Now Loading...

佐倉コスモスフェスタが開催中!風車を背景とする約50万の花がフォトジェニック

更新日:2021/10/21 obaq
佐倉コスモスフェスタが開催中!風車を背景とする約50万の花がフォトジェニック

印旛沼の南岸で例年10月上旬~下旬に開催される「佐倉コスモスフェスタ」

夏の猛暑が落ち着き公園などでコスモスの花が爽やかな風に揺れているのを見ると、秋の深まりが感じられるものです。千葉県北部の印旛沼に面する佐倉ふるさと広場では、秋のシーズンに合わせてコスモスが栽培されます。例年10月上旬~下旬には「佐倉コスモスフェスタ」が開催され、2021年は10月9日~24日の期間で行われています。期間が終了するとすぐに、翌年春の「佐倉チューリップフェスタ」の準備が始まるので期間内に訪れる必要があります。

2021年の「佐倉コスモスフェスタ」の幟

「佐倉コスモスフェスタ」の幟が立つ佐倉ふるさと広場の入口

佐倉ふるさと広場の中央に建つオランダ風車の「リーフデ」

佐倉ふるさと広場は、印旛沼の南岸を整備した公園です。中央にはオランダ風車の「リーフデ」が建てられ、風を受けて羽根を回転させます。

印旛沼の南岸を整備した佐倉ふるさと広場

南西から眺める佐倉ふるさと広場

佐倉ふるさと広場の中央に建つオランダ風車の「リーフデ」

オランダ風車の南の広場を埋め尽くす約50万本のコスモス

オランダ風車の南の広場は、約50万本のコスモスで埋め尽くされます。多種類のコスモスが彩りの異なる花を咲かせ、見事な色彩のバランスを見せてくれます。園路を少し歩くだけでも、目に写る光景は大きく変化します。

オランダ風車の南を埋め尽くすコスモス

オランダ風車の南を埋め尽くすコスモス

オランダ風車の足元を彩るコスモス

南向きに眺めるコスモスの広場

東向きに眺めるコスモスの広場

広場の南北を縫う園路

広場の東西を縫う園路

オランダ風車を背景として重なり合うコスモスの花が見事なので、衝動的にカメラのシャッターを押してしまうことでしょう。カメラスポットは、フォトジェニックな写真を撮影しようとする人で混み合います。

広場のカメラスポット

広場のカメラスポット

コスモスの畑を散策するばかりでなく、オランダ風車の中に入ることもできます。中心には大きな羽根を動かす歯車がゆっくりと回転し、外壁の窓はコスモスの花畑を縁どります。

オランダ風車「リーフデ」内

オランダ風車「リーフデ」内の歯車

コスモスの花畑を縁どるオランダ風車「リーフデ」の窓

オランダ風車「リーフデ」の窓外に広がるコスモスの花畑

コスモスの花を持ち帰り自宅を装飾

「佐倉コスモスフェスタ」では、コスモスの切り取りや、掘り取りをすることができます。お好みの花を持ち帰れば、自宅には季節感が溢れることでしょう。

コスモスの切り取り、掘り取りの受付

コスモスの切り取り、掘り取りの案内

「佐倉コスモスフェスタ」を盛り上げるイベントや遊具

「佐倉コスモスフェスタ」では清々しい秋の気分に浸ることができますが、猿回しなどのイベントが行われます。珍しい遊具が設置され、露店やキッチンカーなども姿を現し、様々な楽しみが溢れます。

「佐倉コスモスフェスタ」のイベント会場

イベント会場で行われる猿回し

広場の南に設置される遊具

広場の東に並ぶ露店

広場の南に並ぶキッチンカー

「佐倉コスモスフェスタ」に公共交通機関を利用して訪れる場合、土日祝日であれば京成佐倉駅からの臨時直行シャトルバスを利用するのが便利でしょう。平日であれば路線バスを利用することになります。

京成佐倉駅の北口

京成佐倉駅からの臨時直行シャトルバス

千葉県北部の印旛沼の南岸を整備した佐倉ふるさと広場では、例年10月上旬~下旬には「佐倉コスモスフェスタ」が開催されています。広場の中央に建つオランダ風車の「リーフデ」の南面は約50万本のコスモスで埋め尽くされます。多種類のコスモスがバランスよく植えられているので、園路からは360度のパノラマで異なる光景が広がります。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事