Now Loading...

「沼田まつり」女性にだけ担げる天狗みこし|観光経済新聞

更新日:2021/3/10 高橋 佑馬
「沼田まつり」女性にだけ担げる天狗みこし|観光経済新聞

2019年からスタートした、観光経済新聞のオマツリジャパンコラム記事連載!2020年も「お祭り」をフックに、旅に出たくなる記事の連載をして参ります!奇祭好き、ケンカ祭り好き、お神輿好き…等、様々なライターさんに記事を執筆いただく予定ですので、ぜひご覧ください♪(オマツリジャパン編集部)

女性にだけ担げる天狗みこし

上州沼田。群馬県北部、利根川の上流に位置する沼田市は、古くから沼田城の城下町として発展してきた街だ。関東と新潟をつなぐ交通の要所に位置し、戦国時代には上杉、北条、真田が取り合ったことでも歴史好きの間では有名な土地かもしれない。そんな沼田で8月頭に行われる夏祭り「沼田まつり」は、一風変わったことでも知られている。その主役は、巨大なてんぐ(天狗)だ。

 沼田はてんぐとの結びつきが強い街である。日本三大てんぐの迦葉山弥勒寺にはじまり、街中には石像に祠にてんぐだらけ。そのてんぐをお神輿(みこし)に掲げ、巨大な「天狗みこし」として女性だけで担ぐというのが沼田まつりの名物だ。お面のようにも見えるそのてんぐの大きさは規格外。鼻の長さは2.9メートル、顔の大きさは縦が4.3メートル、幅が2.3メートルと、軽自動車よりも優に大きいサイズだ。この天狗みこしの鼻を空高く掲げ、全国から集まった300人もの女性が担ぎ、練り歩く。「サァ、サァ」と女性の声が響き、てんぐが上下に揺れながら進んでいく。

 沼田まつりの見どころは他にもある。山車の競演と祭ばやしだ。素戔嗚尊や弁慶などの人形が乗る山車は、色鮮やかで見る者を楽しませる。お囃子(はやし)を奏で、カネを鳴らしながら巡行し、山車が集まるタイミングはより一層盛り上がり必見だ。ちなみに沼田では山車のことを「まんど」と呼び、一説には「万灯」が変化したものではという。また、沼田まつりの別名は「おぎょん」。なんだそれは、と思った方もいるかもしれないが、「お祇園」がなまり、愛着を持ってこう呼ばれるようになったそうだ。

 夕方に動き出した天狗みこしだが、日が暮れてくるとまた違った顔を見せてくれる。提灯に照らされ、ぼわっと浮かび上がるてんぐの顔は、どこか幻想的な雰囲気を醸し出す。いまでは名物となった天狗みこし。そもそもは男性が担ぐお神輿はあるが、女性が担げるお神輿を作ろうという課題意識から1983年に作られたものなんだとか。お祭りの新たな魅力を沼田で見ることができた。

観光経済新聞のWEB版記事はこちら

祭り開催情報

名称 【2021年開催中止】沼田まつり
開催場所 群馬県沼田市中心市街地
開催日 2021年8月3日(火)~2021年8月5日(木)
天狗みこしは18:20~21:30(3日)、18:30~(5日)、千人おどりは18:40~19:40(3日)、各町まんどは13:30~22:00(3~5日)、町みこし渡御は17:00~22:00(3日・4日)、神社みこしと祭ばやし共演は20:00~23:00(5日)
主催者 沼田まつり実行委員会
アクセス JR上越線沼田駅から徒歩15分(沼田市役所)
関連サイト https://www.city.numata.gunma.jp/kank...
https://www.mapple.net/spot/10000342/
高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事