Now Loading...

ぶらぶら歩きにも最適。「洗足流れ」〜「ねがた桜みち」住宅地に続く桜並木。

ぶらぶら歩きにも最適。「洗足流れ」〜「ねがた桜みち」住宅地に続く桜並木。

春本番、全国各地から桜満開の便りが届くようになりました。大田区の桜の名所にひとつ洗足池。その洗足池から流れる水路も桜並木として整備され、花見の時期には毎年多くの方が散策に訪れています。

隠れた桜スポット「洗足流れ」〜「ねがた桜みち」

洗足流れ

洗足池公園から見て中原街道を挟んだ反対側にも隠れた桜名所があります。桜名所といっても公園ではなく閑静な住宅街。桜並木として整備された遊歩道となるため、屋台が出店することもなければ、ゴザを敷いて宴会をすることもできません。しかし、洗足池から「池上梅園」や「池上本門寺」に向かう散策路としてお楽しむことができます。

復元水路「洗足流れ」を歩く

洗足流れ(千束流れ)は全長1.5キロ程の水路。洗足池を始点として仲池上で呑川と合流します。洗足用水、池上用水とも呼ばれ、池上村(現在の上池台、仲池上一帯)を中心に農業用水として利用されていました。現在は、遊歩道として整備され住民の憩いの場として親しまれています。今回は取水口から長慶寺まで、約1.1キロを散策します。

洗足流れ(取水口)

洗足流れの取水口は、東急池上線洗足池駅の南側「まいばすけっと洗足池駅前店」の裏手付近にあります。

洗足流れ

取水口より100メートル弱先の十字路(池下橋付近)でわき水と合流。水路の幅も広くなり、ここから桜並木もスタートします。

洗足流れ

上池台児童館・洗足区民センター付近。水生植物も見ることができます。

洗足流れ

沿道にはカフェやレストランはありませんが、のんびり歩くのには最適です。

洗足流れ

洗足流れ

洗足流れ

洗足流れ(荏原病院)

荏原病院の東門。荏原病院の敷地内にもきれいに桜が咲いています。

洗足流れ

ソメイヨシノ以外の桜も見ることができます。

洗足流れ(洗足流れ東雪児童公園)

洗足流れ沿いにある「洗足流れ東雪児童公園」。この先、少し進むと流れは暗渠になりますが、そのまま流れ沿いに進んでください。

洗足流れ(長慶寺)

長慶寺(日蓮宗)が位置するY字路。坂を登る尾根道が「荏原病院通り」、商店街に続く道が「学研通り」、新幹線のガードの先が「十中通り」につながります。ここから「ねがた桜みち」に出る場合は、新幹線のガードをくぐって次の道を左に曲がるといいでしょう。

水路跡「ねがた桜みち」を歩く

昭和50年台くらいまでは水路が流れていたと聞きます。この近辺は至る所から水が湧いていたため、水源は不明とのことでした。水路があったころの痕跡は殆ど残っていませんが、地元のみなさんが愛着を感じられるよう「ねがた桜みち」と名付けられました。第二京浜までの、約0.9キロの道のりです。

ねがた桜みち

ねがた桜みち(子安八幡神社)

子安八幡神社(根方八幡ともよばれています)。現在、拝殿・本殿は改築中。緑川ゆきさんの『夏目友人帳』に出てきそうな趣のある神社ですね。

ねがた桜みち(林昌寺)

林昌寺(日蓮宗)の垣根。子安八幡神社とは隣り合うように位置しています。

ねがた桜みち(林昌寺)

林昌寺の山門。林昌寺では、毎年10月27日に御会式が行なわれます。

ねがた桜みち

洗足流れと比べると、若い木が多いようです。

ねがた桜みち

ねがた桜みち(大森第十中学校)

大田区立大森第十中学校の校庭。

ねがた桜みち(馬込中学校)

大田区立馬込中学校。厳密にいうとねがた桜みち沿いではありませんが、坂を見上げるとこちらの桜もきれいですね。

ねがた桜みち

この先を進むと第二京浜に到着です。

「池上梅園」「池上本門寺」へ…

ねがた桜みち(第二京浜)

洗足池駅からここまで、写真を撮影したり、途中で出会った他の散策者とお話したりしながら約1時間。歩数にして約4,000歩。再び、洗足池方面に引き返すのもよろしいかと思いますが、第二京浜を渡ると「池上梅園」や「池上本門寺」に出ることができます。池上本門寺の桜情報は他のライターさんが書かれていますので、ぜひそちらもご覧ください。それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

今回歩いたルートはこちら!

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事