Now Loading...

蛇窪神社例大祭 -深川富岡八幡葵太鼓-

更新日:2020/10/8 ちゃそっこ
蛇窪神社例大祭 -深川富岡八幡葵太鼓-

品川区にある蛇窪神社では毎年9月に例大祭である「蛇窪祭」が行われています。 繁栄を祈願する一年で最も大切なお祭りで、大勢の人々で賑わいます。2020年の本年はコロナで御神輿は中止のようでしたが、太鼓の演奏や巫女の舞等、奉納のための多彩な催しが開催されておりましたのでレポートいたします。

蛇窪神社の賑わいが戻ってきた

東急大井町線中延駅の閑静な住宅街にある蛇窪神社ですが、新型コロナの影響でどこも人出が減っている中、かなり人出を戻しているお祭りだなと思いました。

HPによると蛇窪神社の旧社名は「神明社」。天照大御神・天児屋根命(あめのこやねのみこと)・応神天皇の御三柱をお祀りする以前は、蛇窪龍神社だったそうです。創建の史実にある雨乞い祈願を白蛇が住んでいた龍神社(現在の消防団詰所)で行う際に、お稲荷さんもお祀りしました。この祈願を基に構成されて建立された神社であり、御本殿に祀られる御三柱の他、稲荷社、弁天社に祀られる全ての神さまを総称し『蛇窪大明神』と奉称しているとのことです。

充実の屋台とコロナ対策

入場時の安全確認や、三密にならないような案内がスタッフにより徹底されておりました。入口から出口まで導線1本で逆行禁止という対策が取られ、再入場時の検温等も徹底されており、場内に居るすべての人が安全にお祭りを楽しめる対策が施されていたと思います。またコロナによる制限だけでなく、例大祭は入口から出口まで屋台が充実しており驚きました。なんと「鬼滅の刃」のアニメ屋台まであり、流行りものを取り入れたり、ゲーム系は上手く景品が取れなくても貰って嬉しものをくれる等、楽しめるよう工夫されていたように見受けられました。ライターはタピオカや甘いものを楽しみながら、太鼓の演奏を待っていましたが、充実した屋台散策となりました。

炸裂!深川富岡八幡葵太鼓

江戸三大祭の一つ「富岡八幡宮 例大祭」の大人神輿54基の出発式で演奏を行う「葵太鼓」の皆さんの演奏です。その日はなんと朝7時から鳥居の前での御神輿の送り出しに1時間半程演奏しっぱなしだそうです。
今年は富岡八幡宮の例大祭は中止となってしまいましたが、蛇窪神社での演奏を楽しむことが出来ました。「風」「祭」「秩父の屋台囃子」「雷鳴」「彩」の5曲を様々な和太鼓を使いながら演奏しており、迫力満点!1曲だけ小さな太鼓奏者が参加されてましたが、大人の演奏について行くのが大変そうで可愛らしい様子でした。

充実のオンライン配信

19時 豊栄の舞、浦安の舞

蛇窪神社(天祖神社)さんの投稿 2020年9月20日日曜日

蛇窪神社のオンライン配信はとても充実しています。Facebookでは蛇窪祭のライブ配信が行われておりました。例大祭式典、セイジャの戦隊ヒーローショー、富岡八幡「葵太鼓」、そして最終日の巫女の舞。とても充実していて見ごたえがあります。

こちらは海外に向けた神社の紹介動画『How to enjoy Hebikubo Shrine』。義務教育程度の英語で解説されてますので、中学生や高校生の英語の勉強にもなります。他にも日本のフリーアナウンサーを起用した神社の紹介動画など、コロナ禍でも積極的にPRの努力をされている蛇窪神社の取組みに敬意を表するばかりです。定期的に行事を行っているようですので、今後も蛇窪神社の情報が見逃せません!

蛇窪神社 https://hebikubo.jp/

蛇窪神社Facebook https://www.facebook.com/hebikubo

ちゃそっこ
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
東京を中心にお祭り巡りをしている、ちゃそっこです。町内のお祭りから建国記念パレードまで楽しそうなお祭りであれば、大体何処にでも出現します。悩みは夏祭りの予定かぶり。

あわせて読みたい記事