Now Loading...

那智の扇祭りが3年振りの通常開催へ 「普段通りの開催に感謝」

那智の扇祭りが3年振りの通常開催へ 「普段通りの開催に感謝」

写真提供:熊野那智大社

和歌山県の熊野那智大社例大祭(通称:那智の扇祭り)が7月14日に、3年振りに通常開催される。

熊野那智大社例大祭は、通称「那智の火祭」、「扇祭」として知られている。西暦317年に現社地に遷座された熊野の神々を元宮である、那智の滝元にお遷ししたことが起源で、1700年以上の歴史を有すると言われている。

那智の滝の前で、参道を清める御火行事が見どころの一つ。白装束の男たちが重さ50キロ以上の大松明を抱え、石段を駆けめぐる。那智の田楽も有名で「見せる芸能」である衣装や道具も煌びやかになっている。

一昨年は、扇神輿と松明、那智の田楽が中止になり、関係者のみで神事を行った。去年も縮小開催で宵宮祭のみ那智の田楽を行い、扇神輿と松明も数を減らして開催したという。

今年、3年振りとなる通常開催に踏み切った理由について、熊野那智大社の神職の花薗さんは、「感染状況が落ち着きつつあり、神事なので普段通り執り行うのが本義だと考えたから」と話す。開催が決定すると、一般公開も3年振りとなるため多くの問い合わせがあったという。

花薗さんは、「お祭りを執り行う者として、皆様の前で開催されることを嬉しく思う。楽しみにされている方も全国にいらしゃるので、そういった方が3年振りにきていただけることに感謝したい。お祭りを普段通りに行えるように準備したい」と意気込む。

感染症対策として、関係者は体温を測り、抗原検査を受けた上で参加する。拝観者には、マスクの着用を呼びかけるという。

 

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事