Now Loading...
マツログ

須賀川市釈迦堂川花火大会レポート。花火撮影初心者が、福島県内有数の花火を撮影してみた!

須賀川市釈迦堂川花火大会レポート。花火撮影初心者が、福島県内有数の花火を撮影してみた!

福島県内有数の須賀川市の花火

今回のお祭りの舞台の福島県須賀川市は、福島県の中央部「中通り」に位置する市で、郡山からJR東北本線に乗り10分程で来ることができます。この須賀川で行われる須賀川市釈迦堂川花火大会が福島県内有数の規模を誇る花火大会とのことで8月24日に行ってきました!

花火撮影に必要な道具を集めてみる

花火撮影初心者の私ですが、今回気合を入れて花火撮影に必要な道具を揃えてみました!と言っても下記の3つの最低限の道具です。

・デジタル一眼レフカメラ

・三脚

・カメラ用リモコン

カメラは持っていたので、三脚とリモコンを購入しました。三脚はホームセンターで売っている1000円程度のもの、リモコンは家電量販店で1800円程で購入しました!私のカメラはCanonなので、Canon純正のリモコンを買っています(CanonのRS-60E3)。

ちなみにカメラはCanonのKiss X7(2013年製)。レンズは購入時についていた標準レンズです!

三脚、リモコンは花火の撮影に必須の道具です。なぜかと言うと、花火の撮影の天敵であるブレを無くすためです。三脚があることでカメラを固定でき、リモコンがあることでシャッターを切る際の振動を無くすことができます。直接、カメラのシャッターボタンを押すだけでもブレが発生してしまうんですね。

最低限の道具を手に入れたところで、早速花火撮影へ行ってみます!

地元の方に交じって場所取り

須賀川駅から花火が見える場所へと移動します。出店もたくさん出ていて、花火の打ち上げ開始に向けて盛り上がっています!

花火大会の名前の由来にもなっている釈迦堂川の土手へやってきました。花火打ち上げ開始の一時間前ですが、さすがにたくさんの人がいます!

さらに打ち上げ場所に近い未来大橋の方へ向かいます。すると地元の人が進んでいく場所が。

そちらへ行ってみると、たくさんのカメラマンがすでにスタンバイしていました。私は後から来たので、後ろの方で場所取りを済ませ、いざカメラのセッティングです!

花火の撮影はバルブモード(B)で行います。私のカメラはマニュアルモード(M)から設定することができました。このバルブモードとはシャッターボタンを押している間、シャッターを開いたままにできるモードです。花火が花開きはじめたらボタンを押して、消えたらボタンを離せば花火を取ることができます!私も今回知った撮り方ですが、他には星の撮影などにも使えるようで便利ですね!

19時、花火大会スタート!

19時になり、いよいよ花火の打ち上げがはじまります!

記念すべき一発目の撮影はこちら!

割とうまいこと撮れた!?もう一度挑戦します。

完全に欲張りすぎました。シャッタースピードを長くしすぎたため、真っ白な写真になってしまいました笑

3度目にして、ついに成功!いい感じの花火が撮れました!

きれいな花火が撮れると嬉しくてもっと花火を撮りたくなってきます笑

続いて横取りに挑戦です!縦撮りは大玉の撮影に最適ですが、たくさん花火が夜空に舞う、スターマインなどは横でダイナミックに撮りたいところです。さあ、うまく撮れるのか!?

複数の花火が上がって、光のコンビネーションがきれいです!

空高く上がる花火の下でも演出があっておもしろいです!

音楽に合わせて花火が舞う!?ミュージックシアター

須賀川市釈迦堂川花火大会では、ユニークな花火の魅せ方が取り入れられています。その名も「ミュージックシアター」です!ミュージックシアターとはなにか?それは音楽に合わせて花火が次々に打ち上げられるスターマインが行われることです。これは見応え間違いなし!!

どこからともなくフレディ・マーキュリーのI Was Born To Love Youが流れ始めました。この曲に合わせて次々と花火が打ち上げられ迫力があります!

続いてウルトラマンセブンのテーマに合わせて打ち上げられる花火。実は須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二さんの出身地なのです。そんなご縁から須賀川市はM78星雲と姉妹都市だったりもします!

再び花火を撮ってみる

さあ、再び花火の撮影に挑戦です!今度は近めに花火を撮ってみます!

まずは青い花火が打ちあがりました!

続いてカラフルにはじける花火。きれいです!

圧倒されるクライマックス花火

クライマックスへ向け大玉が続々と上がりはじめました!この迫力はすごいです!

ものすごい大きさの花火です!

こちらは花火の穂先に小さな黄色い光が開いていて繊細ですね!

虹色に広がる様子が美しい!

緑と黄の二色花火はシックな美しさがあります!

スターマインもクライマックスを迎えます!

そして本当にクライマックス!

そして最後の一発!!

再び完全に欲張りました笑 最後はものすごい数の花火が上がるだけにシャッターを切るタイミングが難しいです。さらに一発勝負という点もさらに難易度を上げてきます。

次回こそは上手にクライマックス花火を撮りたいですね!笑

written by
高橋 佑馬

高橋 佑馬

1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい