Now Loading...
【水戸の梅まつり】日本三名園に数えられる偕楽園の梅林は国内屈指の梅の名所

日本三名園の一つで開催される「水戸の梅まつり」

茨城県水戸市の偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに「日本三名園」の一つに数えられています。園内には約100種、約3000本の梅が、植栽され国内屈指の梅の名所となっています。例年2月中旬から3月下旬にかけて、「水戸の梅まつり」が開催されています。2020年は当初は2月15日~3月29日の予定で行われましたが、諸般の事情によって2月26日以降の企画イベントが全て中止となりました。

2020年の「水戸の梅まつり」のパンフレットの表紙

JR水戸駅正面に掲示される「水戸の梅まつり」の案内

JR水戸駅改札口の「水戸の梅まつり」の掲示

JR水戸駅構内に貼られる「水戸の梅まつり」のポスター

水戸藩第9代藩主徳川斉昭が開園した偕楽園

偕楽園は水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって、1842年7月1日に開園されました。徳川斉昭は1833年に藩内を一巡した後、水戸の千波湖に臨む七面山を切り開き回遊式庭園を造る構想を持ったのです。園内中央の見晴広場の一画には、徳川斉昭が園創設の趣旨と経過を記した偕楽園記碑が残されています。

園内に建つ好文亭から眺める偕楽園

園内に建つ好文亭から眺める千波湖

園内に建つ好文亭から眺める千波湖

千波湖

偕楽園と千波湖を繋ぐ偕楽橋

偕楽園中央の見晴広場の一画に残る偕楽園記碑

偕楽園には、東門、南門、西門の3つの入口から入ることができます。この内、東門はJRの駅や園内の梅林にも近いので、東から園内に入る人が多いようです。

偕楽園の東門

偕楽園の西門

360度のパノラマで梅花の眺望が広がる東西梅林

東門は偕楽園で最も広い面積を占める東西梅林の南東端にあたります。東門を入って北あるいは西に進むと、身のまわり360度が梅の花で包まれます。

東西梅林の南東端にあたる偕楽園東門の中

東西梅林の南東端にあたる偕楽園東門の中

広大なエリアに梅が植栽される東西梅林

広大なエリアに梅が植栽される東西梅林

広大なエリアに梅が植栽される東西梅林

広大なエリアに梅が植栽される東西梅林

広大なエリアに梅が植栽される東西梅林

広大なエリアに梅が植栽される東西梅林

東西梅林の北部

東西梅林の南部

個性的な姿を見せる「水戸の六名木」

見わたす限りの梅花に訪れた人々は圧倒されていますが、園内には数々の名木が育っています。特に「水戸の六名木」は、個性的な枝ぶりや、花の色や形を見せてくれます。ただ、咲く時期に若干の違いがあるので、全ての梅が見頃となる時期は限られた期間になるようです。

「水戸の梅まつり」のパンフレットの中で紹介される「水戸の六名木」

「水戸の六名木」の中の「烈公梅」

「水戸の六名木」の中の「白難波」

「水戸の六名木」の中の「白難波」

「水戸の六名木」の中の「虎の尾」

「水戸の六名木」の中の「虎の尾」

「水戸の六名木」の中の「月影」

「水戸の六名木」の中の「江南所無」

「水戸の六名木」の中の「江南所無」

「水戸の六名木」の中の「柳川枝垂」

「水戸の六名木」の中の「柳川枝垂」

見晴広場の仙奕台から眼下に広がる絶景

東西梅林の南には見晴広場が広がります。まつりの期間中の休日には、見晴広場を中心に魅力的なイベントが企画されていましたが、2020年は2月26日以降のプログラムが全て中止となりました。ただ広場の南の仙奕台(せんえきだい)からは見事な眺望が広がります。

偕楽園のマップ

偕楽園の見晴広場

2020年の「水戸の梅まつり」のパンフレットのイベント案内

2020年の「水戸の梅まつり」のパンフレットのイベント案内

見晴広場に姿を現したマスコット

見晴広場の仙奕台

見晴広場の仙奕台からの眺望

見晴広場の仙奕台からの眺望

江戸時代からイベント会場として利用される好文亭

見晴広場の西には好文亭が建っています。徳川斉昭が自ら建築場所を決め、建築意匠まで行ったと伝わります。ここで詩歌の会などが催され、数多くの文人墨客、家臣、領地の人々が集まりました。

好文亭の入口

好文亭の中庭

好文亭の中の梅の間

好文亭の楽寿楼の3階

豊かな表情が満ち溢れる偕楽園の内外

好文亭の西には大杉森や孟宗竹林などのエリアがあり、梅林とは異なる風景を楽しむことができます。太郎杉の袂では、吐玉泉が清らかな水を湧き出しています。

杉林を縫う遊歩道

太郎杉

吐玉泉

孟宗竹林

偕楽園の園内には、東西梅林の広大な梅の園がありますが、園外にもいたるところで、梅の花が初春の彩りをつけています。

偕楽園の東門付近の大日本史完成の地

偕楽園の南東部

偕楽園の西門の袂で水を湛える池

偕楽園の西門の袂で水を湛える池

偕楽園の南東端から眺める田鶴鳴梅林

偕楽園の南西端から眺める田鶴鳴梅林

東門には観光案内所が設けられ、園内を案内してくれるボランティアの姿も見られます。売店では水戸の特産物が勢揃いしており、門の外には数多くの露店が軒を連ねています。

東門の観光案内所

東門の歴史アドバイサー水戸

東門の売店

東門の売店

東門の外で軒を連ねる露店

「水戸の梅まつり」は日本三名園に数えられる偕楽園で、例年2月中旬から3月下旬にかけて開催されています。2020年には124回を迎え、梅の名所として全国各地に知れわたっています。広大な面積をもつ東西梅林に入ると、360度のパノラマで梅花に包みこまれます。

written by
obaq

obaq

2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい