Now Loading...

最高級りんごと農家さんを独り占め!おうちで体験するオンライン収穫ツアー(青森県平川市)

更新日:2020/12/11 下田 翼
最高級りんごと農家さんを独り占め!おうちで体験するオンライン収穫ツアー(青森県平川市)

全国有数のりんご産地である青森県・平川市。りんご栽培に適した気候と、農家さんの確かな技術が糖度の高いシャキシャキりんごを育てています。そんな最高級りんごを旬の時期に、おうちで収穫体験できるオンラインツアーが誕生。現地のりんご農家さんと1対1でゆっくり交流しながら、選んだりんごを収穫してくれる新時代の体験ツアーの様子をご紹介します。

全国トップクラスのりんご生産量と品質を誇る平川市

平川産のりんごは全国トップクラスの収穫量だけでなく、毎年のように農林水産大臣賞を獲得するほど評価の高いりんごとして有名です。津軽平野に位置し、栄養たっぷりな土壌に激しい寒暖差、日照時間の長い恵まれた気候によって、色づきがよく果肉がしっかり締まったりんごが栽培されています。

収穫量も品質も兼ね揃えた平川産りんご収穫量も品質も兼ね揃えた平川産りんご

恵まれた肥沃な土壌が高品質のりんごを生み出す恵まれた肥沃な土壌が高品質のりんごを生み出す

そんな豊かな自然環境のもと、農家さんが真心こめて作ったりんごを自分の手でもぎ採ることができる収穫体験。のどかなりんご園に入り、真っ赤に実ったりんごを収穫して味わうのは楽しい旅の思い出になりますよね。その収穫をオンラインではどのように体験できるのか、現地の配信現場と実際に参加された方の様子を見てみました。

最高のりんごを選んで収穫できる

今回参加したオンライン収穫ツアーは、ビデオチャットサービス「Zoom」を使いながら現地のりんご農園と繋ぎ、農家さんと一緒にりんご収穫を楽しめる、というもの。新型コロナウイルスの感染拡大により現地での観光が難しい人向けに、平川市観光協会が主催した特別企画です。早速繋いでみると、参加者と平川市のりんご園の様子を中継しながら、オンラインでのりんご収穫体験が始まりました。

りんご園の様子を伝えるガイド役の畳指(たたみさし)さんりんご園の様子を伝えるガイド役の畳指(たたみさし)さん

家族と友達で参加した、神奈川県にお住まいの草柳さんファミリー(配信映像より)家族と友達で参加した、神奈川県にお住まいの草柳さんファミリー(配信映像より)

リアルのりんご収穫体験は複数のグループで参加し、最初に農家さんからレクチャーを受けて個々で収穫するところが多いですが、今回のオンラインツアーはなんと農家さんと1対1。参加者に付きっきりでりんご収穫のポイントを教えてくれるだけでなく、もぐのも熟練の農家さんなので、失敗を気にせず参加できるオンラインならではの収穫体験です。

参加者に自己紹介する今井農園の今井和人さん(右)参加者に自己紹介する今井農園の今井和人さん(右)

急勾配のりんご園はたどり着くまででひと苦労も、オンラインなら影響なし急勾配のりんご園は移動にもひと苦労ですが、オンラインなら影響なし

りんご園の紹介を済ませ、いよいよ収穫体験へ。まずはりんごのチェックからですが、マンツーマンの収穫体験なのでりんごの木を独り占め状態。カメラでりんごをアップにしてもらい、ゆっくり吟味します。「右のやつ美味しそう!」「さっきのもう一度見たい」というように、参加者がリモートで指示しながらお気に入りのりんごを見つけるという、ちょっとした王様気分も味わえてしまいます。

まずはアップで形や色味をしっかりチェックまずはアップで形や色味をしっかりチェック

「ジューシー!」と味は現地ガイドがしっかりレポート「ジューシー!」と味は現地ガイドがしっかりレポート

美味しそうなりんごばかりで迷っていると、農家さんが美味しい見分け方のヒントをくれます。ツルの太さやツルもとの堀の深さなど、長年育ててきたりんご農家ならではの豆知識が登場すると、「へぇ〜」「知らなかった!」など驚きの声が。カメラがしっかり寄って解説してくれるので、分かりやすくてとても見やすいです。アーカイブが残るので、聞き逃したところは後で確認できるのも便利ですね。

美味しいりんごの見分け方を今井さんがレクチャー(配信映像より)美味しいりんごの見分け方を今井さんがレクチャー(配信映像より)

お気に入りのりんごが決まったら、肝心の収穫は農家さんの手で。コツを覚えれば誰でも綺麗にできる収穫方法をゆっくり丁寧に解説してくれます。実際の収穫体験では落とさないかドキドキしてしまいますが、オンラインなら安心して見ていられます。

もいだ瞬間は参加者から拍手がもいだ瞬間は参加者から拍手が

基本的にはこの繰り返しですが、「次は一番上のおっきいやつお願いします!」「ツルが太いやつを探してほしいです」など、見分け方を覚えた参加者からは白熱した声も。本当に現地で収穫体験をしているかのような盛り上がりぶりで、あっという間に収穫完了。りんごはすぐに参加者に届けられるので、ワクワクしながら待つ時間も楽しいですね。

綺麗で美味しそうなりんごをリモート収穫綺麗で美味しそうなりんごをリモート収穫

農家さんとの交流も楽しい思い出

収穫の後も配信は続き、農家さんを独り占めできるのもオンラインならでは。「どうやってりんごができるんですか?」「スーパーでの美味しいりんごの見分け方を教えてほしい」など、普段は聞けない貴重なお話を聞く機会ができました。

スーパーでの美味しいりんごの見分け方を話す今井さん(左)スーパーでの美味しいりんごの見分け方を話す今井さん(左)

脚立の使い方など、普段の仕事の姿も披露してくれた今井さん。何気ない会話の中でもりんご作りに関する知らなかった豆知識が含まれていて、私たちの食卓に届くまでに大変な努力があることがわかります。育ててくれた農家さんに感謝をしながら、自分で収穫したりんごはきっと格別の味でしょう。

脚立に登っての収穫をレクチャー脚立に登っての収穫をレクチャー

次は「ありがとう」を伝える旅に

計3回開催されたオンライン収穫ツアーに参加したのは全員関東地方在住の方々。「りんごを選ぶのが楽しかった」「青森に行きたい!」「今度行きます」など、収穫体験を通してりんごに興味を持つようになったり、青森県に行ってみたいなどのコメントが多い印象でした。「普段できない体験を通して、りんご農家さんの思いも伝われば」というガイド役の畳指さんの言葉通り、農家さんのりんご作りやひたむきな姿勢に心うたれる人も。

オンラインながら、まるで農家さんとりんご園にいるかのような濃厚な時間を過ごせる収穫ツアー。最高級のりんごが届いたら、次は「美味しかったよ、ありがとう」を伝える旅に出かけましょう!青森県が誇るりんご産地・平川市でお待ちしています。

最後はオンラインで参加者と記念写真最後はオンラインで参加者と記念写真

【告知】2020年12月、2021年1月にもオンラインツアー開催!

今後も平川にてオンラインツアーが続々開催!2020年12月現在、開催が決定しているものをお知らせします。この機会にオンラインツアーの魅力を体験してみませんか?たくさんの方のご参加をお待ちしています!

12月20日 11:00~ オンラインSERI

ひらかわ牛A5ランクの中でも最高級のBMS NO.12のサーロインステーキ用のお肉や平川市の名産品のりんごや青森県認証特別米のお米など平川市の特産品などをオンラインで競り落とす体験ができます。
https://mitemite-hirakawa.com/travel/onlineseri/

1月17日 15:00~ オンライン平川ねぷたガイド&うちわづくり体験

平川ねぷたは、青森ねぶたや弘前ねぷたとも違う特徴があり、中でも世界一の大きさを誇る扇ねぷたがあります。そんな世界一の扇ねぷたを見ながら祭りについて深く知り、地元の囃子組の演奏を聴きながらねぷたを楽しめるオンラインコンテンツです。併せて、事前に体験キットを購入いただくことで、実際に手元に届くねぷた絵作りのワークショップも行います。
https://mitemite-hirakawa.com/travel/neputa/

1月17日 12:00~ オンライン平川サガリ体験

サガリとは、牛の横隔膜の部分のお肉。平川では、東京でいうハラミの部位も含めサガリと言います。平川市内ではサガリを扱う精肉店が多く、比較的手に入りやすいことから農家の間では作業後や人と集まる時に、バーベキューをしながらよく食べられてきました。近年、そんなサガリを地元のソウルフードとして市内外の人たちに楽しんでもらおうという機運が高まっています。本体験では、平川市のソウルフード「平川さがり」の魅力を存分にご紹介。事前に届く平川サガリを当日一緒に焼いて美味しく食べながら、平川の味を堪能してみませんか?
https://mitemite-hirakawa.com/travel/hirakawasagari/

下田 翼
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
東京生まれ、東京育ち。観光で青森県に初上陸し、人の暖かさに感動し2015年に移住。地域おこし協力隊を経て、青森の魅力を伝えるフリーランスのプランナー・ライターとして活動中。

あわせて読みたい記事