Now Loading...
マツログ

沖縄を熱くする那覇ハーリー!ただのレースではない、その魅力とは?

沖縄を熱くする那覇ハーリー!ただのレースではない、その魅力とは?

ハーリーとは漢字で「爬竜」と書き、爬竜船で競い合う、豊漁や海の安全を祈願するお祭りです。那覇ハーリーは、沖縄のハーリー行事は数多くありますが、規模として見れば最大です。お祭り初日の5月3日は、那覇市内の中学生による学校対抗戦と一部の職域対抗戦が行われ、最終日の5月5日には、「御願(ウガン)バーリー」と「本バーリー」が開催されます。那覇ハーリーは、競漕のほかにも、一般体験乗船やお笑いステージ、ライブ、相撲大会、打ち上げ花火など、さまざまなイベントが目白押しです。

那覇ハーリーの歴史

那覇ハーリーの歴史は古く、今からおよそ600年前の琉球王朝時代に、中国から伝わった爬龍船競漕がルーツといわれています。ゴールデンウィークに開催されるこのお祭りは例年、3日間で約20万の入場者があるとのことです。

那覇ハーリーは体験できる!?

那覇ハーリー2日目の5月4日には、ハーリー一般体験乗船が実施され、会場に行った方は、無料で直接ハーリーに乗船可能です。ハーリーを観戦するとその熱気から、体験してみたいと思う方が多い模様。ですから、ハーリーを体験してみたい方は、早めに会場入りした方がいいでしょう。

那覇ハーリーの見どころは?

やはり最終日の「御願バーリー」と「本バーリー」でしょう。まず「御願バーリー」は、伝統衣装を身にまとい、船上でハーリー唄を歌ったり、演舞を舞ったりしながら、海の神様に航海安全や大漁祈願、地域発展を祈願します。一方、「本バーリー」は、那覇や久米、泊の地域の爬竜船が海上で繰り広げる競漕です。白熱する競漕に、見る者も思わず手に汗握り身を乗り出して応援してしまうほどです。

 

View this post on Instagram

 

** 毎年恒例、先輩宅での花火鑑賞✨ 打ち上げ会場の真ん前の特等席。 ・ ・ #那覇ハーリー #花火 #gw

@ iirabsmiiがシェアした投稿 –

那覇ハーリー以外に抑えておくべきポイントは?

那覇ハーリーと同じ日程で、花火大会や相撲大会、お笑いライブやダンスコンテストなどが開催されます。また屋台もずらりと並ぶことから、那覇ハーリーは、誰もが目で肌で耳で舌で楽しめるお祭りと言っても過言ではないでしょう。

 

View this post on Instagram

 

#那覇ハーリー #南風原高校 #郷土芸能部 #南風原 #沖縄県

Okinawamovieさん(@okinawaeisa)がシェアした投稿 –

那覇ハーリーの基本情報

・開催日時:2019年5月3(金)〜5(日)日 10:00〜21:00
・開催場所:那覇新港ふ頭
・料金:無料
・駐車場:なし
・アクセス:公共交通:ゆいレール(沖縄モノレール)美栄橋駅→徒歩15分

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい