Now Loading...

水戸の梅まつり「チームラボ 偕楽園 光の祭」開催中!庭園を彩るアート空間

更新日:2021/3/21 高橋 佑馬
水戸の梅まつり「チームラボ 偕楽園 光の祭」開催中!庭園を彩るアート空間

水戸、偕楽園が舞台のお祭り

梅の名所として知られる水戸、偕楽園!日本三名園の一つにも数えられる名勝で、江戸時代末期の水戸藩主、徳川斉昭によってつくられた回遊式庭園です。この園内にはなんと100種類3000本にも及ぶ梅が植えられています!

こちらで毎年2月から3月にかけて「水戸の梅まつり」が行われていますが、2021年は夜にもお祭りを開催!デジタルコンテンツ・アートを手掛けるチームラボとのコラボレーションで「チームラボ 偕楽園 光の祭」が実施されています!

※昼間の水戸の梅まつりの様子は、こちらの記事をご覧ください。

水戸の梅まつり2021開催中!梅満開の偕楽園で、梅大使が見どころを紹介!

水戸の梅まつり

偕楽園内へ入ると早速現れる梅の木と光のコラボレーション。光によって、どこまでも空間が続いていくかのような、不思議な感覚に浸されていきます。

水戸の梅まつり

呼吸をするかのように、様々な色の光が照らす梅林。世界に引き込まれます。

水戸の梅まつり

水戸の梅まつり

好文亭を照らす、線のアート

偕楽園内にある絶景が見渡せる建物、好文亭。その前にあるツツジ、杉や竹の森を、光のアート作品が照らします。手前は緑の線の光が、奥は様々な色が変化しながら輝き、独特な空間を演出しています!

水戸の梅まつり

水戸の梅まつり

手前側は、観客の身体にも光が映り、それによって起こる変化もユニークです。

水戸の梅まつり

 

卵型の光が彩る杉の森

好文亭エリアを抜けると、次に広がるのは大きな杉の森。その杉の根元に、色を変えながら森を照らす卵型の光が無数に配置されています。

水戸の梅まつり

ピンク色の光が照らします。

水戸の梅まつり

青くなると雰囲気もまた変わりますね。

水戸の梅まつり

中には触れる光もあり、子どもたちが楽しんでいました!

水戸の梅まつり

いっぺんに何色もの光が揃うとかわいらしいですね!

水戸の梅まつり

巨木を照らす花

偕楽園を奥へと奥へと進んでいくと現れる巨大な杉の木。樹齢800年以上とも言われるこの木に、花の光のアートが施されています。

水戸の梅まつり

カラフルな花が彩る大きな杉の木。この映像は録画ではなく、コンピュータによってリアルタイムに描かれていると言うのも驚きです!そのため、この柄を見られるのはこの瞬間だけ!

水戸の梅まつり

孟宗竹林を進む動物

大杉並木を抜けると、孟宗竹林が広がります。その側面を飾るのが、こちらの動物たちの光のアートです!

水戸の梅まつり

カエルにウサギに牛に、まるで鳥獣戯画かのようなほのぼのとした世界が広がります。こちらも先ほどの大杉のアート同様、この瞬間にしか見られない映像となっているので要チェックです!

水戸の梅まつり

梅林のライトアップ

最後を飾るのは、梅林のライトアップ!と言っても常に明るいわけではなく、明暗が呼吸のように繰り返され、梅林の中の空気に引き込まれていきます。

水戸の梅まつり

この梅林の散策路は複数に分かれており、光で照らされたお気に入りの梅を探すのも良いかもしれません!

水戸の梅まつり

梅林を抜け、偕楽園から出ると露店も立ち並んでいます!各店おいしそうな良い香りを漂わせていますので、お帰りの際にはぜひ覗いてみてください!

水戸の梅まつり

チームラボ 偕楽園 光の祭は、3月31日まで毎晩開催です!土日は当日券の販売が無しとのことで、ネット予約が便利になっています。

■事前のチケット購入はこちらから

https://www.teamlab.art/jp/e/kairakuengarden/

ぜひお近くの方は、非日常を味わえる夜の偕楽園へ来てみてください!

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

日本の行事・風習

あわせて読みたい記事