Now Loading...

梅仕事とは?いつ・何をする?梅酒や梅シロップ、梅ジャムの作り方もご紹介

梅仕事とは?いつ・何をする?梅酒や梅シロップ、梅ジャムの作り方もご紹介

6月は梅雨もあって「梅」と縁が深い時期。暦の上では立春から数えて135日目が雑節のひとつ「入梅」となり、2022年は6月11日がその日にあたります。何より、梅の実が穫れるのがこの時期ですよね。

というわけで今回は、梅の実を使って梅酒や梅ジャムなどを作る「梅仕事」についてご紹介します。

梅仕事とは?

映画「海街diary」のなかで、四姉妹が自宅の縁側で「梅仕事」をする印象的なシーンがありました。ご覧になった方は「あ!あれのことね」とすぐ分かるかもしれませんね。

その年の5月から7月にかけて収穫した梅を使って保存食を作る、そのことが梅仕事と呼ばれています。作るメニューの代表格は梅酒や梅干しですが、他にも梅シロップやドレッシング、梅エキス、ピクルスや漬けもの、甘露煮やジャムなど実に様々な食べ物・飲み物を自宅で作ることができます。

梅の収穫時期と熟度とメニュー

梅の実は地域によって少し差がありますが、おおかた5月の中頃から膨らみ始めて6月上旬に大粒の青梅に、6月中旬以降に黄色く熟して7月に入ると少し赤みを帯びて超完熟梅となります。

収穫時期と熟し具合によって、適しているメニューが変わるのもまた梅仕事の面白いところ。作りたいメニューを決めてタイミングを逃さずに作るもよし、その時期に穫れた梅に合った保存食を作るもよし。この時期ならではの自然の恵みをいただいて楽しみましょう。

◎5月中旬~下旬

この時期の梅は「小梅」といい、まだ梅が小粒で緑色をしており硬いのが特徴です。カリカリとした食感が癖になる、小梅漬けにするのがおすすめです。

◎6月上旬~中旬

この時期の梅がいわゆる「青梅」。緑の大粒で硬い実で、梅酒や梅肉エキスを作るのに最適です。梅シロップも一緒に作れば、家族みんなで楽しめます。その他、しょうゆ漬けなどにするのもよいですね。

◎6月中旬~下旬

この時期の梅は「完熟梅」といい、黄色く熟し始めるもののまだ硬さのある状態です。お弁当のお供にかかせない梅干し作りには、この時期の梅を使います。

◎7月上旬~中旬

7月は「超完熟梅」の時期です。果肉が柔らかいこの時期の梅では、爽やかな酸味と甘みが美味しい梅ジャムが作れます。料理に添えたり紅茶に入れたり、色々な楽しみ方ができます。

梅仕事で作ろう!保存食のレシピ

夏を迎えるとどうしても夏バテして疲れが抜けなかったり、食欲が落ちたりしがちです。梅の酸っぱさのもととなるクエン酸は、疲労回復や食欲増進に効果的なので、この季節に作るのにぴったりの保存食といえます。ここではおすすめのレシピを3つご紹介します。

◎梅シロップ

大人から子供まで楽しめる梅シロップに必要な材料は、青梅1kgと氷砂糖1kgだけ。氷砂糖がなければグラニュー糖や上白糖でも作れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoko Yamaguchi(@mokomoko_kl)がシェアした投稿

【作り方】

●梅の表面の汚れを水で洗い落とし、竹串で1つずつヘタを取ります。
●水に約5時間漬けてアクを取り、しっかりと水気を拭き取ります。
●消毒用エタノールなどで容器を入念に消毒し、砂糖と梅を交互に詰め込んでいきましょう。一層につき砂糖は梅が隠れるくらいが目安です。
●蓋をして冷暗所に置きます。一日に1~2回は容器を振り中身を混ぜ、梅エキスを出させて早く砂糖が溶けるようにします。
●10日~2週間後、砂糖が完全に溶け梅の表面にシワができたら出来上がり。シロップを弱火にかけて白いアクを取り、一晩冷まして消毒した保存瓶に濾しながら入れます。

できあがった梅シロップは梅ジュースや梅サイダーのほか、牛乳で割るととろみが出て飲むヨーグルト風に楽しめます。豚肉を梅シロップで煮込めばおかずになり、ゼラチンで固めて梅ゼリーにしたり、そのままかき氷のシロップにしても美味しいですよ。

◎梅酒

梅シロップと同様に容器に梅と砂糖を詰め、最後にホワイトリカー1.8リットルを注ぎ入れます。アルコール度数35度以上であればブランデーやウイスキーで作ってもOK。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@at.kamakura.saraがシェアした投稿

【作り方】

●上記の梅シロップと同様に、容器に砂糖と梅を交互に詰め込むところまで進めます。
●最後にホワイトリカーを注いで蓋をし、冷暗所に置きます。
●時々、容器を揺すって3か月後には飲めるようになります。1年ほど寝かせるとよりコクが出て味わい深くなります。梅の実は最長1年で取り出し液体が濁らないようにするとよいでしょう。

できあがった梅酒はストレートで食前酒にしたり、水割りやソーダ割り、お湯割りと一年中楽しめます。また、しょうゆやみそと合わせて料理に使うと風味が豊かになります。梅酒ゼリーやパンケーキのシロップなど、大人向きのデザートにもよく合います。

◎梅ジャム

梅シロップや梅酒に使った梅からもジャムが作れますが、ここでは完熟梅を使ったレシピを紹介します。材料は梅1㎏と砂糖だけ。砂糖の量は梅の40%~80%を目安にお好みで調整してください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

亜樹。(@cyai.nara.cats)がシェアした投稿

【作り方】

●完熟梅をさっと水洗いし、竹串で1つずつヘタを取ります。
●梅から酸が出るのでホーロー製やフッ素加工された耐酸性の鍋を用意し、梅とたっぷりの水を入れて弱火にかけます。
●沸騰直前に火を止めてそのまま冷まし、ザルにあげて実をつぶし、種をとります。
●実と少量の水を鍋に戻してひと煮立ちさせ、砂糖の半量を入れて混ぜながら5分ほど煮ます。
●残りの砂糖を味を見ながら加え、よく混ぜてトロトロの状態で火を止めてできあがり。
●保存する場合は、よく消毒した容器に熱いうちに詰めます。

梅ジャムはパンやクラッカーにはもちろん、ヨーグルトやチーズケーキのソースとしてもよくマッチします。紅茶に入れてロシアンティー風にいただいたり、冷水で割ると即席の梅ジュースにもなるのでおススメです。

まとめ

日本では梅の収穫時期には、「梅仕事」をする習慣が引き継がれてきました。疲労回復や食欲増進など、夏を乗り切るための保存食として梅は重宝されています。特に今回ご紹介したレシピは、材料が極めてシンプル。今年はぜひ梅仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事