Now Loading...
マツログ

「新居浜太鼓祭り」街が祭り一色!進化する男祭り|観光経済新聞

「新居浜太鼓祭り」街が祭り一色!進化する男祭り|観光経済新聞

2019年からスタートした、観光経済新聞のオマツリジャパンコラム記事連載!2020年も「お祭り」をフックに、旅に出たくなる記事の連載をして参ります!奇祭好き、ケンカ祭り好き、お神輿好き…等、様々なライターさんに記事を執筆いただく予定ですので、ぜひご覧ください♪(オマツリジャパン編集部)

街が祭り一色!進化する男祭り

工都新居浜。この街の人々は皆、胸の内に鳴り止まぬ鼓動を秘めている。

遡るは江戸時代、別子銅山開坑を皮切りに街は急激なスピードで発展していった。
現在も瀬戸内工業地帯の一角を形成する小さな街では、のちに財閥と呼ばれる多くの住友グループ企業が産声を上げ、世界有数の産出量を誇った銅は当時の日本経済を力強く支えた。
新居浜は銅により活気づき、祭りで神輿と渡御を行っていた山車は市民の潤沢な資金、祭りへの愛により大きく煌びやかに変貌していく。
現在の太鼓台へと進化を遂げる中で、独自の歴史的背景により洗練された形は新居浜型と呼ばれるようになった。
勇壮華麗、そして男祭りと称される新居浜太鼓祭り。
愛媛県東部特有の方言も相まって、祭りに熱狂する市民に対して堅く恐い印象を持つ人は多いだろう。
しかし普段の新居浜人は新しい人やモノに寛容で、驚くほど謙虚だ。
人々は熱い思いを内に秘め、十月中旬に迎える祭り本番までの日数を指折り数えながら日常を過ごしている。

金木犀が香り出す頃、稲穂と共に市民の心は黄金色に色付き、街は祭りムード一色となる。
五十四の太鼓台が太鼓を打ち鳴らし、集会所には多くの人が集う。沿道には幟が立ち、各家庭では法被の準備が進む。
新居浜を離れて暮らす人々も盆・正月の大型連休を返上して一斉に帰省を始める。
鼓動はもう抑え切れない。さあ祭りの始まりだ。
男達は秋の実りと豊漁、今年も健やかに祭りができることに感謝し、その喜びを爆発させる。
金糸で縫い取られた飾り幕、舁き夫達の息遣いを荒々しく表現する大きな房、指揮者の笛で変化する掛け声と秋空に響く太鼓の音。
各地区の誇りをかけて天高く差し上げられた太鼓台は市民、観光で訪れた人、仕事で新居浜に移り住んできた人の心を揺さぶる。

瞬く間に過ぎゆく三日間は人々に大きな感動と余韻を与え、宴席での思い出話に花を咲かせる。
そして鼓動は翌年へ、移り住んで来た人達へ、次の世代へと引き継がれていくのだ。

観光経済新聞のWEB版記事はこちら

新居浜太鼓祭りを解説した記事はこちら

インフォメーション

名称 新居浜太鼓祭り
開催場所 愛媛県新居浜市
愛媛県新居浜市 新居浜市内8地区(川西地区・川東地区・川東西部地区・船木地区・角野地区・泉川地区・中萩地区・大生院地区)
開催日 2019年10月16日(水)~2019年10月18日(金)
地区により異なる、詳細は要問合せ
主催 8地区太鼓台運営委員会(協議会)
アクセス JR予讃線新居浜駅からせとうちバス住友病院前方面行きで4分、市役所前下車すぐ(川西地区・一宮神社)
関連サイト http://www.city.niihama.lg.jp/
https://www.mapple.net/spot/38000124/
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい