Now Loading...

【西武新宿線で車窓花見】武蔵関~東伏見の区間で南側に流れる桜並木

更新日:2021/4/9 obaq
【西武新宿線で車窓花見】武蔵関~東伏見の区間で南側に流れる桜並木

東京都の新宿と埼玉県の川越市を結ぶ西武新宿線

首都圏には網の目ように鉄道網が張り巡らされています。都心を環状運行するJR山手線の幾つかの駅は、四方からの路線との接続駅となっています。新宿でも数多くの路線が交わり、西武新宿線の起点となっています。東京都西部の住宅街を走り抜け埼玉県川越市の本川越駅まで運行しています。沿線には様々な光景が溢れていますが、武蔵関駅~東伏見駅の区間では早春の時期には窓越しの桜並木を見ることができます。

西武新宿線の起点の新宿駅

新宿駅に停車する西武新宿線の本川越行きの急行列車

西武新宿線の武蔵関駅と武蔵関公園を結ぶ桜並木

西武新宿線の武蔵関駅から西に1キロ足らずのところに武蔵関公園が整備され、駅と公園を結ぶ線路沿いの通りには桜が並木を作っているのです。

西武新宿線の武蔵関駅と武蔵関公園を結ぶ線路沿いの通り

西武新宿線の武蔵関駅と武蔵関公園を結ぶ線路沿いの通り

西武新宿線の武蔵関駅と武蔵関公園を結ぶ線路沿いの通り

西武新宿線の武蔵関駅と武蔵関公園を結ぶ線路沿いの通り

武蔵関公園の東から武蔵関駅に向かって一直線に繋がる桜並木

武蔵関公園の東入口近くの踏切からは、西武新宿線の線路沿いに桜並木が一直線に繋がっています。

武蔵関公園の東入口近くの踏切から西武新宿線の線路沿いに一直線に繋がる桜並木

武蔵関公園の東入口近くの踏切から西武新宿線の線路沿いに一直線に繋がる桜並木

武蔵関公園の東入口近くの踏切を通過する西武新宿線の列車

西武新宿線の武蔵関駅のプラットホームからも西側に桜並木の一直線のラインを作っています。

西武新宿線の武蔵関駅

西武新宿線の武蔵関駅のプラットホームから西側に一直線のラインを作る桜並木

桜並木を横目に武蔵関駅のプラットホームに入線する西武新宿線の車両

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間で南側の車窓を流れる桜の花

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間では、南側の車窓を桜の花が流れていきます。

西武新宿線の運転車両

西武新宿線の車内

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間で南側に流れる桜並木

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間で南側に流れる桜並木

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間で南側に流れる桜並木

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間で南側に流れる桜並木

西武新宿線の武蔵関駅~東伏見駅の区間で南側に見える武蔵関公園

西武新宿線の東伏見駅前で桜色の化粧を纏う東伏見稲荷神社の鳥居

武蔵関駅を発車した西武新宿線の下り列車は、約2分で東伏見駅に到着します。東伏見駅は東伏見稲荷神社の最寄り駅となっています。駅前には鳥居が設けられ、桜の花で彩られます。

東伏見駅に入線する西武新宿線の車両

西武新宿線の東伏見駅のプラットホームから桜越しに眺める東伏見稲荷神社の鳥居

西武新宿線の東伏見駅

西武新宿線の東伏見駅前に設けられた東伏見稲荷神社の鳥居

東伏見稲荷神社の拝殿

西武新宿線は東京都の新宿を起点として埼玉県の川越市まで走ります。路線内の武蔵関駅~東伏見駅の区間では、武蔵関駅と武蔵関公園を結ぶ通り沿いの桜並木を南側に眺めることができます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事