Now Loading...

来訪神サミットが2020年2月7日(金) に秋田県男鹿市にて開催

来訪神サミットが2020年2月7日(金) に秋田県男鹿市にて開催

このたび、男鹿市で来訪神サミットが開催されることになりました。2018年にユネスコ無形文化遺産に登録された全国10行事の「来訪神:仮面・仮装の神々」。行事に携わる方々が冬の男鹿に集まり、行事を紹介し「しゃべり」ながら、これからの来訪神行事について考え、次の世代につないでいくことを目指すものです。

日時: 令和2年2月7日(金) 13:00~
会場: 男鹿市民文化会館 大ホール(入場無料)
内容:
【講演/解説】文化庁文化財第一課 主任文化財調査官 小林 稔氏
【シンポジウム】「来訪神しゃべり」
【テーマ】来訪神行事を将来へつなぐ
【コーディネーター】天野 荘平氏(男鹿市菅江真澄研究会 会長)
【パネリスト】全国の来訪神行事 9保存会のみなさん
【来訪神行事 実演】
能登のアマメハギ(石川県輪島市 能登のアマメハギ・面様年頭保存会)
遊佐のアマハゲ(山形県遊佐町 遊佐のアマハゲ保存会)
米川の水かぶり(宮城県登米市 米川の水かぶり保存会)
吉浜のスネカ(岩手県大船渡市 吉浜スネカ保存会)

【タイムスケジュール】
13:00  開演
13:15  講演・解説:文化庁文化財第一課 主任文化財調査官 小林 稔 氏
14:00頃 シンポジウム「来訪神しゃべり」テーマ「来訪神行事を未来へつなぐ」
15:20頃 来訪神行事実演
16:35  閉演

【来訪神行事紹介パネル展】
ユネスコ無形文化遺産登録の全行事を展示しています。

来訪神行事は、独特の面や衣装などを身につけたものが「来訪神」となって、正月や小正月、節分などの暦の節目に家々を訪れるもの。新しい年を迎えるにあたって怠け者を戒めたり、家や人々に幸せや福をもたらしたりする行事は、全国各地で代々受け継がれています。日本の10行事が2018年11月、ユネスコ無形文化遺産に登録。世界に誇る来訪神の魅力をパネル展示でご紹介します。

主催:男鹿のナマハゲ保存継承協議会・男鹿市
後援:男鹿市教育委員会、来訪神行事保存・振興全国協議会、男鹿市菅江真澄研究会

来訪神サミット開催のお知らせ(男鹿なび)

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事