Now Loading...

なんば光旅が開催中!大阪ミナミのなんばパークスに輝く光の滝やオーロラフォレスト

更新日:2021/12/21 obaq
なんば光旅が開催中!大阪ミナミのなんばパークスに輝く光の滝やオーロラフォレスト

大阪ミナミの「なんばパークス」を中心に開催される「なんば光旅」

大阪市は東京に次ぐ国内第二の都市です。古くから日本経済をリードする都市の中で、エネルギッシュなエンターテインメントに溢れるのが、大阪市中央区の難波です。数々の劇場の他に、道頓堀などを中心に飲食店がひしめき合っています。四六時中、人の波が絶えない難波は毎年、年末から年始にかけて鮮やかなイルミネーションで彩られます。2021年11月5日~2022年2月20日には、「なんばパークス」を中心として「なんば光旅」が開催されています。

難波の北エリアの道頓堀

道頓堀グリコサイン

難波の古典芸能の殿堂、新歌舞伎座

難波のお笑いの殿堂、グランド花月

2021年~2022年の「なんば光旅」のポスター

大阪球場の跡地に建設された「なんばパークス」

「なんば光旅」のメイン会場となるのは、「なんばパークス」です。1988年10月15日まで、プロ野球パリーグの公式戦が行われた大阪球場の跡地に、2003年、「未来都市なにわ新都」をコンセプトとする複合施設が誕生しました。現在の福岡ソフトバンクの前身である南海ホークスが本拠地としていたため、施設内にはかつての大阪球場のマウンドやホームベースの記念パネルが設置してあります。

「なんばパークス」内に残る大阪球場のマウンド

「なんばパークス」内に残る大阪球場のホームベース

南海なんば駅と「なんばパークス」を結ぶ「なんばCITY」

「なんばパークス」は、南海線のなんば駅から南に向かう「なんばCITY」を経由して駅と直結しています。「なんばCITY」の通路やガレリアコートから「なんば光旅」が始まります。

南海なんば駅

南海なんば駅前のイルミネーション

「なんばCITY」の通路のイルミネーション

「なんばCITY」のガレリアコートに設置されるツリー

「なんばCITY」の南端の連絡橋を渡れば「なんばパークス」です。

「なんばCITY」と「なんばパークス」を結ぶ連絡橋

「なんばパークス」の入口

「なんばパークス」の西に面するパークス通

「なんばパークス」で煌びやかな光を放つ「光の滝」やオーロラフォレスト

連絡橋からは「なんばパークス」のキャニオンストリートが繋がります。

キャニオンストリート

キャニオンストリート

数十メートルのキャニオンストリート中央のキャニオンコートでは、オーロラフォレストが煌びやかな光を放っています。時間とともに彩りが変化し、立ち止まって眺めたくなることでしょう。

キャニオンコート

キャニオンコートで煌びやかな光を放つオーロラフォレスト

キャニオンコートで煌びやかな光を放つオーロラフォレスト

キャニオンコートで煌びやかな光を放つオーロラフォレスト

キャニオンコートの頭上に輝くイルミネーション

キャニオンコートからさらに南に向かうとグレイシアコートです。「なんばパークス」の9階から2階までの壁面に沿って「光の滝」が流れ落ちます。BGMに合わせて美しく輝く姿に見とれてしまうことでしょう。

グレイシアコート

グレイシアコートに流れ落ちる「光の滝」

グレイシアコートに流れ落ちる「光の滝」

カーニバルモールのイルミネーション・キャンバス

「なんばパークス」の北東のカーニバルモールは、エリア全体がキャンバスのようです。路面にもグラフィックアートが映し出され、光の動きに合わせて子ども達が駆け回ります。

カーニバルモールの入口

カーニバルモール

カーニバルモールのイルミネーション・キャンバスの案内

カーニバルモールのイルミネーション・キャンバス

カーニバルモールのイルミネーション・キャンバス

カーニバルモールのイルミネーション・キャンバス

国内第二の都市の大阪で、エネルギッシュなエンターテインメントに溢れるのはミナミの難波です。人波が絶えることのない難波は、年末から年始の時期には鮮やかなイルミネーションで彩られます。「なんばパークス」を中心に2021年11月5日~2022年2月20日には、「なんば光旅」が開催されています。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事