Now Loading...

神明の花火が3年振り通常開催へ 持続可能な花火大会を願う

神明の花火が3年振り通常開催へ 持続可能な花火大会を願う

写真提供:市川カメラクラブ

神明の花火(山梨県市川三郷町)が、8月7日に開催される。新型コロナ感染症拡大の影響で一昨年は中止、昨年はサプライズ花火形式で実施したため、3年振りの通常開催となる。

神明の花火は、戦国時代の武田氏の「のろし」が起源とされている。江戸時代には、三大花火大会の一つと称されていた。平成元年になると神明の花火として復活し、今年で34回目を迎える。今年のテーマは、100年200年と花火が続くことを願い、「『神明の花火』×『SDGs』~持続可能な花火大会を目指して~」としている。例年2万発の花火を打ち上げ、20万人ほどが来場する。

ストーリー性を重視していることが特徴の一つ。花火職人と事前に綿密な打ち合わせをしており、曲をかけながらの花火やメッセージ花火、審査を行う競技花火を行っている。観客席から川を挟んだ場所で花火を打ち上げることから間近で花火を見られる臨場感も見どころ。直径500メートルの大きさで花開く花火が連射するグランドフィナーレは毎年観客から評判だという。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、一昨年は中止、昨年は来場者同士が密になることを防ぐため事前に日時を公表せず花火を打ち上げる15分間のサプライズ花火を実施した。3年振りの通常開催となった経緯について、神明の花火を主催する市川三郷町ふるさと夏まつり実行委員会は、「中止だった期間や今年も多くのお客さんや町民の方から『今年はやらないの?』といった声をいただいていた。神明の花火を楽しみにして下さる方の思いに応えるために開催に踏み切った」と話す。

「たくさんのお客さんにお待ちいただいての開催になりましたので実行委員会一同皆様に楽しんでご覧いたげるような運営を心がけていきたい」と意気込む。

当日は、山梨県が策定する感染症対策ガイドラインに則って運営を行う。19時15分から21時までを予定している。雨天の場合は決行し、荒天の場合は8日、9日に延期する。

神明の花火紹介記事はこちらから

神明の花火詳細はこちらから(神明の花火公式サイト)

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事