Now Loading...
マツログ

1週間限定!大阪造幣局「桜の通り抜け」でのお花見の楽しみ方をご紹介♪

1週間限定!大阪造幣局「桜の通り抜け」でのお花見の楽しみ方をご紹介♪

造幣局とは、その名の通り日本の硬貨を製造している場所であり、普段は気軽に立ち入ることはできません。しかし、毎年桜が開花する時期に合わせて、1週間限定で一般公開されるのです。

大阪造幣局でお花見楽しむための情報を、まとめてご紹介します。

大阪造幣局のお花見写真をご紹介!

View this post on Instagram

#2018櫻花 #大阪造幣局桜の通り抜け #京都旅行 #櫻花賞 #漂亮

Joyce Laiさん(@joyce.lai.75248)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

#さくら #桜 #桜の通り抜け #大阪造幣局桜の通り抜け #夜桜 #cherryblossom

umeさん(@sanctuary.of.zitah)がシェアした投稿 –

桜の種類の多さが見もの!

大阪造幣局でのお花見は、レジャーシートを敷いて飲食をしながら桜の花を観賞する、というスタイルではありません。通路を南口から北口へと、一方通行で進みながら観賞するので、「桜の通り抜け」と呼ばれるようになったとか。その歴史は長く、明治から続く風物詩となっています。

桜の通路は約560mにも及び、全国各地から集められた珍しい桜が所狭しと咲き誇ります。その種類なんと約134種!オオテマリやコデマリなど、他ではなかなか見られない多種の桜を見ようと、毎年60万人近くの人が訪れるそうです。

日没後には、提灯で光が当たっている桜を眺めることができて、日中とはひと味違った、夜桜の美しさを堪能することができますよ。

桜の時期にちなんだお祭りなどは開催されておらず、造幣局内は飲食禁止ですが、そのかわりに造幣局周辺には屋台がたくさん並んでおり、まるでお祭りのような、賑やかな雰囲気を楽しむことができます。

ひと味違ったお花見を

「お花見」と聞くと、レジャーシートに座って賑やかに飲食をしながら…というイメージがありますが、大阪造幣局の「桜の通り抜け」は、ひと味違ったお花見を楽しむことができます。一年のうち、たった7日間だけ立ち入ることができる場所、という限定感も魅力的ですね。

多種多様な桜の花を愛でながら、ゆっくりとその下を歩く…明治時代から人々に親しまれてきた方法で、お花見をしてみてはいかがでしょうか。

大阪造幣局の基本情報

【場所】大阪府大阪市北区天満1−1−79
【アクセス】地下鉄京阪天満駅より徒歩15分
【駐車場】なし
【開園時間】10:00〜21:00(土日は9:00〜)
【トイレ】あり(2か所)
【ペット入場】不可

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい