Now Loading...

小川町七夕まつりのルーツは和紙?3年ぶり開催を竹飾り、屋台が盛り上げる

更新日:2022/7/24 高橋 佑馬
小川町七夕まつりのルーツは和紙?3年ぶり開催を竹飾り、屋台が盛り上げる

埼玉・小川町の夏祭り

埼玉県の中部、比企郡に位置する小川町。古くから江戸と川越や秩父、さらには群馬などの北方諸県を結ぶ宿場町として発展し、盆地に広がる古い街並みを残す市街地は「武蔵の小京都」と言う名称で呼ばれています。また1300年以上の歴史があるとされる小川和紙の名産地として知られ、商工業の盛んな街と言った側面もある町です(埼玉県を代表するヤオコー、しまむらと言った2つの企業の発祥も小川町)。

そしてその小川和紙が活躍するお祭りが、毎年7月に開催されています。その名も「小川町七夕まつり」!

小川町七夕まつり

小川町七夕まつりは毎年7月下旬に開催されるお祭りで、2022年は7月23、24日に行われています。お祭りの誕生は戦後間もない1949年(昭和24年)。洋紙が台頭してくる時代背景の中、和紙の普及を図ろうとスタートし、今年で第74回を数えるまでになりました!また小川和紙は2014年に、埼玉県初のユネスコ登録(無形文化遺産)もされています。

小川町七夕まつり

ここからは、3年ぶりの開催となった初日(7月23日)の小川町七夕まつりの様子を、小川町近隣で育った筆者の目線でお伝えしていきます!

小川和紙がふんだんに使われた竹飾り

お祭り会場への玄関口となる小川町駅を出ると、歩行者天国となったメイン通りに広がる竹飾りの数々。小川和紙の普及を目的にはじまったお祭りと言うだけに、竹飾りにはカラフルな和紙がふんだんに使われています!

小川町七夕まつり

日本三大七夕まつりの一つ「仙台七夕まつり」を参考にはじまったそうですが、今では独自の発展を遂げ、北関東一の竹飾りコンクールが開催されるまでになりました(今年は感染症対策の観点から中止)。

小川町七夕まつり

数々の竹飾りがありますが、特徴的だったのがスポーツを象ったぼんぼり。バスケットボールや剣道、奥にはサッカーボールもあります!

小川町七夕まつり

今年は、会場全体で107本の竹飾りが掲げられているとのことですが、一本一本に違いがあり、見応えがありますね!

小川町七夕まつり

メイン通りだけでなく、こんな横道にも竹飾りが!千羽鶴の吹き流しも見事。

小川町七夕まつり

夏祭り、浴衣を着て散策するのも良いですね!

小川町七夕まつり

竹飾りは道路だけでなく、町中のお店の軒先にも飾られています。こちらは小川町らしく、紙屋さんの竹飾りです!

小川町七夕まつり

小川町七夕まつり

こちらも紙屋さん。小川町には複数の紙屋さんがあり、紙漉き体験などを行うことができる場所もあるんです!

小川町七夕まつり

駅前の食堂の前にも飾られています!

小川町七夕まつり

続いては小川町名物の一つ、女郎うなぎを提供する福助さんです!武蔵の小京都を代表する歴史ある建物に掛かる飾りは映えますね!

小川町七夕まつり

お次は、こちらも名物、忠七めしを提供する旅館二葉さんです!黄色の飾りが掲げられていました。旅館二葉さんは国の登録有形文化財の建物の宿で、美しいお庭があることでも知られています。

小川町七夕まつり

小川町七夕まつり小川町名物の「忠七めし」。八代目当主・八木忠七が、幕末の三舟と呼ばれた幕臣の山岡鉄舟との出会いで生まれた料理。海苔を散らしたご飯に秘伝のつゆをかけていただく。

屋台引き回しが見どころ!

日も暮れ始める頃、お祭りをさらに盛り上げる屋台引き回しがはじめられます。その出発式が16時半に執り行われ、鏡開きなどが実施されました!

小川町七夕まつり鏡開きに合わせ、町内3酒蔵の樽が並ぶ。小川町は酒蔵の人口密度日本一の町と言う情報も。

さあ、屋台が町内各所へと引き回されていきますよ!

小川町七夕まつり

お囃子もスタートし、屋台が動きはじめました!

小川町七夕まつり

屋台の天井に描かれた見事な雲龍も見どころです!

小川町七夕まつり

お囃子が町中に響き渡るのはいいですね!笛の音色、太鼓の音が心地よく響きます!

小川町七夕まつり

提灯の先導で進む屋台。

小川町七夕まつり

屋台の裏側へも回ってみました。祭半纏がかっこいいです!

小川町七夕まつり

竹飾りのある通りへとたどり着いた屋台。こちらでもさらに気合の入ったお囃子が奏でられていきます!

小川町七夕まつり

小川町七夕まつり

屋台だけでなく、小川駅入口交差点にもステージが用意され、両日とも13時から20時まで小川祭ばやしの披露が行われています!

小川町七夕まつり

屋台を見逃した、と言う方はこちらがおすすめです!

小川町七夕まつり

グルメ、遊べる露店も!

お祭りに欠かせないのは、やっぱり露店ですよね!今年は感染症対策から例年とは違い、飾り付け区域と飲食区域を分けての実施となりましたが、露店が出ています!

小川町七夕まつり

飾り付け区域にあるのは遊べる露店。人形すくいや宝つりなどが並んでいますね!

小川町七夕まつり

お祭りの定番、射的ができる露店も出ていました!

小川町七夕まつり

小川町七夕まつり

人形はこんな風にすくえます。

小川町七夕まつり

金魚すくいもありました!夏の思い出に、お家に連れて帰れると良いですね!

小川町七夕まつり

小川町七夕まつり

グルメの露店は、町役場横の駐車場に集約。こちらも飲食区域に入るまで、竹飾りが出迎えてくれます!

小川町七夕まつり

この地域の名物、味噌だれで食べる焼き鳥がありました!

小川町七夕まつり

埼玉以北の北関東ではよく見られる、いか焼きの姿も!

小川町七夕まつり

お祭りグルメの鉄板、お好み焼きも欠かせないですね!

小川町七夕まつり

お祭りは両日とも20時まで。日が暮れてからの露店も味があります。

小川町七夕まつり

紙漉き体験もできる

お祭りの開催に合わせて、紙漉き体験ができる場所もありました!さっさっさっ、と木枠を揺らして紙漉きを行っていきます。

小川町七夕まつり

その後は乾燥です。20分ほどでできあがるとのことで、お祭りを見ている間に紙が完成するのは嬉しいですね!

小川町七夕まつり

また小川和紙をもっと本格的に知りたいと言う方には、小川町和紙体験学習センターがおすすめです。こちらでは小川和紙の歴史を学べ、展示物の見学などを行うことができます(お祭り期間中は閉館となっていましたので注意)。

小川町七夕まつり

槻川小川町を流れる槻川。昔はこの川の水を活かし、紙漉きが行われていた。

アクセス

・池袋より東武東上線で約70分。

・川越より東武東上線で約40分。

・高崎よりJR八高線で約60分。

・八王子よりJR八高線で約80分

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 第74回小川町七夕まつり
開催場所 埼玉県小川町
小川町駅付近
開催日 2022年7月23日(土)、2022年7月24日(日)
関連サイト https://www.town.ogawa.saitama.jp/000...
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事