロの遊歩道が整備されています。遊歩道に沿ってソメイヨシノなど約750本の桜が並木を作っています。湖畔を吹き抜ける清々しい風を感じながら、のんびりと桜の花の下を散策することができます。

千波湖の西岸に整備された遊歩道

千波湖の南岸の桜並木

千波湖の南岸の桜並木

千波湖の北岸の桜並木

千波湖の北岸の遊歩道からの眺望

千波湖の北岸の遊歩道からの眺望

千波湖の東端は千波大橋です。千波大橋の袂にも千波公園の入口が設けられています。

千波大橋の袂にある千波公園の東入口

千波湖の東湖畔からの眺望

千波大橋からの眺望

千波大橋からの眺望

千波大橋

千波湖から千波大橋を越えるとJR水戸駅南口に向かって桜川が流れています。川の両岸にも桜並木が続き、水戸駅まで桜の花を楽しむことができます。

桜川の両岸の桜並木

JR水戸駅の南に架かる桜川橋

JR水戸駅の南に架かる桜川橋

桜川橋の袂の水戸駅南口さくら西公園

ライトアップされ湖面を彩る夜桜

2020年の「水戸の桜まつり」では、様々なイベントが中止となってしまいましたが、夜間のライトアップは予定通り実施されました。18:00に点灯されると、時間とともに変化する残照を背景に桜がファンタジックな色彩を放つかのようです。残光がなくなると、湖面が桜の花で彩られます。

夜間に桜を彩るライト

時間とともに変化する残照を背景にファンタジックな色彩を放つ桜

時間とともに変化する残照を背景にファンタジックな色彩を放つ桜

千波湖畔でライトアップされる桜

千波湖畔でライトアップされる桜

千波湖畔でライトアップされる桜

千波湖畔でライトアップされる桜

桜の花で彩られる千波湖面

桜の花で彩られる千波湖面

桜の花で彩られる千波湖面

水戸市の偕楽園を梅が彩った後、季節の移り変わりを知らせるのが、千波公園の桜です。一周約3キロの千波湖の遊歩道には、ソメイヨシノなど約750本の桜が並木を作り、例年3月下旬から4月中旬には湖畔を薄紅色に彩ります。ボートに乗って湖に漕ぎ出せば、水鳥と同じ目線で湖を囲む桜を楽しむことができます。毎年「水戸の桜まつり」が開催され、期間中には夜間のライトアップが行われ、湖面に桜の花の化粧が広がります。

インフォメーション

名称 第36回 水戸の桜まつり【2020年規模縮小】
開催場所 茨城県水戸市市内各所
偕楽園/千波公園/桜山/桜川/水戸大師六地蔵寺/茨城県三の丸庁舎/大串貝塚ふれあい公園/内原渡満道路/黄門さんの漫遊さくら堤/茨城県庁など
開催日 2020年3月22日(日)~2020年4月5日(日)
※2020年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小して実施いたします。
主催 (一社)水戸観光コンベンション協会
アクセス 偕楽園までのアクセス
【電車】
JR「水戸駅」からバス約20分「偕楽園」下車
関連サイト http://www.mitokoumon.com/festival/sa...
written by
obaq

obaq

2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい